remember 歌詞 Uru

映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」主題歌
Uru - remember Lyrics

夏の終わりを知らせるように 道端にそっと 並んで咲いた 夕にも染まらず風も知らない 青い、青い、リンドウ

傷つくことを恐れながら 心を隠したりしたけれど 誰かが傍にいてくれる温かさを 教えてもらったから

さよならじゃない 名も知らない遠い場所へ 離れたとしても 記憶の中で 息をし続ける

夜に埋もれて 誰も知らない遠い場所へ 迷ったとしても 記憶の中の 温もりでずっと今を照らせるよう

遠くで聞こえる祭りの声は 関係ないんだって そう思っていた 見たくもなかった境界線が 寂しかった日々

誰の背中も追わなかった 時には嘘もついたけれど 守りたいものがここにできたこと それがただ嬉しくて

さよならじゃない 向かい合えずいた寂しさも 帰りたい場所がここにあるだけで それだけで 強さに変わる

愛されたいと本当はもがいていた この孤独も涙も包むような 優しさに出逢えたから

さよならじゃない 例えばもう 会えなくなっても きっとどこかで 笑っていると 心繋げて

さよならじゃない 名も知らない遠い場所へ 離れたとしても 記憶の中の 温もりを ずっとずっと忘れないよ

発売日:2018.09.26
作詞:Uru
作曲:Uru
ステータス:公式フル

natsu no owari wo shiraseru you ni michibata ni sotto narande saita iu ni mo somarazu kaze mo shiranai aoi, aoi, rindou

kizutsuku koto wo osore nagara kokoro wo kakushitari shita keredo dareka ga soba ni ite kureru atatakasa wo oshiete moratta kara

sayonara janai na mo shiranai tooi basho e hanareta to shitemo kioku no naka de iki wo shi tsuzukeru

yoru ni umorete daremo shiranai tooi basho e mayotta to shitemo kioku no naka no nukumori de zutto ima wo teraseru you

tooku de kikoeru matsuri no koe wa kankei nain datte sou omotteita mitaku mo nakatta kyoukaisen ga samishikatta hibi

dare no senaka mo owanakatta toki ni wa uso mo tsuita keredo mamoritai mono ga koko ni dekita koto sore ga tada ureshikute

sayonara janai mukai aezuita sabishisa mo kaeritai basho ga koko ni aru dake de sore dake de tsuyosa ni kawaru

aisaretai to hontou wa mogaiteita kono kodoku mo namida mo tsutsumu you na yasashisa ni deaeta kara

sayonara janai tatoeba mou aenakunattemo kitto dokoka de waratteiru to kokoro tsunagete

sayonara janai na mo shiranai tooi basho e hanareta to shitemo kioku no naka no nukumori wo zutto zutto wasurenai yo

Release:2018.09.26
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
NO TRANSLATION IS CURRENTLY PLANNED High-quality translations take time—your support helps us to continue bringing you the best! Please check our Patreon page for ways you can contribute to our work!
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE