エクスキューショナーのこい

Executionerの恋 歌詞麻枝准×やなぎなぎ

『麻枝准×やなぎなぎ - Executionerの恋』収録の『終わりの惑星のLove Song』ジャケット
  • 発売:
    2012.04.25
  • 作詞:
    麻枝准
  • 作曲:
    麻枝准
シェア:

ステータス:

公式 フル

麻枝准×やなぎなぎ「Executionerの恋」歌詞

彼女は見せしめに吊されていた
僕はそれを撃つだけのお仕事
相当恨みを買ってきたらしい
もちろんそんなの僕に関係ない 撃つだけ


でも昔恋を覚えた人によく似てたんだ


やめときゃよかった こんな馬鹿なこと
下手を打ったな
ロープを断ち切って彼女の手を取ると闇雲に走ってた


隠れるために森へと逃げた
そこで息をついた


その夜彼女の話を聞いて眠った
同情しきってた
起きると金を盗まれどこかに消え去ってた


今日とて銃を撃つだけのお仕事
逃げないよう足かせ付けられ
吊るされた奴の顔見て動揺した
かつてこの手で逃がした人だったから


今度こそ本当に撃つべきと思った でも


やっぱり撃てない 初めて好きになった人だから
小さな時は勉強も教えてくれた 優しい人


民衆の怒声が僕の背中押す 結局撃ったのは
彼女吊すロープ 「ひとりで逃げろ!」と僕は叫んでた
次の日僕が吊されていた
君は今何をしてるかな・・・


『麻枝准×やなぎなぎ - Executionerの恋 歌詞』収録の『終わりの惑星のLove Song』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2012.04.25
  • 曲名:
    Executionerの恋
  • 読み:
    エクスキューショナーのこい
  • 歌手:
    麻枝准×やなぎなぎ
  • 作詞:
    麻枝准
  • 作曲:
    麻枝准
  • 関連歌手:
    やなぎなぎ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ