朧月 歌詞 暁月凛


Rin Akatsuki - Oborozuki Lyrics
朧月 歌詞
歌手:暁月凛

朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ 宵の空に淡く融けて消え行く 数多の追憶

夢微睡んで誘い込まれ行く 時の無い部屋 ただ見つめるだけ

哀しむ事に疲れ果てて尚 届かぬ声を呟く唇

儚い熱を追い求めては今も乱れるこの世に 逃れる術を探すばかりの孤独な星

永久に続く路なら 何時迄も待つ理由も無く 憎まずとも朽ち果てられる筈と 今を捨て生きる

夢 醒めて行く 光明が目を射す 花 舞う様に 涙はらはらと落ちた

散り行き踏まれ塵となっても 何時かまた咲き誇れば 貴方の胸を彩る桜になれますか

染み渡る心の滴 穢れは未だ取れぬままで 他の誰を愛する事もなく 時だけが過ぎ去る

問いかけた言葉は 虚空に消え

朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ 宵の空に淡く融けて消え行く 数多の追憶

届け 夢現に託すこの願いの花を 宵の空に浮かび寂しげに輝いた朧月

発売日:2018.08.08
作詞:流星P
作曲:流星P
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE