やなぎなぎの歌詞リスト

「Coreopsis」feat. やなぎなぎ

歌手
toku
歌い出し
長雨終わりの雫が跳ねて 葉先を揺らした 夏のはじまり 見上げた光に鼓動も跳ねて 何か起こるような予感がしてた 時々振り向きながら歩くと ぬかるみにつけた足跡点々 自分を知らせるスタンプみたい ここだよって 君に見えているかな 見つけて欲しくて でたらめにはしゃいで 目印増やすけれど 本当に見つかってしまったら きっと息すら出来なくなる 噛み殺した言葉 君には届かないよ 僕の気持ち全部束ねてあげたいのに ああどうしても言えないや 壊すくらいならこのままで いつだってひとひらの距離をこえられない僕ら なんどもなんども 喉の先まで音を運ぶけど 溜息になる 明日は 明日は 迷う数だけ 夕陽が落ちてく 無限に思えた時間は磨り減って とっくに0になってた たったのひとひら 透けて見えるくらい 近くにいられたのに 淡く蒔いた種が 花を咲かせたときは 君は強い風に攫われて遠い国 もうどうしても戻せない夏だけが ここで揺れてる ぬかるみの足跡は次の季節にのこらない 僕はまだ夏のなか 足跡を消せなくて

209415

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
たくらみや偽善で騒めき尽くす雑踏 昨日あれほどに願った朝なんて どこにもなかった 目が合ったのは一度 あとはゆっくりと通り過ぎてくだけ 自覚症状なんて 無いままの方が良かった 気のせいだったって 忘れてしまえたら 伸ばした腕を払った 肌からは錆び付く香りはしなくても 闇雲に遠吠えるだけなら もう それは機械と呼ぶの 優しさや不安が混ざっては色を変え 酸素の代わりに体中を巡る 誰でもない自分が誰かになれるだろうか 願うことくらいは許されるだろうか たった一人でいい 理解されなくてもいい わずかなエラーを 勘違いで片付けないで 紛れもない感情に名前をつけて 震える手を包んで その先に宿る温もりがなくても 確かに通じ合える言葉があれば それは心と呼ぶの 震える手は冷たく 不器用に軋むけれど 誰かを求めるこの気持ちは そう きっと 心と呼ぶの

asterhythm

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
凍えた空 揺蕩うため息 夜はあまりに広くて 一度はぐれたら もう戻らないかな どれほど永く 祈ったとしても 瞬く星群は鼓動 まるで恋をするリズム 届けばいいのに 最果てまで 離せない引力 取りつかれて 半夜を裂く光の涯 乾ききったこの瞳を 焦がすように 爆ぜるように 火花を散らしてよ 在るかも 確かめられない 霧中になる日々は ときめきの応酬 分断する大気は 雲を霞と消えて 世界中眩んでしまえばいい 忘れないでと 瞬く星群は鼓動 まるで恋をするリズム 遠ければ遠いほど逆上せる 片思いの様 静かなエレジー 半夜を裂く光の涯 やがて絶えてしまう音を 数えながら 刻みながら そうして見守るよ 強く強く 鳴らしていて アステリズム いつかそこへ いくときまで

astro traveler

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
one wayぶんの燃料をつめて パルスロケット 無重力のなか 無鉄砲だって偶には役立つ それが口癖 座右の銘さ (every day is a new day) 僕は孤独なアストロトラベラー (i think therefore i am) 誰にも知らせないまま (keep your eyes on the stars) 銀河フィラメント追いかけて (and your feet on the ground) 惑星は遥か彼方のまめつぶ 宙を蹴って急旋回 底なしの宇宙 下を見る暇なんて与えてくれないから ただひたすらに kick kick 続けるしかない どんなに無謀でもやれるものさ 燃料タンクのメモリが傾く 誰に届くか分からないover レシーバーからは微かな音楽 君の名前は? do you know where i am (every day is a new day) 僕は孤独なアストロトラベラー (i think therefore i am) 立ち寄る異星でトランジット (keep your eyes on the stars) 未知の住人が手をふって (and your feet on the ground) また 惑星は遥か彼方 繰り返し何千回 飛び出しただろう 未だに旅してる まだしばらく戻らないから 宙を蹴って急旋回 底なしの宇宙 下を見る暇なんて与えてくれないから ただひたすらに kick kick 続けるしかない どんなに無謀でもやれるものさ

Before I Rise

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
ゲーム「Heaven Burns Red」主題歌
歌い出し
その首に口付け 匂いを嗅いでたい あるいはここで死のうか ある晴れた放課後 銃弾が降り注ぎ 惨劇の季節が来た 風が止まった 風車も止まった ふいごも止まった 音も止まった 息も止まった 心臓も止まった そうしてすべてお仕舞いに出来たら どうかそばに居て こんな悪夢も狂おしいほど愛してた 出来れば笑って 幾億光年 いつまでもいられますよう お願いしたんだ 全てを放り出し 子供のようにはしゃぐ それは許されるかな そうだ明日は海へ行こう おもちゃをたくさん持って 君も一緒にどうかな 風が吹いた 風車が回った ふいごが吹いて 爆音がした 酸素を吸った 鼓動が響いた そして何もかも動き始める 長い夢だった 早く目覚めて笑い飛ばしたかった さあ 早くキスして ここから起こして そんな御伽話にして ねえ王子様 心は孤独だ 愛は見えない 数値に出来ない感情 でも震えている 脈を打ち続ける 波に浮かぶ残骸のように どうかそばに居て きみよそばに居て 夢だっていいよ まだ目覚めてない振りして きみすら消えて 匂いも忘れて 世界に取り残さないで どうか神様

behind

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
もしもあの時そばにいたなら 今振り向いたら なにもかもなくなっちゃいそうだ そう だから見ないふり 唇きつく結ぶ もしもあの時そばにいたなら なんて言ったかな ねえ 君はなんて 答えるの このままずっと 何も知らないで この距離感で いたいよ 少し不器用で 少し大人びて 未完成な感情ばかりが 心を支配する 君はなんて答えたかな 知りたい 知りたくない 知りたい 目で追った先に カーテン越しのシルエット 向こう側にはきっと 秘密がひしめいてる 背を向けながら見上げた空を まだ覚えてる 音だけを消した あの日を このままずっと 何も言わないで この瞬間を 手折って 誰も触れられない 宝箱へ 仕舞っておけたら良かった なんて身勝手で 君を閉じ込めるだけの 寂しい絵空事 ごめんね カーテンを 風がさらって 止め処なく こぼれる秘密 知りたい 知りたくない 知りたい 知りたいのに このままずっと 何も知らないで この距離感で いたって 誰も叱らない 誰も気にしない 弱虫って笑われるかな だけど怖くて 君が遠くなっちゃうから このままずっと何も知らないで この距離感でいたいよ 少し不器用で 少し大人びて 未完成な感情ばかりが心を支配する 君はなんて答えたかな 知りたい 知りたくない 知りたい

BiblioMonster

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
気づけば空は白んでいて 早起きな誰か 朝ごはんの匂いまとわせて つけられたあだ名は本の虫?いやBiblioMonster 望むところさ 開けばどこだって舞台に変わる ほらファンタジー ミステリー 食い入るように見つめすぎてしまうから 君の真ん中がさ ぽっかり空く前に この手繋いで今すぐ脱出しよう 赤いリボンを巻いた栞が目印だ 忘れずに辿っておいで 君の決意 待ってる 一字一句決められた台詞を どんな気分で言うの 文字の裏側はやっぱり文字で それでもどうにか知りたいんだ だって僕は Monster 恐れ知らずさ 見落としていないか 大事な何か 逃さないようにと目で追いながら 真っ直ぐ指伝わせて 君を表す字が掠れていく前に この手繋いで今すぐ脱出しよう 陽に焼けた頁の端っこが出口だ 怖がらないで バラけてしまっても すぐ集める いつも新しい表紙を見る度心躍った いつも背表紙を見る度感傷が押し寄せた 君の物語の結末を知ってる だって何度も何度も読み返した 捲ったその先に続きはもう無くて 隅っこに小さな字で <おしまい> 君の物語を終わらせちゃう前に この手繋いで今すぐ脱出しよう 赤いリボンを巻いた栞が目印だ 忘れずに辿っておいで 君の決意 待ってる

Birth

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
ねえ何度か夢を見たよ 美しく笑ってたね 錆びていく記憶は 最終の防波堤 遠くへさらわれて きっと私たちは まあるい消しゴムの角のように 少しずつ薄れていくの 綺麗な思い出だけを残して そっと そうっと 離れていくの

Branch

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
ひとつまだ微睡む視界にぽつり滲む 張り詰めた糸を震わせる音は 誰の言葉 ぼやけた思考で見えるものを探している こぼれた可能性を出来るだけ掻き集めて 何度も夢見ては消えてく道で 問いかけは独り言 響いて歪んで 壊れそうだ 忘れてしまった世界に (いくつもずっとある音が) ある筈だった世界に (示す先にある人) 取り戻せない世界に (小さく手を伸ばした) 一人きりで残された思い出を ああ誰か 探してくれないか いつも願いはあと一歩届かない 今目が覚めた本能のまま踏み出せたら なんてさ 選び取る度に心が警鐘を鳴らす 正しさがいつも救いとは限らないから 無数に枝分かれる過去に未来に 問いかける独り言 聞こえているならもう一度 夢現に惑って (いくつも辿る世界) 静寂と熾烈に惑って (帰り道が分からない) 新来と懐旧に惑って (何処へ向かうべきかもう) 永遠と刹那に身を竦ませた日々に ああ誰か 教えてくれないか 答えのない選択に終止符を 張り詰めた糸を震わせる音が欲しい 遠くの何処かで見ている 君の声が 忘れてしまった世界に (いくつもずっとある音が) ある筈だった世界に (示す先にある人) 取り戻せない世界に (手を伸ばしてた君) また一人きり 消えた夢の焚き殻を ああ誰か 探してくれないか いつも願いはあと一歩届かない 今目が覚めた本能のまま踏み出せたら なんてさ

brand new world,brand new me

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
人はいつも求める 新しいことばかり やがて枯れると知っても ひとときを満たしたい どこまでも拓けていくような道 すぎされば どこまでも遠のいていく過去さ それだけさ 輝いて止まぬ未来 今は brand new world, brand new me どこへ置いてきたんだろ brand new world, brand new me 埃はらってやらなきゃ やけに眩しい場所には 集いたがる人ばかり 影を作る群れには 輪の外は見えないね 右向けば左が留守になって 汲々と 見渡せば簡単だった事も 見失って のらりくらりと今を躱す brand new world, brand new me 何を目指せばいいんだろ brand new world, brand new me いつか見てた未来は brand new world, brand new me どこへ置いてきたんだろ brand new world, brand new me 埃はらってやらなきゃ 今さら遅すぎるかな いつか過ぎ去った道さ

Burn My Universe

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
ゲーム「Heaven Burns Red」挿入歌
歌い出し
作られたこの指で 何を掴み取れと言うんだろうな 虚しく宙を掻いて 空回りの日々だけどまあいっか (1 2 3 4 で Let's Go New Day) 息を吸い込んでいざ参りましょう (1 2 3 and then 3 2 1 Go!) そこは戦場で命賭し きみを忘れても ぼくは連れてくよ 孤独の果て 虚数の海 時が止まってしまっても 待つのは天国? それとも地獄かな? この宇宙を構成する そのひとつを誇りたい 芽吹く生命に祝福あげる

can cry

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
記憶の淵に ささくれだつ感情のエラー 塞き止められた あふれそうな想いは 喜びに流して 戸惑いに咽って 哀しみに瞑って 愉しさに委ねて 正直に応えて 理論なんて捨てて 空っぽにしちゃって 意地っ張りはもう終わらせて can cry その涙に艶や温度が無くても ずっと誰かの心に突き立って離れない 痛みが頬を撫でる 記憶の淵に ささくれだつ感情のエラー 塞き止められた想いを解放して ゼロから未来探すよ can cry どんな言葉よりも早く届くアンサー きっと息をするのと同じ位 当たり前に なんて美しい世界の理なんだろう その涙 まるでクリスタルの様だね 光が頬を照らす

continue

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
if I see you in my dreams the story will continue! 見つけたい いつも誰かを 心見晴らす光に似てる ここにはない高鳴り 伝えてくれる誰かを 口にしてみる おまじないのように 何度も唱えたら いつかリアルに変わるのかも 君が君に出会わせる ノンフィクションのファンタジー 目に映せなくても 夢に会いに来て 君と君を繋ぐループの真中で 今日も生まれてる 新しいお話 the story will continue! 話したい もっと近くで あと一歩の距離がくすぐったい のぼせないようシミュレーション 準備OK? 顔をあげて 一緒にあつめた 未知の欠片たち ぎゅっと綴じて エピローグのない ふたりの未来を読もう 夢が夢を飛び越える 想像よりもミラクル 意識する前から はじまっていたよ めぐりめぐるリングの中をのぞいたら ふたり映す 鏡みたいだ 君が君に出会わせる ノンフィクションのファンタジー 目に映らなくても 夢に会いに行く 今すぐに行くよ 君が君に出会わせる ノンフィクションのファンタジー 目に映せなくても 夢に会いに来て 君と君を繋ぐループの真中で 今日も生まれてる 新しいお話 if I see you in my dreams the story will continue! never ending story!

CorLeonis

歌手
やなぎなぎ

dream puff

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
これは夢のお話さ いつも誰も彼も取り残して 望み通りの世界の果てにいて まるで天国だと笑う まぶたの裏潜むシークレット もっともっと泳がせて 雨は雪に変えてはしゃごう 太陽も消して 夢は人を超えないさ 持てる引き出しから読み込むだけ 派手に飾られた馳走様を 舌にのせてみても味気ないや まぶたの裏爆ぜるリグレット きっときっと消えないね しんと降る雪に音つけて 孤独を隠した (one dream puff a day Ah where should I go Quiet place or inspiring place) まぶたの裏潜むシークレット どこまで逃げられる? 雨は雪に変えてはしゃごう 太陽も消して まぶたの裏潜むシークレット もっともっと泳がせて 甘い夢に胸焼けしても 醒めるまでずっと 永遠を願う これは夢のお終いさ

Echo

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
なぜ夢を見たあとは こんなに騒ついて 取り残された気持ちになるの ねえ夢を見たあとは 心が半分 もう帰らないような気がしてるの 誰宛にもならなかった独り言は 昼白色の蛍光灯へと吸い込まれた このままずっと殻のなか 思い出と語り合おうか いまより眩しいところに 飛び出してみようか ここにいれば これ以上怖いことはないよ だけど何を幸せと呼ぶか わからないよ 誰宛にもならなかった独り言は 壁で跳ねて 自分にかえって こだましてる

escape from boredom

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
そっと消えちゃいたい 思い出か 遠い未来のなか 今がゼロならどちらでも構わない escape from boredom あっちへこっちへ行ってもね 振り出しに戻ってる クリア出来ない迷路 あとどれくらい続くの 海の向こう側で誰か手を振って 迎えに来たよって 茶化してくれないかな ひと匙だけ残してた期待 パッと泡のように 弾けちゃうその前にお願い もうこれ以上は待てないよ お先に escape from boredom escape from boredom! さあどうぞ 退屈さん 居座って好きなだけ あなただけが私を殺すことができるの だけど人より諦めが悪いのよ 追いつけないところまで逃げて そっと消えちゃおう 気づかれるその前にどこか 空の果てでも 地下深くでもいいよ そっと消えちゃおう 思い出か 遠い未来のなか 今がゼロならマイナスも悪くない escape from boredom

Esse

歌手
やなぎなぎ
関連作
ドラマ「殺人偏差値70」挿入歌
歌い出し
正しい理由や道が要るでしょうか 深い眠りのそこで幼い日の夢を見ていた 目がさめるのが惜しいぐらいにただ幸せな夢 また眠りたい起こさないでよ 誰も喋舌らないで お願い 瞼開けば忽ち消える単色の記憶 人が人を好きになるには正しい理由や言葉が要るでしょうか どんな形であっても求めてしまう ここにもないのだから 影は伸びてく何時か泣き腫らした自分の元へ 向かい合うのは何も映すことのないじゃ 黒だけ 口を塞げば傷も付かない 褒めてくれるならずっと 何処へ向かえばいいの? 地図も目的も持たないままで 暮れる日は音もなく繋いだ影の後を連れ去ってく 誰かが簡単に踏み出した片足さえとても重く 足ただ質量で引き摺るしかなかった 人が人を好きになるには正しい道を守るべきでしょうか どんな形であっても求めてしまう ここにもないのね だから夢を見させて 一秒二秒 少しでも長く 光続く思い出美しいまま眠り続けさせて

Executionerの恋

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
彼女は見せしめに吊されていた 僕はそれを撃つだけのお仕事 相当恨みを買ってきたらしい もちろんそんなの僕に関係ない 撃つだけ でも昔恋を覚えた人によく似てたんだ やめときゃよかった こんな馬鹿なこと 下手を打ったな ロープを断ち切って彼女の手を取ると闇雲に走ってた 隠れるために森へと逃げた そこで息をついた その夜彼女の話を聞いて眠った 同情しきってた 起きると金を盗まれどこかに消え去ってた 今日とて銃を撃つだけのお仕事 逃げないよう足かせ付けられ 吊るされた奴の顔見て動揺した かつてこの手で逃がした人だったから 今度こそ本当に撃つべきと思った でも やっぱり撃てない 初めて好きになった人だから 小さな時は勉強も教えてくれた 優しい人 民衆の怒声が僕の背中押す 結局撃ったのは 彼女吊すロープ 「ひとりで逃げろ!」と僕は叫んでた 次の日僕が吊されていた 君は今何をしてるかな・・・

Flower Garden

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
たくさんの色に満ちた図鑑 それを見てる時は少女のよう でも仕事になると艶やかに笑う 食べ物を受け取ると静かに服を脱いだ なにもかもが狂った世界で きみだけが綺麗なものに見えた きみをどうにかして外に連れ出せたらな そしてふたりで歩けたらそれだけでもういい でもきみはあまりに弱くて 外の空気には触れられない いつかきみは話した 本物の花を見てみたいと珍しく でもどこの地上にだってそんなものはない 夢のようなもの ある日大雨が降り続いた 悪い塵も流されたはずと きみは期待抱いて地上へと続く長い階段を上ってドアを開け放つ 止めようとした そんなことで世界は元に戻りはしない きみは倒れてしまう 僕はすぐに抱き上げベッドまで連れていった 眠ってるきみのそばで祈り続ける 造花を作りながら 一面の花畑できみは今も眠る 神様もし居るのならどうか目覚めさせて

foe

歌手
やなぎなぎ
関連作
ゲーム「ノルン+ノネット ラスト イーラ」OP
歌い出し
誰か見つけてと零した声は 流星になって君に届く 迷いながら歩いていた 分かれ道気付かず 通り過ぎていく 間違うのはとても怖くて いつも選べないまま泣いてばかりいたよ 一度きりのこの世界で 出会えたことは奇跡の嵐 後悔しない 今 体中に満ちる光が つま先から君を求めて 駆け出していく 涙はもう すべて流れ落ちて 宝石になった 髪が揺れて奏でる音 何でもない瞬間が こんなに穏やか 手を繋いで 言葉交わして これまでの空白も一緒に色を付けよう そっと並んで見上げた空に まっすぐな軌道描かれていく あの日の想い 今 旅を終えた僕らの宇宙船(ふね)は 銀河の中ふわり漂って きっと誰かの星になるだろう 光絶やさぬ様に希望を降らすよ もしも違う空を見たとしても 心は繋いだまま たとえ宇宙の端と端でも 君を見つけられるから 後悔しない 今 体中に満ちる光が つま先から君を求めて きっと何万光年先でも届く流れ星になって 君の元へ

For good

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
名前をつけるなら 何というの 今までどんな地図を描いて 幾つの場所を歩いてきたの もしもの昨日も100年後も 過ぎていくだけのピリオド 誰かが名付け区切ってしまう はじまりはもう思い出せなくて 紗幕の奥深く 古びたフィルムを映すように 頼りなく軋む 春の日も夏の日も 曖昧に溶けていく枝道で何を願おう 誰にも分からない この心は 何を諦め何を選んで 幾つの気持ち残してきたの もしもを願うたび積もった 埋まらない空白地帯 抱えたままで どこまで行くの さよならはもう数え切れなくて 寂しさ忘れても 古びたフィルムが朧げに 過去を照らしてる 秋の日も冬の日も 遠く響く君の声 聞こえていたから 何度も探した答え これが最後の分岐点だ 何を選ぶとしても怖気なくていい 先に終わりが見えても 振り返る時には 残した道が誰かを もう迷わせないように 次の日も次の日も 瞳に満ちる思い出は 心の奥深く 古びたフィルムを映すように 不規則に揺れる これ以上要らないよ いつの日か区切られる枝道に この心に 名前をつけるなら 永遠だと 頼りなく軋んだ 愛おしい僕らのおはなし

fugacious

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
振り返る道の上 積もり積もる一瞬は 大事に抱きしめても 伝えきれない それはまるで 指の先にとまる雪のひと枚 確かめる間も無く 独りでにぼやけていくの 誰も雪のように 落ちては消え 明くる日を待つ 君も雪のように 指の先 人知れず軽くなって 確かめる間も無く 空色にぼやけていくの

Goodbye Seven Seas

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
アニメ「神様になった日」ED
歌い出し
旅立ち甲斐のある風なのに 本気を出すのも先送りに 守るものも特にないけれど 服を着替えてもしっくり来ない始末 生きるだけで大変で 後悔だけが山積みだ ゲームみたいにリセットで はじめからやり直せたら ハローグッバイ ぼくらは何も知らずに ハローグッバイ 長い冒険に出かけたんだ 水と希望だけを詰めて 少年から旅立つ なかなか船は進まなくなる ぷっかり浮かんで釣りばかりだ それすら上手くいかない日々で じりじりと肌が焼かれ焦れる季節 最果てにどんな夢も 叶う宝が眠るという 上手く風をつかまえて 太陽の沈まぬほうへ ハローグッバイ ぼくらは何も知らずに ハローグッバイ 今日まで生きてきたんだから くよくよ悩んだりしない 少女も大人になる 南の島で時化に遭ったり 北の大地で凍えたり でもひとりは嫌なんだ だから必死に舵を取る ハローグッバイ 長い冒険に出かけよう ハローグッバイ 七つの海を越えていこう ハローグッバイ ぼくらは何も知らずに ハローグッバイ まっすぐに幸せを目指そう 帆柱も十分しなって 果てなき旅は続く

helvetica

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
さらさら 星の砂遡る 酸素が散り手折れた花の名 忘れた 興味ごと捨ててきた 分からない もう文字は読めない 愛したとして 何が応えてくれるというの 正しい言葉さえどこにも 残らない もうない 等間隔美しく並ぶhelvetica 狂い出した今 明るい窓辺に添えた花 見てた この手で影つくったなら たちまち枯れてしまうだろうか そんなこと 考えてしまうから 愛したとして 何が応えてくれるというの 正しい言葉さえどこにも 残らない もうない 等間隔美しく並ぶhelvetica 狂い出してゆく 愛しい 失う 残らない どこにも 言葉さえ 積み重ねた 残らない 散り散りに 花の色も 鮮やかな 忘れてく 並ぶ もう 無い 自分の感情も 等間隔 美しく helvetica 狂い出したまま

here and there

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」OP
歌い出し
瞬いた瞳に 射し込んだ 続くスカイライン 空遠に夕虹 地面には一路の轍 どこへいこうか “どこへだっていいのさ” 此処かしこが目的地 果てまで 気の遠くなる様な旅をしよう ここにはボクがいて そこにキミがいる それだけで 明日にかわるから 光の七色に 心を奪われるけれど あの橋のたもとは 今大雨が住んでいるんだ 悲しんでるそれとも 傘をまわしながら 踊っているかもね 行こうか この目で確かなことを見よう 夕方の虹のあとは 青空が続くはずだから 明日はうららかさ 果てまで 気の遠くなる様な旅をしよう ここにはボクがいて そこにキミがいる それだけで 明日がかわるから

Heroの条件

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
きみは世界を救う英雄になると決めた まだ年端もゆかぬ少年なのにどうやって でもきみはない知恵を絞って考えた 賢人と呼ばれる人を集めよう ある時は火山に暮らす魔法使いに ある時はガラスの向こうの研究者に ある時は難攻不落の城の王に ある時は無敵とされる女戦士に 何千万キロの道をきみは歩いた でもきみはただ若い旅人でしかなかった 結局誰も集まってはくれなかった でも歩き続けるきみにこう説く ある人は希望の船を見つけてそらへと ある人は死刑する人と助け合ったと ある人は忘れた笑顔を取り戻したと ある人はほんとの花を咲かせてみたと 少し逞しくなったきみは無力なことを悟った 英雄なんてもういい せめて笑顔を送ろうと決めた ある日は道化師の格好をして踊ってた ある日は紙芝居を作っては聞かせた でも笑ってくれるのは子供たちばかりで でもきみは子供たちの立派なヒーロー ぼくは好きだよ

in flight

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
いま 浮き上がる脚 もう 地表は遥か 風を捉えてるモノコックのからだ 手の届かない場所 ただ目指すビル群 灰に霞んでは夜と混ざる さあ 今日も子午線を過ぎて まだ誰も訪ねてこない未来を飛んで 美しい夜明け こっそり手に入れよう 堅い翼が 私をどこへだって運んでくれる 重力さえ押さえ込んで 遠く 遠くへと 涙も流れ切る 力強いその速さでずっと そう どこにもいない この 心は遥か 呼応して軋む ジュラルミンのノイズ ああ 空へ近づく度に はらはらと 私の悲しい夢は逸れ ひとつずつ消える 夜明けの向こう側へ 白い翼が光を映してる 朝に溶けた幾千の涙もすべて 虹になるでしょう 懐かしい地上に戻る頃に 僅かの間のフライト 降り立つ思考 心の傍へ来ている そんな気がするの 堅い翼が 私をどこへだって運んでくれる 重力さえ押さえ込んで 遠く 遠くへと 涙も流れ切る 私を巡る僅かの間のフライト

just another day

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
知らない間にこぼれたため息 ヘッドホン越しに届いた ワンビートほど遅れて 車窓の額縁 奥にはいつもの景色が 前から後ろに絶えず絶えず流れては いつもの場所に運ばれていくよ レールの上カタコトと 左右に振られて 今夜は少し遠回りをして 文豪みたいに物思いたい いつか小説か何かで見たんだ 生まれる場所が違ったから 誰とも上手くやれない 正しい場所なら 王様にだってなれたさ でもそんな手違い 自分には起きやしない いつもの場所に運ばれていくよ レールの上カタコトと それなりの日々 ただ出来心 いつもの景色に 逆さまの虹を浮かべた

Killer Song

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
きみは眼が見えない代わり真実だけが見える だから誰もがきみを利用した 食料を余分に持って逃げたやつはさて誰と 殺されてしまう人の名を告げた きみはそんなこと望みはしないのに 気づいてた いつかあたしもきみのため 誰かを殺める日が来るってこと 生きていくためなら当たり前のこと 季節は狂ったままで秋のあと夏がきた 誰もが水を探し求めた きみにだけ見える水脈 教えろと首を絞めた でもそれは遠い孤児院の井戸に続く その時が来たとあたしは悟った 鈍く光る刃物抜いて駆けた 闇が味方した 手応えははっきりあった 手はまだ震えてた 刹那明かりがあたしを照らした 仲間に押さえられた そして両足の腱を削ぎ落とされてしまった 手で這ってきみのもとへ あったことを伝えた きみを連れて逃げることもできなくなったと でもきみは精悍な眼差しでこう言った ひとり殺ったらふたりも三人も同じと きみが指し示すほうから敵は必ずやってきた あたしはそれを斬り倒し続けていった きみはあたしをひとりの戦士に変えてくれた きみを守る それが唯一のあたしの生きる意味 時は流れひとつの伝説がまことしやかに囁かれた 難攻不落の城があるが不可解 その城の主は眼が見えず騎士はまともに歩けさえしないと そんな奇跡を起こす恋もある

Last Smile

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
きみを見てた じっと見てた そのきみに触れたい 間には透明な壁 悪い菌に満ちてる 誰とも触れあうことできない 昔は熱意のある研究者で 子供たちのため世界を治そうとした もう自分にできることはないとよくきみは泣く 暇見つけ研究内容を聞いてみた 代わりに何かできないかと思って でも僕の頭は痛くなるばかりで 何もわからない 何もしてやれない でもありがとうときみは言ってくれたんだ笑顔で 「もう難しい話はなしで話そう」 それからのふたりはひたすら他愛ない 話をし続けた ガラス越しに 触れあうことなくても確かに触れあってたよ 笑って過ごした きみのさいごまで

LEVEL

歌手
やなぎなぎ×THE SIXTH LIE
関連作
アニメ「天才王子の赤字国家再生術」OP
歌い出し
共鳴する日々重ねて 降り積もった関係に ふさわしい名前を探すけど 「絆」だけでは軽くて 支えられやしないだろう 無尽蔵に膨らむ気持ちは 同じ場所で 同じ目線のまま 傾かないように 釣り合う重さで預けたいから 背負うだけの存在じゃなくて 背中合わせの僕らのLEVEL 息するリズムさえ揃えて 振り向かずに結んだ この鼓動が指切りがわり いつだって伝わっているから 遠ざかる日々見つめて 変わらないでと祈った 小さな自分が影を落とす 照らされた輪郭は 光に溶けてしまいそう どんな言葉なら触れられるだろう 君の過去を 君の未来を 留めてしまわないように 失うくらいなら全部捨てて ゼロから今を作りたい 荒唐無稽な僕らのSAGAS 世界がそう呼ぶとしても 本当の話なら 二人だけが知っていればいい 大切なことはそれだけさ そう 落とした影を包んだのは 堆い時間のベール 繰り返し繋いだ日々 釣り合う重さで預けたいから 背負うだけの存在じゃなくて 背中合わせの僕らのLEVEL 息するリズムさえ揃えて 揺れる音が名前を呼ぶように もっともっと互いを求める 背中合わせの僕らのLEVEL ずっとずっと聞こえていたよ 振り向かずに結んだ この鼓動が指切りがわり いつだって伝わっているから 伝わっているから

more than enough

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
静かすぎる夜には 知りたくないことも筒抜ける 揺り起こされる記憶 もうこれ以上錆びつかせたくないのに ゆるやかに朽ち果てていく その姿が美しいなんて思うのは きっと世界でひとり この心が在る意味も分からずに 行けないから 答えを探すよ 遠ざかる度 なぜか暗い場所も光が射してく それはただの理想化 だけどそこが唯一の居場所ならば 少しだけ甘えたっていい 生き続けるためのロジック 許されるなら もう一度帰りたいよ この心が在る意味も分からずに 行けないから 答えを探すよ 何度も選んで 時を止め過去を閉じて永遠に あるいは積もる刹那と 終わりへ向かおうか この心が在る意味も分からずに 行けないから 何度だって この心が在る限り続く道 行きたいから 答えを探すよ

out of the blue

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
散らかりすぎた部屋を 片付けてみたら 一つ一つ 懐かしい思い出が飛び出す その度に手を止めて 過去へと旅する 眠るのも後まわし コーヒーを淹れて 褪せた写真に 蛍光インキで書き込まれた 青いメッセージ 君は今どこにいるのかな 何度かきた手紙も 次第に届かなくなっていた あの頃夢中になったことは 何かも君がいたから 君と一緒だったから 探しに行きたい 僕らの青さを 思い立ったら居ても立っても居られない 隣町まで行こう 手がかりはないけど いつかの空が今日に重なる 時間旅行はまだオーバーチュア 降りた事無い駅で一休みしていこう 反対の足から歩き出してみよう どんな事だって 君につながる気がする 今なら無敵だ 天使の梯子も登れる 会えたらこの冒険を手土産にするよ それから知らない場所へ二人で行こう あの頃夢中になったことは 何かも君がいたから 君と一緒だったから 探しに行こうよ 僕らの青さを もう一度始めよう 僕らの青さを 時間を超えて

over and over

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「Just Because!」OP
歌い出し
記憶の君に告ぐさよなら 隣に座ってた 恥ずかしがり屋 ありがとうって言う度に頬を染めてた ふたりで考えた秘密の合図 離れても きっとすぐ分かるはず 新しい日々に巻かれるまま 届いたささやかな手紙を ああ どうして 読みもしないで置き去ったんだろう 記憶の君に告ぐさよなら 長い髪が頬を隠すから うまく調子が合わないんだ 君を誰より深く知っていたのに 隣の席の君は いない まばらに継ぎ合わす 遠い思い出 一部だけ抜け落ちて どこか欠けてた あの時口にした言葉はきっと 忘れてはいけなかった それなのに 大人びた視線に透かされて 焦る心が浮き出しそう ああ こんなに 子供染みてる自分が嫌だ 面影の残る横顔で 知らない笑顔を見せる君は まるで平行世界の人 ぼんやりしてる間に ずっと先まで 歩いていってしまう 背中追う足音 一度足を止めて わずかに見せる唇のかたち 瞬く間に時間繋ぐ橋をかけた 隣の席の君はいない 大人になった君がひとり 記憶の君に告ぐさよなら 長い髪がとても似合うから 少し照れくさくなるけれど 君を誰より深く知っていくため 隣に座ってもいいかい

oversupply

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
好いたほどに飽いてった 入れ込む反動は無関心 次のステージではもっと刺激的な現実(リアル)をよろしく 平均点ならいっか、なんて マイナスのほうがまだマシ これじゃないや あれでもない 千切り捨てた日々が いつの間にか 膝まで嵩張ってた 粘りつく忘れたはずの昨日 どうして恨めしく見るの もうキミはうんざり 次から次ブランクを作っては埋めていく作業 それが生きるってことじゃないの ちょっとばかし面白おかしく演出したくらいじゃ 物足りないってピエロに笑われる これじゃないや あれでもない 千切り捨てた日々は ついにすべて飲み込むまで育った だけどまだ満たせないまま 昂ぶらなくちゃ夜も日も明けない 溺れても求め続ける 供給過剰に思考が痺れて もう何も分からない 今日を作った昨日が 虚しく消えてった 今日を作った昨日が さよなら言う前に だからまだ満たせないまま 求めることで慰められてる 感覚が底をついても 変えることなど今更出来ない 溺れても求め続ける 供給過剰に思考が痺れて 分からない もう全部 やめちゃおう

PersonAll

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
ああ 支配するのは 狭い視覚だけ 思い通りの言葉は無い 意志も持てない程 か細い息を吐いて このまま記憶が絡んでいつか一つになる 止められない衝動 感情あふれて飽和してる さあ早く笑えよ そんな玩具なんて!と 目の前で奪って声高にほら 叫べ ああ 僕が僕を見下す 心 右と左 強く引けば ふたつに裂けやしないだろうか 一番近くにいるのに触れもしないんだ 愛されたい衝動 きっとさみしくてどうかしてる もう早く打ち抜いて こんなもどかしさごと 身体がひとつじゃなくて 僕の数だけあれば良かったのに 止められない衝動 感情あふれて飽和してる さあ早く笑えよ そんな玩具なんて!と 目の前で奪って声高にほら 叫べ

point at infinity

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「あの夏で待ってる 特別編」ED
歌い出し
消えた 花火の後は 苦い火薬の香り 燻る視界の先に 同じ高さの君の視線を見つけて ふたり同時に はにかんだりしていた 僕らはただがむしゃらに 不器用な言葉で 未来を探して 迫りくる衝動を抱え込む どうしようもなく幸せな 結末を望んだ 眩しい あの夏の日 まるでソーダみたいに 透ける清涼な日々 太陽が好きな君思い浮かべて 踵 踏んでたスニーカー あしたてんきになあれ ってさ 消えた 花火の後は 苦い火薬の香り 燻る視界の先に 同じ高さの君の視線を見つけて ふたり同時に はにかんだりしていた 僕らはただがむしゃらに 不器用な言葉で 未来を探して 迫りくる衝動を抱え込む どうしようもなく幸せな 結末を望んだ 眩しい あの夏の日 まるでソーダみたいに 透ける清涼な日々 太陽が好きな君思い浮かべて 踵 踏んでたスニーカー あしたてんきになあれ ってさ 飛ばした いつでも思い出せるよ 高い雲の形 何度も呼び合った特別な名前も ああ 昨日の様 どうしようもなく続いてた 愛しいほど交わる 僕らの消失点 僕らはただがむしゃらに 不器用な言葉で 未来を探して 迫りくる衝動を抱え込む どうしようもなく幸せな 結末を望んだ 眩しい あの夏の日まで 駆けていきたい

Rainy veil

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「グリザイアの果実」ED 4
歌い出し
羽根が舞い散る 静寂の場所 逃げるように消えてく影 さよならが運命なのなら 喜んで受け入れましょう 読み捨てられた 絵本のように 優しさたち滲んでいく 眠りにつくまで 不器用な愛をあげる 涙流すこと 笑うことさえも ぎこちがないから おかしいでしょう? 誰かと似ていて 上手く生きれない また会えるのなら その時は全て 伝えたい きみに 雨に濡れてた 森が燃えてる 想い出とも はぐれていく 同じ瞬間(とき) 同じ場所なのに 違う空 月を見ていた 手品のように 偽りばかり 心の奥 隠したくて 眠りについたら 不器用な愛をあげる 傷を受けること 傷をつけること 仕方がないけど 悲しいでしょう? 最期のページが 上手くめくれない また会えるのなら その時はきみに 伝えたい 涙流すこと 笑うことさえも ぎこちがないから 悲しいでしょう? 名前さえも知らない 新しい場所 もし会えるのなら その時はせめて 同じ夢 見たい

re-live

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
あなたが見ていた私の涙 どんな味がするか想像できる? 飲み込んでいてくれたなら きっと 伝わるはずだった ふたりのイデア すれ違う命 届かず 背中合わせに閉じてく 互いの夢 汚れた体をカタルシスで洗って 生きている様な心地に浸っていた 信じているの アレセイア いずれ 終わる命に見合うのならば 相応しいはじまりだって あっていいでしょう 誰にも 私にだって 先に行って 置いてかないで どちらも言えず 笑って 怒って どんな感情でも流れるのは 同じ 涙だけ 伝わるはずだった ふたりのイデア すれ違う命 届かず 背中合わせに探った 互いの手を 繋げなくとも その指の先 一滴の愛が落ちる 次に瞼を開けば伝えられる 大好きよ、と

recollection note

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
夢に見たあなたの 細く残るラストノート 消えてしまう前に また会いに行きたいよ 目を開くまでの ほんのわずかな時 きらきら眩しいワンシーン ずっと揺れてる 夢を見た朝はね 汚したパレットのよう もう戻せない色が ごちゃ混ぜの気持ち 夢に見たあなたの 細く残るラストノート うつつに馴染む前に 瓶詰めにしたかった 夢に見たあなたの 細く残るラストノート きっと午後にはなんの跡形も無い 夢に見ない夜も いつしか見慣れて 寂しくもなくて そんな時が来ても 悪いことでは無いの 目を開くまでの ほんのわずかな時 きらきら眩しいワンシーン そっと揺れてる

return

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
形が消えて煙る空 立ち往く雨と攪拌されて 海に降り落ちれば斑に漂う 砕けた私のフラグメント あなたにひとひら預けて いずれか選ぶとしたなら 遠く見える光 まだ淡く残る泡粒 覚えていてね 縛る様に言葉を植えて 形が消えて煙る空 立ち往く雨に掻き消えていく あなたの一部には成れないの 世界の歯車に組み込まれず この耳も この指も この声も 誰にも成れないの 砕けた私のフラグメント あなたに全てを託すよ いずれも選べないのなら 遠く見える光 まだ淡く残る泡粒

rooter's song

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
How's it going? Not bad at all What's new with you? Nothing special 飽和気味 君の日毎夜毎 面白可笑しい戯曲をどうぞ 頼りなく吐いた言の葉 赤添えて 完璧な台詞仕立て 笑ってるかい今日も 特別って訳でもない 平平たる時が幸せなのさ How's it going? Not bad at all What's new with you? Nothing special 隣の芝生なんか見てたって 時間を盗られるだけ 転んでるかい今日も 海があれば魚に 道が無ければ鳥になってさ How's it going? Not bad at all How's it going? It's OK How's it going? Never better I feel on top of the world! 笑ってるかい今日も 懐かしさに塗れて 小さな幸運を飾りながらさ 笑ってるかい今日も 特別って訳でもない 日常がひどく幸せなのさ

Roundabout

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
旅立つ道の先は 絶え間無く流れる景色 名残惜しむ間もなくて 連綿と舞い込む新しい風 どこまでも夜明けを越えて 鼻歌も交えてさ プランはその場で決めて 今何度目の春だろう ふるさとは遥か 寄り道は楽しいけど またね どこへ繋がる場所なのかな いつかは戻れるかな うずまく気持ちが 次から次へと 巡るRoundabout all the year around 続いてる 適当に流したラジオ 知らない国の音楽 冷めたコーヒーの香り どれひとつ欠かせない 旅は道連れさ じりじりとスピードをあげて いつか旅立つ道の先は 地図には描かれない 誰かだけの道 自分だけの道 周れRoundabout 見送ったとりどりの 背中が小さくなる またね いつか旅立つ道の先は それぞれ違うけれど 行き交う軌跡が 流れ星の様に 駆けるRoundabout all the year around 続いてる

skyscape

歌手
やなぎなぎ
関連作
ゲーム「ノルン+ノネット ラスト イーラ」ED
歌い出し
見渡せば広がる 透明な蒼 果てのない空 寄り添えば孤独を ぬくもりがほどいてゆく 祈りは切なさの余韻に似て だけど願いは少しだけ 希望に似ている 涙つたうのは 哀しいからじゃなく 愛しさがあふれてくるから 零れ落ちた音 そっとすくい上げて 君と奏でてゆこう たった一度の 今という奇跡 幾億の矛盾をたたう時の輪 陽光(ひかり)が透かす それでも僕達は 求めずに生きられない 翳した手の先に何があるか わからないけれど 明日も君と笑えたら 胸がふるえるほどのよろこびを知り やがてまた痛みを知っても 何が正しいかという答えじゃなく 何を望むのかを 僕は知りたい in skyscape of the last era 涙つたうのは 哀しいからじゃない 愛しさがあふれてくるから ぎゅっと後ろから抱きすくめてくれた あの日から優しく 響きつづける 過去に 未来に 捧ぐ九重奏(ノネット) 今 君と生きよう

Special Pack!

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
8月1日多分誰より早起きで 窓を開けたら 虫籠鳴らすよ きらきらせせらぎ一足飛び バランスとって ただ丸いだけの石が特別に見えたり 風でざわめく木の葉にちょっとだけ怯えたりして 縁側 留守番 ただ降り注ぐ蝉時雨 何もいらないや 無人のプールの淡い揺らめき ときめいた心みたいだ 夕暮れの彼方にはもう秋の気配がして 懐かしむ 間もないさ 今夜はまた踊りにゆこう あったらいいのに 夏のイベントぜんぶ入り スペシャルパック! すぐに買いに行こう! はるなつあきふゆ ぜんぶ詰め込むんだ この魔法のリュック キミに会いに行こう かげろのなか みどりのこだま 9月の風は魔法解くよ ボクは大人になった あったらいいのに 夏のイベントぜんぶ入り スペシャルパック! すぐに買いに行こう! はるなつあきふゆ ぜんぶ詰め込むんだ この魔法のリュック ボクに会いに行こう

Tachyon

歌手
やなぎなぎ

Tiered

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
真っ白なシフォンなびかせて 歩く君の背を目で追ってた 小さく頼りない手を引いて 秘密の場所まで連れてってくれた この距離は永遠だけど きっと誰よりも一番に 君のこと飾ってみせるよ ティアードに潜ませてる 微かな想い 見つからなくてもいい あの日のまま 記憶の中 鮮やかに綴じておけるなら 君が零してた感情が 今も点々と残っている この時間だけは独り占め 思い出になるまで ずっと独り占め 言葉には出さないけれど ひと針つなぐたび願う ああ どうか忘れないでって トレーンに引き摺られる 名残の恋 君を縫い留めてしまわない様に 道を覆い尽くせばいい あの日の夢ごと まるでタイムトリップ いつかのまま 白い裾が光に透けた もういっそ伝えてしまおうか 幼い憧れ 止め処ない焦がれを あどけないその笑顔が 消えない様に祈っているから あとほんの少し 時を止めて ティアードに潜ませてる 君への想い 見つからなくてもいい あの日のまま 記憶の中 鮮やかに綴じておけるなら

voke

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
ほらあの赤い花は梔子 野暮むくつけなし そんなお口にはご用心あれ 法螺をのべつまくなし打ち合い 声が嗄れるまで ぼやりとした瞬間に隙あり 本当は素直に呼びたいの けれどさみしい はぐれガラス croak croak おまけにもひとつ 可愛げないオオカミ少女 ふるりくちびるが震える どうかお名前をおしえて もう 練習だけで心臓がはちきれちゃうわ はらはらさせる予感 どきどきしてる時間 誰にも告げられないの この気持ち きらきらに磨かれた あの子の心のとなりに 立っていられるように なりたくて 変わりたくて 泣けてくるの ついつい余計な口出し 何もかも裏目だし そんな日々にいつかは幸あれ こらえた涙 一体どこへ消えてしまったの からりとした夕暮れに溶けたかなあ きっとすぐには変われない 焦る気持ちがざわめくよ voke voke どんな言葉がふさわしいかも分からない でもね 始めるの今から どんな今日だって吉日 もう 練習はおしまいにして進まなくちゃね ばくばくしてる胸と ちかちか揺れる視界 二度と出会えはしないの この気持ち きらきらに磨かれた あの子の心のとなりに 立っていられるように なりたいって思えたのが 嬉しいから さみしいよ はぐれガラス まだ素直になりきれはしないけど 知りたいの 知られたいの 隠してた想いを音にかえるよ はらはらさせる予感 どきどきしてる時間 いつか笑って打ち明けられるかな きらきらに磨かれた あの子の心のとなりに 立っていたいのずっと ねえ私とお友達になってくれる?

White Spell

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
ゲーム「Heaven Burns Red」劇中歌
歌い出し
(眩しさで) (もう見えない) 風が強くて胸が騒ぐ 鳥は季節を越えて飛んだ 星を目指しどこまでもゆく ぼくら旅人 鮮やかな景色が揺らぎ移ろう 海の青さえ別れを告げ その日が来たならぼくは 笑うか泣くかなどっちだ(そんな朝は) きみの跡を追いかけた 一緒に行けたらよかった もう見えない そろそろ風が冷たくなる 実りの季節なんてすぐ去る 咲き乱れる頃にもう一度 巡り会うため 息が白くなって指がかじかむ それでも前へもっと先へ 本当のこと伝えたら 怒るか泣くかなどっちだ(名を呼んでも) その隣にいたかった ひとりにしないで 孤独に返さないで きみの寝言は呪文だ (きみの寝言は呪文だ) いつか辿り着く時は 笑うか泣くかなどっちだ(そんな朝は) きみの跡を追いかけた 一緒に行けたらよかった(名を呼んでも) もうそろそろ冬支度をしよう 実りの季節なんてすぐ去る(そんな朝は) 風に消され 眩しさに閉ざされ さよならはそんな朝がいい(名を呼んでも) (もう見えない) (名を呼んでも) (もう見えない)

without a Branch

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
忘れてしまった世界に あるはずだった世界に 取り戻せない世界に 一人きりで残された思い出は きっと夢のお話で 壁で跳ねたこだまは この心 名前をつけるなら 永遠と 忘れてしまった世界を あるはずだった世界を 取り戻せない世界を 一人きりで残された思い出を ああ君が探してくれたから 綴ったこの足跡が また誰か迷い込む その背中を押す歌に変わる

zoon politikon

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
薄明かりに縫い留められてゆく雲の影 渡る鳥が光の紗幕運んでいる 放射状に 欲張りに伸びきり 地に落ちる姿はまるで花火の様 閉じ込められた記憶たち 飛び立つために今アクセスして どれだけ読み進めて 共鳴するため喉を嗄らしたって 巻き戻らない世界 0と1の枠を超えて飛び交う感情に戸惑いながら 僕は進む 高く巻いた気流の向こうには憧れと 理想的な未来の地図があるはずだと 選択とは誰かの慟哭と引き換えに 一つ先へと歩むことだ それでも足は止められない すべて覚えておくための鍵を手に 誰も道を標したりはしない いつだって僕は僕だけのアドミニストレータ 0と1の枠を超えて飛び交う感情は やがて心と繋がり合う 閉じ込められた記憶たち 続きはこの瞬間から始めよう 痛みの記憶も太陽に似た暖かな記憶も全て 記していくんだ いつか来たるべき未来に 僕の選んだ世界もきっと誰かが読み解くだろう 共鳴しても反発してもいい 流れ続く時間の中 取り零されそうな1頁だって そこに在った

アウトサイダー

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
放り出された箱庭で ままならない感傷が嵩む 「僅かでも違えば」 「選べたなら」 「それか、一秒早く歩けたら」 もしもの世界はナンセンス だけどいくつも生み出される 姿見の向こうが せめて想像通りであればいい なんて 自分を重ね続け どうにか高い景色見てた 不安定な足場 崩れてしまうのは時間の問題 分かっているけれど 今は 壊さないで私を 何度もみた未来が押し潰す もがく程 深く昏い水底 ひとすじの希望さえ届かない 永遠のアウトサイダー 孤独って共有できない 凭れ掛かるだけならパラサイト 患った憂いは スポンジみたいな心に染みて重い 自分だけしか理解出来ない それなら解るまで 向き合い続けて 傷つき続けて 折れかけた心をまた奮い立たせる だから 逃さないで私を 一度きりの未来へ落ちてゆく もがく程 可能性を残して 色とりどりにひかる糸が きっと受け止める 下を見る度足は震える あとは歩き出すだけ 孤独ではなく 一人で立ち上がる為に further in the future 落ちてゆける I will capture my hope どこまででも 一人歩く私は 一度きりの未来へ落ちてゆく 限りなく 深く眩ゆいそこへ 逃げ道に使われた過去のドアは もう塞いだ 永遠に further in the future 落ちてゆける I will capture my hope This is my future forecast No one can predict me

アクアテラリウム

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「凪のあすから」ED 1
歌い出し
温かい水に泳ぐデトリタス 長い時間をかけて糸を紡ぎながら繭になる 一体どれくらい目蓋を閉じていたんだろう 待っても待っても僕らずっとふたりきり ここは有限の水槽で 名前を呼べば泡になる 温かい水に泳ぐデトリタス 長い時間をかけて糸を紡ぎながら 穏やかに眠る君の外側で 全ての感情から守る繭になる 静かすぎたこの楽園で漂いながら 何一つ変わらないんだって気づいても 君の姿を見るだけで 僕の視界は透き通る 揺らぐ向こう側 届かないままに 近くて遠い砂の橋は碧く溶けた 穏やかに眠る君に寄り添って 波打つ月のかたち そっと見上げてる いつかひとりで目覚めた君の (いつかそう僕がいなくなる時に) はじめて瞳に映す景色が 美しいものだけで満たされる様に 捧ぐ子守唄 温かい水に泳ぐデトリタス 長い時間をかけて糸を紡ぎながら 穏やかに眠る君の外側で 全ての感情から守る繭になる

エメラロタイプ

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
深く深くで静かに語る 遠い明日への憧れ 空洞に響き渡る うまれたばかり 一輪の雫 いつか光に磨かれて星の色を映す 何も知らないまま 今は眠りに落ちていてね 目覚めの日まで エメラロタイプ 冷たい土に埋もれ どんな夢を見ているの 秘められた想い抱え 浮かべた灯標のように 小さな煌めき 一匙燃やして そっとそっと触れた 光の中枢 生きる意味全てあつめて ベールに包んだみたい 何も特別ではなくて 目立たなくても そこにあるだけでいい エメラロタイプ 柔らかな陽に巻かれ どんな夢を叶えるの 秘められた想いあふれ 燃やした命たよりに 行く手を探そう 光が跳ねて 内側照らす未来のかたち 削り出していく 光のこだま 閉じ込めた体は 何と呼ぶだろう エメラロタイプ 目覚めたての星の色 どんな夢も見られる 留められない想いは燃え続けて 遠い明日に焦がれる エメラロタイプ 誰も夢を見て 憧れを追う旅へと行く 秘められた想い抱え 浮かべた灯標のように 小さな煌めき宿して

オラリオン

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「終わりのセラフ 名古屋決戦編」ED
歌い出し
Αντιο, την προσευχημαs Αντιο, ο κοσμοs μαs 黎明に月は転げ落ちて 強かな煌きに隠される 環状に完結する想い 誰の心も繋げない 悠遠の祈り 信じていた秩序が嘘ならば 自分の心根すら潤飾して 奮いたてる炎を纏う 生み出しては破壊する箱庭 たとえ握る剣が諸刃でも 全て失うまで 抗えトリックスター 降り注ぐ宇宙の塵ひとつ 願い事密やかに呟いた 星散と声は地を濡らして 虹を作ることも出来ない 絶え間ない祈り 善と悪の狭間で揺れるなら 何もかもを守れる剣であれ バイタリティを燃やし尽くして 愚かな選択だったとしても たとえそれが罪人の証でも それ以上の熾烈で 贖えトリックスター per asprera ad astra 希望を オラリオン 運命ごと手を取り合う僕達は 見かけ上の今も超えていけるだろう 真昼の月が満ちていく空に 眩しい程紅炎は立ち昇り 盾の様に視界を覆う 交わるはずのなかった 想いの輪の鎖が 祈りを繋いでく 全て手にするまで 前へ(さきへ)トリックスター

カザキリ

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「NORN9 ノルン+ノネット」OP
歌い出し
守るかわり風切羽を折った bird in a cage 月は満ち欠け時間を落とす 羽の輪郭なぞる星彩 いつからこうして檻越しに触れてたのか 無垢な音でさえずる度に もっと頑丈な城に作り替えた 花から滴る毒 根の渇きを癒していく 籠に染み出す本能の飛沫 ねえ もしも君が天使じゃなくっても bird in the hand 温め続けていたいよ だから今はゆりかごで眠って 肌を伝って馴染む雨が 隅に詰まった泥を落とす 正しく流れる 生きている証の色 足元の泥濘を蹴り ちっぽけなこの枠から抜けだそう 風に預けた花は見えなくなって きっとどこか遠くで芽生える 檻を開け放ったなら 君もそこへ行くだろう 孤独の数だけある 鍵の扉開き続け あなたの肩で羽を休めたい ねえ もしも自由に飛べるとわかっても bird in your hand 傍で歌い続けてるよ だからその手のぬくもりを 私に触れて 教えて

キミミクリ

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
悪い子だあれ 悪いことしてクスリと笑う あの子は透明 ひっそり影から手招きしてる ぐるり囲んで正面探すの おともだちには大きく手を振って トンネルの中を叩いて抜けるの 悪い子だあれ 悪い言葉で人を惑わす あの子は鬼さん? 知らぬうちに忘れていた 秘密基地の褪せた土に いつかのさざめきが湧いた 壊れたラジオ 穴開きの傘 ふやけきった本 それから 悪い子だあれ ゆるしてほしいなんて言うのは 今更おそいよ 悪い子だあれ 自分ひとりであっちに行こうなんて そんなのズルいよ ねえ 悪い子だあれ 夜明けの前の嘘は嫌いよ わたしはだあれ

キャメルバックの街

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
まっすぐな道から スクランブル交差点 下を向いてたら迷子になった いつも同じ髪 左右ふたつ結び いま思い切って解いてみる 夢と流れて流れて 駆け出した先に待つ きらめく街の灯り 翻って急降下 足で空を蹴り飛ばしながら声をあげて ほら 魔法みたい 次はじゃあね 観覧車 メインディッシュはメリーゴーラウンド 年中無休のキャメルバックの街 あなたの両手と私の両手を 合わせてみるけど ちょっと違う 同じように見えて 全然別物らしい そんな人が集う賑やかさで ひとりの時間も慣れて 苦手だった料理も 少しだけ上手になった いつか今日を思い出す 恥ずかしくて火の粉が散りそうな 出来事さえもが 目映いほど 緩みのないスピードで 回転する垂直ループの日々の中は ああ 目がまわりそうだ 目がまわりそうだ 夢と流れて流れて 灯りの中で踊ってた あこがれと反抗の2色を濁らせたまま あの場所を離れれば 勝手に大人になるんだと思っていたけど まだまだみたい 翻って急降下 翻って急降下 足で空を蹴り飛ばしながら声をあげて また ふりだしまで 何度だって飛び乗って 遠く過ぎる懐かしい道に手を振るよ そんな キャメルバックの 私の住む街

クロスロード

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
こころを 隠してひとりで 膝かかえていたぼく きみがね いないこの街は なぐさめ ひとつもなく ぼくはね はじめから知っていた きみが呼んでる 遠いどこかで こころで声が いつでも叫んでる 「オ・ネ・ガ・イ...」 空を見るよ 気づいて! ひとりじゃないから 今 きみ ここに! 満ちてく予感 ぼくらはすぐに この街で出逢うよ きみはこの世界の はんぶん こぼれた さみしさと不安 見えない場所に埋めて 祈りと 願いだけあつめ ぼくはね ドアを開ける きみとね なんどもすれ違い ともに気づかず 夜に迷う おなじこころを きみへの目印に 「カ・ナ・ラ・ズ…」 たどりつくよ 信じて! 歩いてきた道 今 ほら すぐに! 明けてく夜空 ためらわないで こころは知っている きみはこの世界の はんぶん 信じて! 歩いてきた道 今 ほら すぐに! 明けてく夜空 ぼくらはここで 明日を祈ってる きみはこの世界の はんぶん 気づいて! ひとりじゃないから 今 きみ ここに! 満ちてく予感 ぼくらはすぐに この街で出逢うよ きみはこの世界の はんぶん

この惑星のBirthday Song

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
空は青く大地は緑だったんだよ 海にはいろんな魚が泳いでいたんだ 夜には星が瞬いてた 大きなお腹をさすってきみは 我が子にそんな話を聞かせた 夏には花火と言うええとなんていうか・・・ 蚊に刺されるのは今も同じだけれど 秋の紅葉は忘れられない 冬に降る雪はなにもかも染めて 別世界のよう 歩きにくいけど 「本当にこんな世界で生むのか」 何遍も僕はきみを諭した ひとりじゃ生きれないけど 家族だったら大丈夫 だからあなたも想像してみて 夜明けを この星の 生まれるその時は痛みが伴うもの だからあたしも生む すべてに祝福が 信じる 信じてる

ターミナル

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
terminal さいごに見る夢は 小さな鞄に収まりきる暮らしと 唯一あった宝物と旅に出た 当て所ないまま雲の様に流れ オアシスも無い味気ない道の上に terminal 遥かの蜃気楼 歩けど歩けど逆さま terminal 誰にも見つからないとこまで 逃げ切って ひとりで 叫ぶの 風が止んで 自分の鼓動だけが馬鹿みたいに鳴り響いて 煩いな 嵩んだディストレス もやくやの胸を切り離したら 真っ白に磨かなくちゃ terminal さよならは得意で 憂いも愁思も無いのよ terminal 誰にも見つからない 深くへ 深くへ 押しやって 重たい土くれ被せて隠すの 善いことしたって 天国には程遠いよ だけど探す位ならいいでしょう 小さな鞄の中はとうに空っぽで ズタボロの裏地だけ それでも捨てずに terminal 終わりを手にしても 歩いて 歩いて いきたいの terminal 誰かに見つかって 無器量で浅ましい真実を 暴かれ 晒され いきたいの さいごの駅には どうか 優しい光があふれていてほしい 誰にも見つからない 深い場所に埋めた 唯一持ってた宝物は

とある海賊王の気まぐれ

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
あたしは家族を失った土地を捨て ひとり海へ 一艘の舟を勝手に借りて漕ぎ出した 波が荒れ 死ぬかと思った 気が付けば海賊船の上で 義手をかざす海賊が 「あんな舟じゃ自殺行為だ 海も狂ってきてる なんなら陸まで送ろう」 嫌だ!あんな忌まわしい場所など二度と帰るもんか ここで働からせてくれませんでしょうか! 海賊船はどんな波にも負けない 揺るがない その厨房で食事係を任された 何人居るんだ? どれだけ作れば連中はお腹が膨れるのか 義手を愛でる海賊は海賊団の頭でみんなに慕われていた 海賊なんて名乗って格好だけつけてる優しい人 あたしもよく可愛がられた でも奴らは船を見つけると 容赦なく襲い始めたんだ 返り血浴びた奴らが食料抱え戻ってきた 仲間になれたと思ってたのに 泣きながら 操舵室に駆け込み舵取り船を走らせた 岩壁に向け 義手の冷たい手のひらがあたしの頬を叩いていた 「生きるための犠牲だ」 でもそれは不公平だ 弱い者いじめだと言うと 「じゃあこれでどうだ」と服を脱ぎ捨てた その体の半分はぼろぼろの鉄で出来てた 「俺も弱い者だ なあこれからはひとりでやってこうと思うんだが この様だ・・・連れが必要だ ちょうどいい おまえがついてきてくれないか」 ふたりを乗せた小さめの船がゆっくり沖へと進んでく 朝の光へと

どこにも行かない

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
何もかも終わりそうな 美しいアルペングロー どこかへ行きたくて いくつもの足跡を上書きしてみたけれど いつの間にか 砂石や雨に消えてしまった あちこちに落としてきた パンくずみたいな気持ちも 明日の朝に小鳥に全部食べられて 高い 高い 空の上 私 どこにも行かない ここでいい ここにいる 風に吹かれて 雨に浸され プライドのコートは解れてくけど むき出しの本能で あるがままの私はどこにも行かない だからきっと私はどこにも行かない

トコハナ

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「ブラック・ブレット [黒の銃弾]」ED
歌い出し
初めはいつだって 期待を止められない けれどやがて諦めを覚える 今を守る盾を薬莢に詰め込んで 円く壁を切り取った のぞけば 終わりが見返してた 硝煙弾雨に飛び込む君の 愛情には 表情のない仮面が貼りつく 報いることだけが君を動かすのなら 僕はどうしてここにいる 最後は唐突に 一瞬で奪われる 誰を責めても戻りはしないのに 連鎖は終わらずに それどころか増してく 自分自身を追い込む武装に気づかない ピエロの様だ 砕けた心を纏った君の 感情から微かな声 引き摺り出したい 本当は泣きたくて堪らないって言うなら ただ黙って抱きしめる この世で最高に綺麗なものはなんだか知ってる? 泥の中にいても決して汚れない花だって なぜだか僕は同じ名前背負って生まれて ここに居るんだ 激しい黒に包まれた君の哀情でも心傷でも 全部とりこんで それすら僕の糧にしてみせるさ like a lotus だからずっとそばにいて 全部とりこんで 淀みない白の花で包みこむよ like a lotus だからずっと笑ってて

パラレルエレベーター

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
次のフロア 扉が開けば 広がるはパラレルワールド going down? going up? what floor would you like? さあ どこに行きましょう 目覚ましを5回目で止めて 慌てて支度をする going right? going left? which way should I take? ああ どうしたらいいの 忙しなく時計を見る人に囲まれても 不思議の国に連れて行ってもらえるワケじゃない エレベーター 滑り込みセーフ にこやかな紳士が言う 「are you ready? next floor is wonderland!」 そんなチープな妄想 お気に入りの靴集め 部屋中に飾って それぞれに合う場所に いつか連れ出してあげる 次のチャイム 鳴ったら休憩 甘いチョコでも食べて relaxing chilling out give a sigh of relief 栄養補給の時間 帰り道は大幅に遠回りコースで 上手くいかない日にはそっと泣いたりしてみる 次の朝 目覚まし3回 ちょっとだけ早起きね going north? going south? I'll be a new girl! どこにだって行けるわ

ビードロ模様

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「あの夏で待ってる」ED
歌い出し
探していた 好きになる理由を もっともらしい言葉だとか 気づいたとき 糸は縺れ合って 固結びがひどくなってた 躊躇わないで言えたのなら 君はもう泣かないの 雲の形 突き抜ける想いの衝動描く 漂う真夏の香りに 何度も思い出してる 誰か触れた軌跡だけ 夕立のように ぽつりと色が染みだしていた レンズ越しに眺めてた世界は 他人事のように映り 失くしていた気持ちを知った時 僕らの時間 動き出した 秤にかける恋の質量 どうしたって釣り合わない 空の形焼き付ける 銀の向こうまで 日差しの眩しさ 温度も 残らず全部欲しい 誰か歩いた道にだけ 続いてく光 硝子に反射して降り注ぐ 答えを出したその先に どんな未来が続いても 好きだと言いたい 君に好きと言いたい 確かにあった あの夏を 幼い記憶を 閉じ込め 遠く 海へと飛ばそう

ふたりだけのArk

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
今や世界は呪われたように退廃し生き物たちは滅んでゆく ある日聞いた話 宇宙へ旅立つための大きな船を造っているらしい よくある与太話 誰も信じやしない でもきみはその船を探そうと言うんだ 昔から楽観的でよくぞまあ今日まで生きてこれたものだと感心する でも手がかりも何もない そう言うときみは 「一番遠い世界の果てにある」 根拠のない自信で答えてみせた 果ては一番上と北を目指した 必ず見つけだすときみは意気揚々と語った 夢にすがりたいだけの人の作り話なのに でもきみをひとりにしておけないからついていくだけだよ? わかってるかな ひとりで生きていくことも戦うこともぼくより不器用なきみだから いろいろ教えるよ 獣の狩り方や 安全な眠り方 そういう旅にしよう 予想以上に旅は厳しいものになった 世間知らずなきみにとってはなおさらだった でもふたりなら楽しいこともたくさんあった 毎晩きみが語る夢にも笑っちゃうんだ 世界の果ては遠く食料も尽きた 凍える厳寒の地 きみはまだ船があると信じて歩き出そうとした その足はもう前へ出ない 本当はぼくのほうがたくさんのことを学んだ旅だったかもしれない 夢を抱く無垢な心 わずかな希望でも信じる思い 折れない強さ 旅は続けるよ 世界の果てまで きみの信じた船を見つけてみせるよ ひとりでも

モノクローム・サイレントシティ

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
モノクローム サイレントシティ キミとの距離は未だ縮まらず また明日ね、と告げて 足早に去っていく one day 有り触れた日々に溶け込んだ ちょっとしたエラー 見過ごしてしまわぬよう all day 人よりも下を向いている 掠れた声でないているキミはだれ まるでここは モノクローム サイレントシティ キミとの距離はどっちつかずで 雨が心配な夜には そっと傘を置いていく 次の朝には傘だけが在って ため息ひとつ残さず君は旅に出た 湿った紙の箱と 薄っぺらな毛布の モノクローム サイレントシティ キミとの距離はこれで精一杯 もう明日は まっすぐ 家に帰らなくちゃ モノクローム サイレントシティ

ユキトキ

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」OP
歌い出し
陽の満ちるこの部屋 そっとトキを待つよ 気づけば俯瞰で眺めてる箱 同じ目線は無く いつしか心は白色不透明 雪に落ちた光も散る 雲からこぼれる冷たい雨 目を晴らすのは遠い春風だけ アザレアを咲かせて 暖かい庭まで 連れ出して 連れ出して なんて ね 幸せだけ描いたお伽話なんてない わかってる わかってる それでも ね そこへ行きたいの 難しい数式 誰も頼らず 解いて明かしてきた 当たり前だって思っていたから 何も疑わなかったけど 今 季節が終わろうとしても ついてくるのは自分の影ひとつ 凍りついた道を 花の雨で埋めて 迷わないようにちゃんと 教えて ね 奇跡だけで出来た完全結晶はない だからそう ひとつずつ ゆっくりと手をつないでいくの 胸に貼りついたガラス 融けて流れる 光あふれる世界 もうすぐ ひとりで守っていた小さなあの部屋は 少しだけ空いている場所があって ずっと知らなかったんだ ふたりでも いいんだって わからずに待っていたあの日はもう 雪解けと一緒に春にかわっていくよ 透明な水になって そうして ね アザレアを咲かすよ 長い冬の後に 何度でも 何度でも 陽の満ちるこの部屋の中で

ワンルームトラベル

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
狭い部屋の中 空を眺める君は どこか悲しげに呟いた 「この街の向こうにどんな世界があるのかな?」 あの日の僕は何も言えなくて ねえ、準備はいい? 忘れ物はない? 何もいらないけど さあ、目的地はあともう少しだ 目を開けてみて 視界を埋め尽くす大地 透明よりも澄んだ空気 どこまでも続く青空に手を伸ばして 六畳の部屋に描いた 色とりどりのこの景色の中へ 僕と旅に出よう どんな壮大な景色より 君がいるこの部屋が好きだから 手を伸ばせば壁に触れてしまうけど やがて色褪せてしまうけれど 風吹く草原も 切り立つ渓谷も 朽ち果てた遺跡さえも 今、二人の目の前に ねえ、窓の外は いつもと同じ 変わらない街並み でも、心の中 どこにでも行ける 目を閉じてみて 雲よりも高い世界樹 七色に光る湖 どこまでも続く海原に手を伸ばして 六畳の部屋に描いた 水彩色のこの景色は いつか消えてしまうけど 次の目的地はどっち? 君が望んだその景色を 何度も僕が描き出そう

一切は物語

歌手
南條愛乃feat.やなぎなぎ
関連作
アニメ「ベルセルク(2016)」ED 2
歌い出し
鮮明な赤の緞帳を引く 歓声の中 舞台へ上がる 全て予定調和の戯曲 狂いは無い 絵画の様に たった一字が欠けた時に結末は変わる 呆気無い程に それが 物語 夜に隠したambition greed 朝が来る前に放て 無邪気に散り降る羽 染まるべき色は白か黒か 知らない 知りたい 木霊するostinato 誰か聴いて 誰か応えて 仮初の日々はもう要らない 曖昧な空に境界を引く 木々が眠る 火点し頃に 風が攫う次のシナリオ 主役を探す 終演後も歓声は絶えず 鳴り止まないアンコール 命続く限りに 一世はゆるやかな螺旋状 悲劇?喜劇? さあ選んで ほんの一秒の瞬きで空合いが変わる 闇は星の海 それも物語 朝に生まれるcling to life dream 夜を翻し穿て 身を焼くスポットライト浴び 迎えるべきフィナーレは白か黒か 演って見せて 明日へ注ぐobbligato 過去は噤む 未来は騒ぐ 使い古された脚本は要らない 結わえられた運命の緖をひとすじ緩め 他糸を重ね取る それはまるで二重のらせんを描く様に この魂に炎を灯した 隠したambition 生まれるcling to life 幕を裂いて はじまるbel canto dawn 舞台踏み鳴らして高らかに謳えばいい いずれ来る終曲は 白と黒と朝と夜と 響き合うcapriccioso 誰もいない客席 独りお辞儀して それでお仕舞い bid farewell to me “さよなら” 炎を絶やして bid farewell to me “さよなら” 炎を灯して bid farewell to me “さよなら” 演じきるcycle of reincarnation bid farewell to me “さよなら” 深々とbow and scrape もうお仕舞い

三つ葉の結び目

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「凪のあすから」ED 2
歌い出し
無言の言葉であやとりして 上手に出来たと笑ってみる 得意なのは誰にも気付かれぬように 心押し殺すこと それひとつだけ でもとりまく綺麗なループは柔い力で 手繰り寄せてくれるから 鮮やかに結んで この気持ごと 離れないように固く固く ひと結び 人を結んで 期待の止まない先へ あすへ行こう 求めたものなど本当は無く 憧れることに憧れてた 気づいた時 歩いた道は塞がれ 蒔いた筈だった目印も見えない 北も南も見失って途方に暮れても 空で待っててくれるなら 今高くかざして 消えないあかり 迷わないように強く強く うなだれた月も照らして 確かな答えを示す みちしるべ これから旅に出ようか 頼りない船に揺られ 数えきれない嵐に糸を断たれ 体に雨が染み込んでも その度に何度も結んで この気持ごと 解けないようにずっとずっと ひと結び 人を結んで 期待の止まない先へ あすへ行こう 希望乗せて行こう

今日もデジは猫のふり

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
寝る前にカレンダーを塗りつぶすデジ 黒いフェルトペンでぐりぐり丸く ニャーと鳴いて寝てまた一日歳をとる ラララ 今日もデジは猫のふり 池のコイのようにパクパクしてるデジ 大気中の酸素をさがしてるみたい 視線に怒って僕のメガネ奪いとる ラララ いつもデジは猫のふり デジ 僕と一緒に旅にでよう おじいが残した宇宙船があるんだ デジ 君のひとみに星が宿ったね 僕らの第二章がはじまる 宇宙さすらう旅人は 僕とデジ デジと僕 ふわりふわり遊びながら 横にも縦にもいってみようよ 月海に魚の骨をうずめたり まぼろしの猫座をみつけにいったり 二人でいこう 観光旅行 僕らを待つ 果てしない場所 十年ぶりにふっとあらわれたデジ そのまま僕の部屋に住み着いてる 何をしてたの?どうしてもどったの? ラララ すでにデジは猫のふり 夜空見上げ月をつまもうとデジ 何を待ってるのかわからずも待つ ゆり椅子グーで押してゆらゆらさせている ラララ だってデジは猫のふり デジ 僕と一緒に旅にでよう 冬眠装置つきの宇宙船があるんだ デジ つむぐ言葉が懐かしいよ 旅の途中でいつか聞かせておくれ 宇宙さすらう旅人は 僕とデジ デジと僕 どうでもいいこと話しながら 僕らのミクロに思いをはせる 宇宙人の結婚式にしのびこもう 流れ星のジェットコースターに乗りこもう きっとあるよ 宇宙(ほし)のどこか デジが笑う はじめての場所 明日は早起きして出発だデジ 君がまどろむまで背中撫でよう 僕ら二人のささやかな宇宙 hum...

君という神話

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
アニメ「神様になった日」OP
歌い出し
きみと同じ世界を観る それはどうか 美しいか きみと同じ時を刻む それはどうか 許されるか 知らないままのほうが よかったことなんて山ほどあるけど 研ぎ澄ませ 祈り捧げ 命運を紐解け 新しいゲートが今音を立て開く それはきみへと続く道 眩しさに目覚めた朝は きみの足跡を追いかけた この世界が終わる日には あの旋律を口ずさんだ きみすら遠く遠く遠く遠く小さくなっていく まだ行かないで遠い遠い遠い果てで待っていて きみと同じ海を見たい それはどんな色だろうか きみのそばで笑ってたい それはどんな贅沢かな 人間なんて誰も醜いものだけどそれもいいところ 空を見て風を読んで 未来を切り開け 秘められたサーキットが知恵を呼び覚ます 光たちがここに集う 流れる星を見た夜は 震えるほど寂しさ知った 全能から眠る日には 昨日と同じ朝を願った 生まれてきたことさえ 不思議に思う今日だ 息をするのだって奇跡だ だから幸せ探そう ただきみと居られること それだけがこんなに愛しい ただそれだけ 眩しさに目覚めた朝は きみの足跡を追いかけた この世界が終わる日には あの旋律をまた聴かせて きみすら遠く遠く遠く遠く小さくなっていく まだ行かないで遠い遠い神話にならないで 鼓動が木霊する 何かが近づいて もうすぐ訪れる 運命分かつ日が どんどん遠くなる あの暑い季節が せめて消えないでと祈った

夏気球

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
ゲーム「Heaven Burns Red」ソング
歌い出し
日差しは容赦なく まぶた越しに届いた 政治もわからないのに 新聞を待つ朝 あの夏は彼方に 声は届くだろうか 消えないでほしいから ずっとずっとって言うよ 背中を小突くのは 母のかける掃除機 夢もわからないのに 作文を書く午後 あの夏が彼方に 二度と戻れないのに 行かないでほしいから ずっとずっとって言うよ もっとそばで見ててよ あれもこれも出来るんだ 活字苦手も直り 少女は大人になった あの夏は彼方に まだ遊び足りなくて 眠りたくないから 待って待って駄々こねてばかり あの夏よ彼方へ まだそこで待ってるなら ずっと消えないでほしいから 言うよ ずっと居てって あの夏は彼方に 古い作文のように

夜天幕

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
留まらず 休まらず 夢を売る 次の町次の街 エトランジェ 一枚の紙切れでご招待 皆様お誘い合わせ 火の輪くぐりと 奇想的なマジック 獣使いとライオンが踊る good time ドラマチックなサーカスナイト good bye 今夜のショーは御終い 灯りの消えたテント 寝息が切なく鳴る good night どうぞ良い夢を見てね 出会ったり別れたり 繰り返し 日がな一日 ファンタジー 同じ場所には もう戻れなくても 新天地求めて いざさらば ススメ 帰る場所は無いけれど いつも新しくいられる スポットライトの中では笑顔が飛び出す さあ 今日も幕が上がる good time ドラマチックなサーカスナイト good bye 今夜のショーは御終い 灯りの消えたテント 寝息が切なく鳴る good night どうぞ良い夢を見てね

宝物になった日

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
関連作
アニメ「神様になった日」挿入歌
歌い出し
その指先で確かめてみて 世界の形 その美しさ その目には今何が映っている 生きる希望に満ちてる? 僕らが目指した雲は遠すぎた それでも夢中で追った あの夏から零れる きらきらした思い出を ここから急いできみに届けに行くから ずっと隠れてないで 遊び疲れたらおいで ひとりは寂しい それは神様も同じ その鼻先で確かめてみて ひとの温もり その匂いまで いろんなことがあったけどつまり お願いどうか生きて 僕らが目指した夢は遠すぎた それでも辿り着けた

宝石の生まれるとき

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「宝石商リチャード氏の謎鑑定」OP
歌い出し
心にいつしか咲いた結晶 小さなジオードみたい 誰かを想うと育っていく このまま満ちれば 見つかってしまう だけど 嘘つきにはなりきれない 本当は一番に君に見つけてほしい 言葉以上に その美しさは 細やかな太陽の光のように 色めく日々を優しく湛えてくれる きっと宝石は こうして生まれてる 色めく時間を知る前には どうしてすごしたかな 自然に交わした遣り取りさえ あきれるくらいにぎこちなくて なんでもない風に ジョークにして その笑顔反射するルース 眺めていたい 生まれた石を空にこぼしたら 寒空に瞬いた一等星 夜を照らして 途端に世界を宝石箱に変えてしまった 閉じ込められていた光たちが騒いでいる 気づく前にはもう戻れない 君の胸にもいつか宝石が咲くかな 言葉以上に その美しさは 細やかな太陽の光のように 色めく日々を優しく湛えてくれる きっと宝石は 絶えずに生まれてる jewel in the crown

彼は誰星

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
夜を待ちきれない星たちが騒いでる まだ夕焼けのなか 呼んでる 遊ぼう ねえ ずっとさ 後追えば彼方に雲隠れる はにかみ屋 いついつ尻尾を掴めるかな 帰ろう ねえ 僕とさ でも何処へ? why oh why did you say goodbye きみを隠した夜を探せない why oh why did you say goodbye きみを隠した夜 why oh why didn't I find you きみを隠した夜を探したい 夜を待ちきれない星たちが騒いでた まだ夕焼けのなか 呼んでた

忘れない為に

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「ブラック・ブレット [黒の銃弾]」挿入歌
歌い出し
境界の向こうに落とした きっと 大切な何かを どんな言葉があるの 知り得るもの全部教えて どんな顔で笑うの こっそりこっちを見てよ ねえ 初めてくれた涙 私のココロ満たした 未来の約束 覚えてる 小指と小指を絡めてくれた あなたを待つよ いつまでも 胸懐の向こうに仕舞った ずっと 大切な記憶を あの森で遊ぼうよ その次はもっと遠くの街 明日また会えるかな それだけで幸せだよ ねえ 最後にくれた涙 私のココロ痛めた 未来の約束は消えたの? 時間が流れて 遥かな距離を漂うアリア 聴こえない ねえ 初めてくれた涙 私のココロ満たした 未来の約束 信じてる あなたの描いた線の上には命の続き 歩いているよ 裂けた空の継ぎめから 明日は何度も生まれている どこかにいるなら 笑っていてね 今度会えたら もう一度約束をしよう

恋文

歌手
やなぎなぎ

想像の君

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
身勝手に何度も 上塗りした色 最初の色はもう忘れてしまった 時々薄れて 滲みだしてると もっと強く隠さなきゃって だってそうじゃないと 君だと分からないから 想像通りの君に farewell 夢にすら ならない様な 夢を見ていたくせに 想像通りの君とwipe out 偽物のキスで目覚めるのが お似合いでしょ?

春擬き

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」OP
歌い出し
探しに行くんだ そこへ 空欄を埋め 完成した定理 正しい筈なのに ひらりひら からまわる 未来は歪で 僅かな亀裂から いくらでも縒れて 理想から逸れていくんだ ぬるま湯が すっと冷めていく音がしてた 道を変えるのなら 今なんだ こんなレプリカは いらない 本物と呼べるものだけでいい 探しに行くんだ そこへ 「でもそれは 良く出来たフェアリーテイルみたい。」 答えの消えた 空欄を見つめる 埋めた筈なのに どうしても 解らない 綺麗な花は大事に育てても 遠慮ない土足で 簡単に踏み躙られた 降り積もる白に 小さな芽 覆われてく 遠い遠い春は 雪の下 見えないものはどうしても 記憶から薄れてしまうんだ 探しに行く場所さえも 見失う僕たちは 気付かず芽を踏む 思い出を頼りに創ってた花はすぐ枯れた 足元には気づかずに 本物と呼べる場所を 探しに行くのは きっと 今なんだ こんなレプリカは いらない 本物と呼べるものだけでいい 探しに行くから 君を 「ありがとう 小さな芽 見つけてくれたこと。」 君はつぶやいた

時間は窓の向こう側

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「時間の支配者」ED
歌い出し
弛まずに脈打つ針音 夢現のコントラスト 俄に寝覚める 今日もまた1つ脳に刻む 自分らしさの由来 きっと忘れない だけどいつから この小鳥は正しい数だけ 鳴けなくなってしまったの 時は空回り 行き違う針が 君を遠ざける 叶わない明日へ 深い暗がりの支配の中で 君へ 闇雲に手を伸ばす それじゃタイムオーバー 脈々と流れる時間に 置き去られた心 ずっと探していた どうにもならない往日を 何度折り返せば見つかるだろう いずれ小鳥は窓を閉じて 暗がりに帰り 振り子が止まるまで待つの 口を塞がれたままに叫べば 誰も聞こえないノイズになるだけ 窓の外側で佇む君に 何も届かない 届かないとしても 時を逆廻すぜんまいばねが 声を囚えても 君へと向かえば やがて動き出す振り子の音が 君を気づかせる 支配の中でも 時を逆廻すぜんまいばねを 君は絡め取る 支配を奪って やがて寄り添った2つの針が 君と出逢わせる 刹那のエスケープみたい

未明の君と薄明の魔法

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「色づく世界の明日から」ED
歌い出し
坂道をのぼった先に待つ 特別な景色を 指で切りとった君 耳元を魔法が掠めて 色づく世界 私を残して 未来は零れ 零れて足元で滲む モノトーン溜まり 沈んでも 変わらぬ明日を抱きしめてしまえたら 君に少し近づく 坂道をのぼった先の あの 景色は変わり果て 別の誰かのもの 唇に魔法を宿して 言わずにいた 大切な秘密 音にのせれば 空気を震わせて 流星の様 強く光って見えた 灯した色は鮮やかに遠いけれど 透明ではないから 君の描いた ありのままの景色に 自分のかたちも 影さえも映らない それでもいい 変わらぬ明日の為に 君に何度も出会う ただ、私、知りたくて、 世界は染まる 染まって明日へと変わる 今 確かな魔法で 瞳の中を 朝焼けが満たしてる 未来はまだ ここから

未来ペンシル

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
がらんどうの空間に 3Dのペンシル 鮮やかな色を選んで 角砂糖みたいな立方世界を積んだ このまま 未来を描いて 描いた通りになれば 青天井まで届くかな? 嬉しくて 哀しくて ふるえた線 未来ペンシル 行き交じる 中身の無い型抜きの様なヒトと ボクの街 金色のオーロラ 海を走る列車 想像を超える世界 夢の浮き橋まで描き続けたなら いつか最果て 深宇宙 行けるのかな? 嬉しくて 哀しくて ふるえた線 未来ペンシル 消しゴムの角の先 小さくまとまるボクの楽園 いつも違う場所にひとり 置き去りのボクが見るこの景色は 色も数も限りがある それでもただ描いていたいよ 嬉しくて 哀しくて ふるえた線 未来ペンシル 全てに必要とされる 心地良いノイズの中で 今日も深呼吸をする 正しくて 嘘つきで 気まぐれな未来ペンシル 嬉しさと哀しさで ボクは描き続けていられるよ 限りの無い場所へ行こう ねえ未来ペンシル 次は何を描こう?

標火

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「最果てのパラディン」ED
歌い出し
とりとめのない言葉が溢れ 歪んだ視界の端 繰り返す鼓動が証明だ 今を生きるのなら 痛みさえ安らぎの魔法 ここから始まる世界は きっと君の願いだ ともしび高く振りかざして 迷える愛の行く先を照らすよ そうして生きた証は咏い継がれるさ 僕らの愛はともしびに帰る 躊躇いが道に変わるラビリンス 無数に枝分かれて 引き返すことも進むことも ままならない日々に そっと触れて 確かめ合う魔法 今から始める世界は きっと僕の願いだ 命の先に辿り着いた意味を探して 笑っていられるように そうして生きた証はまた 誰かの手で凛と鳴らして 果てに届くように 咏ってくれると信じてる 確かな答えがなくても 生まれたことが全て ここから始まる世界は 君と僕の願いだ ともしび高く振りかざして 迷える愛の行く先を照らすよ 君の生きた証は咏い継がれてる この手にそっと灯る優しさ 君の代わりに 愛をともしびに変える

深遠

歌手
やなぎなぎ

火吹き山の魔法使い

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
きみは魔法使いに憧れて古今東西から怪しげな書物を集めては読み漁る日々 ある日きみは会うなりこう言うんだ 「手に持ってるだけで魔法を使うことができる石があるらしい 是非探すのを手伝ってくれ」と 場所は活火山の深く そこで眠れる竜が守ってるとかなんてファンタジーな話だ 登山する支度して戦う準備もしてきみのヘルメット姿には笑いが止まんない なんて滑稽な冒険者一行だ 山道は険しすぎてそもそも荷物が多すぎる でも本当に竜がいるならこれぐらいは必要 どうして魔法なんて使いたいのかと訊くときみはそっぽを向いて 「この手である人を守りたい」 火口につき底に降り始めた 何かがごおと鳴いた まさか本当に竜が居るなんて! でも今は現実を見なきゃ死んじゃう! きみはたいまつかかげ こっちだと囮になる 巨大な生き物がきみを追い込んでいった ああどこに石はあるんだ? 見つけなきゃ! マグマの近くに光るものがあった 焼け付くような中 その石を手に取る 『竜よ燃えろ』そう強く念じた 奇跡が巻き起こった 竜は炎に包まれ足を踏み外しマグマに落ちた 口にはきみがくわえられてた 再び念じた 『きみよダイヤモンドになれ マグマにも熔けない』 いつか必ずきみを救い出す もっと魔法を極めて

無形のアウトライン

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「覇穹 封神演義」ED 2
歌い出し
霧が満ちる様に 刻々ときざむ 金色の時間 たった一人きり 輪郭を失って それでも手を離せず 君は泣くのか 先へ行くか 果たされない約束に取り籠められて いつまでも手を離せないのは私 孤独に吹き去る風よ 寂しさなど拾わず行け 無形の私忘れ 遥かなる未来まで 夜が終わる様に 白々と伸びる目も綾な姿 顔を背けたい 愛だけを研ぎ澄ましそこに立つ人 君の手に送られて 高くへ行こう 離れる指先の熱 惜しくはない この世界に 確かな形を持つ 君の為ならば惜しくない 指先緩めて そっと 押し出した体 今 解き放ったなら 吹き去る風よ 迷わず違わずに進め 無形の私忘れ 約束の向こうまで 孤独に吹き去る風よ 寂しさなど拾わず行け 無形の私忘れ 遥かなる未来の先へ

無敵のSoldier

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
無敵を誇った戦士があたしの前で倒れ 途端に観衆がわっと沸いてそれであたしが勝ったことに気づいた まさかこんな別れになるなんて 生業は悪党 じゃんっじゃんっ 喉をかけ 血しぶき ばっばっ 生きるならこれぐらい ちゃっちゃ やらなくちゃね♪ この袋金の音 じゃっじゃっ 俺に寄こせと兄貴が かっか 理不尽に殴られる がっがっ そんな最低の暮らしで行き場もない 前にあなたは現れた あなたはここいらでは無敵を誇るソルジャーで 目をつけられた賊はことごとく壊滅 兄貴がてめえら怯むなとか大声をあげ続けていた 目の前で血しぶき ばっば こともなげ なんなく しゃっしゃっ うろたえた兄貴は逃走 しようとしたけど 後ろから問答無用 死体からお宝を回収 そしてあたしに言うんだ 「怪我はないかい もう大丈夫 ひとりでもおうちに帰れるかい」 その日からあたしは弟子入りをしてついて流離った すべての技を盗んでまたひとりからやり直そうという計画だった 同じもの見て 長い時間過ごした あたしがあの時 悪党だったとばれたのは 長年染みついた手癖の悪さからだった 店主が鼻息荒く見せつける剣を盗もうとした 気づかれた これはやばい まずい 剣を抜き 振り返りざま 切りつけた 倒した 久々の感触 運の尽き あなたが見てた 覚悟した 兄貴のように 殺される問答無用 あなたはこう告げた 「この僕と決闘しろ 道は自分で切り開け」 歓声の中 倒れたあなたを見た 利き腕じゃなかった もっと違う形で出会えてたらよかったのかな

瞑目の彼方

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「ベルセルク(2016)」ED 1
歌い出し
傷の痛みは漸う(ようよう)と 夜明けに薄れ 目を覚ます 焦がれ続けた夢を吐き 現実を呑んで einherjar (エインヘリヤル) 眠れない 朝を待つプシュケー 寄り添う einherjar (エインヘリヤル) さよならを 知ることの出来ない 悲しみ 救いを 狂いを 光に溶かして 静かに 円かに 深奥の眠りを 遥かに揺らぐ夢の先 振り向く度に遠ざかる 願うことすら与えない 冷ややかな日々に einherjar (エインヘリヤル) 誰のため 灯火を絶えず 翳すの einherjar (エインヘリヤル) さよならを 知っているのなら 教えて 救いを 狂いを 光に溶かして 静かに 円かに 深奥の眠りを 微睡みには優しい声 空の彼方響き渡る 光の中開く瞼 夜は終わり 二度と来ない 再び誰かが求める朝まで

瞑目の彼方 English ver.

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
the pain is now eroding, bit by bit hazing into the dawn, it starts to awake the dreams I pined once before, I just let them go swallow the real, and hold my tongue einherjar sleepless nights passing waiting for a morning Psyche stay close, don't leave einherjar farewell to the air to a soul yet to be known the grief, it aches reaching your hand (loosing control) into the light (retrieve your mind) so silently (so tenderly) esoterically (lethargically) what lies beyond the dream is swaying far away every time I look back then, it's fading away no chance to wish or pray, it's slipping away what was once glacial nights and days einherjar calling out your name keep the burning light from stifling to whom, to where einherjar if you know the truth and the reason of your leaving tell me, tell me reaching your hand (loosing control) into the light (retrieve your mind) so silently (so tenderly) esoterically (lethargically) with your sweet voices, I drowse to a slumber deep echoing in the sky through the wind, wavering eyes open in the light, capture reality end of the night, never coming back forever Echoing wish, morning light, hope I can see you once again

砂糖玉の月

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」ED
歌い出し
小さなお別れの連続 いずれはあなたへ続いてる 分かっているから 出来るだけ歩みを緩めるけど あなたは寂しそうに待ってる 届かないから美しい まるで砂糖玉の月 遠くで転がせば甘やかに 近づけばざらりとした土塊 それならずっとここから見ていたい 見ていたいのに 交わした言の葉の数だけ あなたを覚えていられたら 薄らぐ心象は 巻き戻ることなく 煙のように霞んで 紛い物になってく 別れるための出会いなら 初めから偽物だって 何も違わないはずなのに またいつか出会えるように願ってる 土塊でもいいから触れたい 触りたい 綺麗なまま閉じ込めた瓶詰の砂糖玉 ひとつ齧るたびに ひとつ涙が落ちていく 届かないから美しい まるで砂糖玉の月 それでも近づいて 有りの儘そこにある冷たい月に触れた さよならまであなたを見ていたい 近くで見ていたいから

終わりの世界から

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
笑い合えるってすごく幸せなこと それをきみから教えてもらったんだよ 小さな時からなんでも知っていて きみの趣味 その理想に合わせようとした そんなきみがこっそり教えてくれた 好きな人 年上の綺麗な女性 追いつけない だから能力(ちから)使う 過去へとリープ そこでまたきみと出会いまた恋をするんだ ぼろぼろに泣いてきみは探していた 突然いなくなったあたしの面影を 早く帰ろ でも能力(ちから)は一方通行 未来には飛べなかった 遠くからきたってことを伝えたい でもそれは駄目だってどこかで気づいてた 年上のあたしを見て訊くの 「あなたに似た人を探してます 何か知りませんか」と ぼろぼろになってあの日を探していた ばらばらになったふたりをつなごうとした やめて あたし ここに居るよ だからどこにも行かないで また春が来てきみはここを発つと決めた 「もしあなたがあの人だったらよかったのに」と残し 恋をする 贅沢な感情 それを思い出した だから全力でその手を取る ぼろぼろになってきみにほんとを伝えた ばらばらになった時空に吸い込まれていく そして目覚めたらそこは一面灰色の世界 手に持ってたのは古びた一枚の写真 こんな色をしてた時代もあったんだ そこで無邪気に笑ってる きみに会いにここから旅(リープ)を始めた また笑えるかな あたしこの世界で きみの写真は置いたままで歩き出す

芽ぐみの雨

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」OP
歌い出し
流れ切った文字の後 ひとり 続きを待った みんな知ってる夢物語の 終幕を飾る決まり文句 「めでたし」なんてたった四つ文字で 全てをハッピーエンドにして ひとり、またひとり席を立つ エンドロールの先は いつまで経っても望んだ続きを写さない もしこの物語が終わるのなら 結末は雪じゃなく雨が降ればいい なぜって 顔を上げていられるから ずぶ濡れでも きっと誰かには芽ぐみの雨だった 退屈でも浮き立つ訳でもない 週間を変える君はダークヒーロー 誰も気がつかなければいいのに 一番望まない形になる どうして順序があるんだろう 何もかも大切なのに 捨てる順番を考えるのはなぜ? もしこの物語が終わるのなら 結末は起こり得る最高にしてよ なぜって 余地がない程笑えるの せめて最後の強がりくらい上手くしたい お願い 本当は全部 全部知ってるよ 完全なハッピーエンドなんてない それでも欲しかった 探してた もしこの物語がはじまるなら プロローグはツツジ色の花が咲けばいい なぜって 雨のあとは芽ぐむもの いつか枯れて思い出になっても忘れない 君を 流れ切った文字の後 隣り合う手を取った

透明の国

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
誰もが通りすぎた ここは透明の国 孤独が統べる国 私が統べる国 ふいにぶつかって 空を飛んだボタンを 探してくれる人はいない 屈み込む私 パタパタ 右から左へと 抜けていく無情な群は 光が強すぎた 目を強く閉じたら チカ チカ ここは真っ黒な国 無くしたボタンも 見えないなら探しようがない ここは真っ黒の国 国境を越えたなら そこは透明の国 孤独が統べる国

間遠い未来

歌手
やなぎなぎ
関連作
アニメ「覇穹 封神演義」ED 1
歌い出し
さめざめ散り惜しむ 君を象る夜雨 明ければ跡形もなく露と消えていく 繋いでいたつもりの手は 冷たい空気の中 温もりを絡げる風が 私のものなら いつか いつかの約束を 次の星が回るまで 君の記憶を抱いたまま 果たされないこの場所で ひとり留まる 遙かを重ねて 渇いた深層に 君の香り 密かに いずれは混じり気に隠されていくけれど 願うのはいつだって同じ 叶うのなら どうか 出来るだけ高くへ 風が運んでくれたら いつか いつかの約束が 今も私を呼ぶから 君の香りを忘れても やがて巡りくる風に 思い起こす 噎せ返るほどに 広がり続ける傷に心を手放したくなる 風が吹くたび繋がる 追憶だけが寄す処(よすが) いつか いつかの約束と 君の記憶に包まれて ひとり眠ろう 遥かを重ねて いつか いつか会えるのなら 次の約束が欲しい ひとり遥かを重ねても きっと生きていけるから 君とふたり 間遠い未来へ

雪の降らない星

歌手
麻枝准×やなぎなぎ
歌い出し
本当の最後なのにふたりはずっと笑ってた 部屋に入れた雪だるまが溶け始めていた 白い雪と白い息とはしゃぐきみを見つめていた 出会った頃そんな風景に満ちあふれてた また冬がやってきて 僕らはふたりで居て よりそいあい 傷つけあい 悲しみをもう知らずに生きていける気がした 永遠なんてありはしない それでもあると思えた ほらまた一年過ぎ変わらないふたりだけ こんなことがいつまでも続いていく そんな気がしてた 手袋が濡れることも気にせず雪を丸めてた 三回めの冬は僕も少しだけはしゃごう また冬がやってくる 雪はもうまばらで 必死にふたり かき集めた 悲しみをもう知らずに生きてゆける気がした すぐ泣く癖もわがままもかけがえなく感じていた ほらまた一年過ぎ変わらないふたりだけ こんなことがいつまでも続いていく そんな気がしてた 本当の最後なのにふたりはずっと笑ってた 部屋に入れた雪だるまは溶けきっていた

飛べない魔法使い

歌手
やなぎなぎ

鱗翅目標本

歌手
やなぎなぎ
歌い出し
夢を見る真綿の寝床 投影されるのはいつも 見知ったキネマトグラフ 癖のある髪を掠めて 知的な瞳を揶揄う様に飛ぶ 低い空を のたりと まだら模様 広がる染み アルコールなんかじゃ上澄みしか流せないね 残された不純な感傷 ありふれた恋ならいいのにな 多情多感な私たちの 嘘みたいなシノプシス 肺の奥に仕舞うため息 色の名前さえも通じ合えない 冷たく重たいガラスケースに 綺麗なピンで突き刺して それはきっと誰よりも いちばん近い場所 鱗粉もいずれ散るなら いちばん良い姿で ああ いっそ ありふれた恋ならいいのにな 多情多感な私たちの 噛みたいなシノプシス
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

やなぎなぎの歌詞一覧リスト