しかい

視界 歌詞TOOBOE

『TOOBOE - 視界』収録の『もののけ / 視界』ジャケット
  • 発売:
    2021.06.07
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
シェア:

ステータス:

公式 フル

TOOBOE「視界」歌詞

なぁ 貴方ともしも この場所で裏返りながら
後悔をしていいならば
なぁ 月夜の裏ぶれた魂と共に
この視界を消し去ってよ


何故 幻に見えたのか
忘れたくもないあの情景を
何故 足を引き摺ってるの
旅の終わりはもうすぐそこなんだから


嗚呼 まるで地下鉄の忘られた鏡みたい
最早 貴方の事 綺麗に映らない
歓声の音が鳴り響くこの中継地点で
意識朦朧としていたのは私だけ


何故 幻に見えたのか
忘れたくもないあの情景を
何故 足を引き摺ってるの
旅の終わりはもうすぐそこなんだから


何故 幻に見えたのか
忘れたくもないあの情景を
何故 足を引き摺ってるの
旅の終わりはもうすぐそこなんだから


『TOOBOE - 視界 歌詞』収録の『もののけ / 視界』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.07
  • 曲名:
    視界
  • 読み:
    しかい
  • 歌手:
    TOOBOE (とおぼえ)
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

TOOBOE 『視界』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ