廻する毒素 歌詞

『TOOBOE - 廻する毒素』収録の『Stupid dog』ジャケット
歌手:

TOOBOE

よみ: かいするどくそ
発売日: 2024.01.24
作詞: TOOBOE
作曲: TOOBOE
編曲: TOOBOE

取り敢えず今は深く考えなくていい
目の前にあるものをただ見つめて
笑ったその姿が消えないままなんだ
お前が消え去ってから時間はもう動かないんだわ


懐かしい日々が私を取り巻く呪いなんだ


沸騰しそうな私の激情なんかは
取り敢えず闇の中に放っておいたわ
何時ぞやに お前が言った言葉全てが
今になって私を苦しめてくるんだわ


赫くも蒼くもない私の感情


舞い散る桜吹雪の様な郷愁が
いい気になって痛手となって泣けてくるんだわ
最後はきっと笑顔で戻ってくるから
だけど全ては守れやしないよな


だからちょっとだけ強く
あと少しだけ強く
ハイからローに逆走した僕らのスタンドバイミー
取り敢えず今は深く考えなくていい
明日が来ればいいのだ


この街の原動なんか零に近いから
もはや真相すらきっと霞がかったわ
オヤスミの時間をずっと守りたいから
お前が幸福である事をただ願ってるんだわ


愛おしい程に 悲しくなる性分で


廻する毒素 涙の様に落ちていくなら
転生するも回想するも自由にしたらいい
百万ドルを超えちゃうような尊い時間を
独りじゃなく貴方といたいわ


舞い散る桜吹雪の様な郷愁が
いい気になって痛手となって泣けてくるんだわ
最後はきっと笑顔で戻ってくるから
だけど全ては守れやしないよな


だからちょっとだけ強く
あと少しだけ強く
ハイからローに逆走した僕らのスタンドバイミー
取り敢えず今は深く考えなくていい
明日が来ればいいのだ

リンクをコピー

歌手: TOOBOE
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • TOOBOE 廻する毒素 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

TOOBOE 廻する毒素 歌詞