あかいよる

赫い夜 歌詞TOOBOE

『TOOBOE - 赫い夜』収録の『赫い夜』ジャケット
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
シェア:

ステータス:

サブ フル

TOOBOE「赫い夜」歌詞

夏が終わる頃には 二人で笑い合いたい


都会の空には蛍光灯 晴れて自由な僕らは
空回りして揺れてた日々も 何もない様に
高架下 雨を凌いで 独り 憂鬱な世界は
蕩ける様な 儲け話が 優しく見えた


夏が終わる頃には 二人で笑い合いたい
今でもそこにいるなら 何時か迎えにいくよ
パッと光った街灯に 僕はビビってんだ
甘い甘い匂いの香水が 嫌いだったんだよ
暑い夜だから


何だってさ 代わりはいるんだもの
そう学んできた僕らは
無駄になるほど儚い夢を 見ていたんだな


大したことないわ 僕はまるで地縛霊だ
それでもいいと諦めてんだ
夜のしじまに涙が一つ 零れて消えた


そこは見たことない様な 魅惑の楽園(ワンダーランド)
遠くで手を振っていた 君を迎えにいくよ


夏が終わる頃には 二人で笑い合いたい
今でもそこにいるなら 何時か迎えにいくよ
パッと光った街灯に 僕はビビってんだ
甘い甘い匂いの香水が 嫌いだったんだよ
暑い夜だから


『TOOBOE - 赫い夜 歌詞』収録の『赫い夜』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.10.28
  • 曲名:
    赫い夜
  • 読み:
    あかいよる
  • 歌手:
    TOOBOE (とおぼえ)
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
  • ステータス:
    サブ フル

    もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

    『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

TOOBOE 『赫い夜』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE