かいせいのバスにのる

快晴のバスに乗る 歌詞まふまふ

  • 発売:
    2018.09.05
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
シェア:

ステータス:

公式 フル

まふまふ「快晴のバスに乗る」歌詞

この快晴なんかにいっぱいの足音が
紛れ込む朝を合図に
赤茶けたバス停前が
空行きの近道と聞いたんだ


汗ばむ君と夏の匂いや後悔で
こんな恋をして
そうずっとあれから
揺られては泣いている


君と何回だって そう何回だって
ボクを引きあわせてほしいな
次の最終便へ乗り込んで
君のいる世界へ


快晴のバスに乗る


間違ったとこから単純に2歩下がる
そんなことすらできなくて
片道切符の感情や苛立ちの
名前にも気づかずに


そして夏が終わった 遠い季節と夢の中


こんな人生なんて
君のいない今日なんて
ボクは乗り逃してみたいよ


そして最終回は飛び降りて
あの空を落ちていく


昼寝の白猫飛び越えた
晴れ間に月曜日


当たり前の日常なんて
炭酸飛ぶソーダ


急ぎ足のミルクトースト
逆さま缶コーヒー


もう何年心の感触なんて
忘れていられそうだ


旅立った空席には戻らない
あの日からずっとぽっかり空いている


君に何回だって そう何回だって
ボクを思い出してほしいよ


次の最終便へ乗り込んで
青空の世界へ


こんな人生だって もう散々だって
ボロボロで背負ってきたんだ
君と何回だって そう何回だって


快晴のバスに乗る


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.09.05
  • 曲名:
    快晴のバスに乗る
  • 読み:
    かいせいのバスにのる
  • 歌手:
    まふまふ
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
  • 関連歌手:
    After the Rain
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ