シリアス 歌詞三月のパンタシア

『三月のパンタシア - シリアス』収録の『邂逅少女』ジャケット
発売:
2022.03.09
作詞:
みあ
作曲:
にっけい

三月のパンタシア「シリアス」歌詞

優しい拒絶のように
白い吐息 あなたの短い言葉
冬の廊下 淡々と立ち去ってゆく
線を引くように


「待って」って呼び止めたいのに
また今日も言えない


ねぇ触れてみたいよもっと ありふれた常識はいらない
そう見つめるほど ほらあなた遠ざかる
もう悔しくてさびしいよ でも気づけば目で追ってる
呆れるほど ただ本気の恋をしてる あぁ


新品の白い消しゴム
カバーの中小さく名前書いた
誰にも触れられず使い切れたら
叶うおまじない


制服のリボン解いて この不自由脱いで


あぁ煩わしいよぎゅっと 抱き寄せられてみたいのに
そう願うほど ほらあなた困るの
灰色の鳥がびゅっと 目の前を翔び立ってく
本気の恋は 白か黒かだけじゃないよ


もうすぐ春が来る このまま季節めぐって
さよならなの…?あぁ


ねぇ触れてみたいよもっと ありふれた常識はいらない
そう見つめるほど この気持ち熟してく
もう悔しくてさびしいよ 秘密ひとつも作れず
泣きたくなる 私本気の恋をしてる あぁ…


三月のパンタシア『シリアス』の 詳細

『三月のパンタシア - シリアス』収録の『邂逅少女』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.09
購入:
曲名:
シリアス
歌手:
三月のパンタシア (さんがつのパンタシア)
作詞:
みあ
作曲:
にっけい
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

三月のパンタシア『シリアス』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

三月のパンタシア シリアス 歌詞