よみ:
ぎんがりょだん

銀河旅団 歌詞麻枝准×やなぎなぎ

ゲーム「Heaven Burns Red」ソング

『麻枝准×やなぎなぎ - 銀河旅団』収録の『銀河旅団』ジャケット
発売:
2022.10.06
作詞:
麻枝准
作曲:
麻枝准
編曲:
MANYO

麻枝准×やなぎなぎ「銀河旅団」歌詞

何も上手くいかないで泣いたり
偶然行き着く君と出会ったり


頬に髪が張り付いて
いつもよりも綺麗に見えたんだ


連れてく銀河の海へ
そこには船団が浮かぶ


連れてってその指先に
触れてただのワガママだと知る


避けようもない深みに嵌まったり
突然の褒め言葉にはしゃいだり


風が汗を乾かして
いつも通りの君を見送った


連れてく旅の終わりへ
そこには永遠の都市が


連れてってその唇に
触れて息の熱さを知る


どれだけ歩けば良いんだろう
寄り道もたまにして
いつか再会する君は
飛びきりの笑顔とご馳走


触れて


鳥が高く飛び立った
それが合図だ僕も行かなくちゃ


連れてく銀河の海へ
そこには船団が浮かぶ


連れてってその指先に
触れてまだ生きたいと知る


時に途方に暮れ
時に鼻歌歌い
時に闇に飲まれ
時に涙して


連れてってその唇に
触れて愛することを信じた


麻枝准×やなぎなぎ『銀河旅団』の 詳細

『麻枝准×やなぎなぎ - 銀河旅団』収録の『銀河旅団』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.10.06
購入:
曲名:
銀河旅団
よみ:
ぎんがりょだん
歌手:
麻枝准×やなぎなぎ
関連作:
Heaven Burns Red
作詞:
麻枝准
作曲:
麻枝准
編曲:
MANYO
ステータス:

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

麻枝准×やなぎなぎ 銀河旅団 歌詞 (Heaven Burns Red ソング)