ジェントル

GENTLE 歌詞香椎モイミ

『香椎モイミ - GENTLE』収録の『GENTLE』ジャケット
  • 作詞:
    香椎モイミ
  • 作曲:
    香椎モイミ
シェア:

ステータス:

公式 フル

香椎モイミ「GENTLE」歌詞

ただ時の流れに身を委ねる
息が出来ないほどの闇に飲まれないように
確かめてる 曖昧な線を
呼吸合わせ光翳し道を探していく


散々だったと笑った
これが最善だったと腐った
でもそれで良い 背伸びして良い
いつか愛おしくなる
鮮明だった解答は
未だ完全な日々をなぞった
腑に落ちる痛み孕んで
僕ら歩いていく


重なり意味を成すひと時は
残酷に過去になり
それでいて美しい
ただ優しく生きて最期には
愛されたことよりも
愛したことを刻みたい


苦しいならば手を貸そう
誰より味方でいよう
ずっと先まで続く
日々をなぞってくんだ
間違ったなら手を引こう
光の射す方へ
何かが変わる予感
ほらまだ行けるんだ


取り留めのない会話演じてる
君が遠いどこかに行ってしまわないように
知りたがってる 細やかな機微を
適した距離 手にしたのに
未だ間違えてる


命題なんて捨て去って
果ては欲求なんかに縋った
でもそれで良い 求めたら良い
いつか輝いていく
前途多難と悲嘆した
努力さえ裏切ってくるもんな
けど絶対後ろ見ない
僕らの生き方だ


儚い煌めきの最中で
盲目に支え合い
心通わせていた
言葉にならない感情は
ただ単に心地よく
いつまでもきっとここに在る


離れた場所に居ても
忙しく生きていても 
いつだって分かっている
何だって同じ想いだ
哀さえほら舞って光り
愛情絡まってDeeply
君が背中にいれば
一切怖くはないや


いつか見た映画のワンシーンみたいに
伝う涙 静かに息を吐いた
一人きりじゃ何も見えない
So spicy 何ならそばに居るよ
いつだって背中預け合い
“Let’s try once again.”


重なり意味を成すひと時は
残酷に過去になり
それでいて美しい
ただ優しく生きて最期には
愛されたことよりも
愛したことを刻みたい


苦しいならば手を貸そう
誰より味方でいよう
ずっと先まで続く
日々をなぞってくんだ
間違ったなら手を引こう
光の射す方へ
何かが変わる予感
ほらまだ行けるんだ


『香椎モイミ - GENTLE 歌詞』収録の『GENTLE』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.03.13
  • 曲名:
    GENTLE
  • 読み:
    ジェントル
  • 歌手:
    香椎モイミ
  • 作詞:
    香椎モイミ
  • 作曲:
    香椎モイミ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

香椎モイミ 『GENTLE』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE