ユアソング 歌詞三月のパンタシア

『三月のパンタシア - ユアソング』収録の『四角運命 / アイビーダンス』ジャケット
発売:
2022.06.22
作詞:
みあ
作曲:
やいり
編曲:
やいり

三月のパンタシア「ユアソング」歌詞

無機質な日々の端で生きていた 退屈ばっか蔓延った毎日
ひとりきりギター抱きかかえたまま 幼い夢そっと隠していた


君は気まぐれに現れて あやふやな口笛ふいて
何一つ嘘ない顔で 背中押してくれた


何度転んだって 私何度も歌うから
君の声 思い出せれば ほら笑えるんだ
爪先が示す 未来でまた会えるように
ふわっと舞う風に この歌灯そう


ネオンが踊る駅前の交差点 馴染めないね 目を伏して歩く
夢の匂いが混じる都会の夜 「明日の自分は、何者になれるの?」


楽しいことばかりじゃないね 孤独に暮れる夜もあるね
君も新しい場所で戦っているのかな


何度泣いたって 私何度も歌うから
たった一枚の写真あれば 笑えるんだ
もし君も今 寂しさにうずくまってたら
どうかこの歌を 思い出してほしい


落ちてゆく時間の砂は 決して待ってくれることはないから
悔しさに泣いた日々の分だけ 君を想う 強くなれる気がした


それでも本当は 不安で仕方がないんだよ
でも憧れていた世界でまた会えるように
あの場所へ走るよ


何度転んだって 私何度も歌うから
銀の羽広げ 飛び立ち ほら笑ってみた
背伸びしながら 自分らしさ探せたら
ふわっと舞う夢を 抱いて歌うの


三月のパンタシア『ユアソング』の 詳細

『三月のパンタシア - ユアソング』収録の『四角運命 / アイビーダンス』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.06.22
購入:
曲名:
ユアソング
歌手:
三月のパンタシア (さんがつのパンタシア)
作詞:
みあ
作曲:
やいり
編曲:
やいり
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

三月のパンタシア『ユアソング』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

三月のパンタシア ユアソング 歌詞