ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY 歌詞

『*Luna×音はつき - ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY』収録の『ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY』ジャケット
歌手:

*Luna×音はつき

タイアップ: プロジェクト「夏の夜明けを待つ僕ら」ソング
発売日: 2022.08.24
作詞: *Luna・音はつき
作曲: *Luna
編曲: *Luna
関連歌手: *Luna あげいん NORISTRY
動画:

動画を見る

「夕方になると、海を眺めに来るのが日課になっていた」


「あれ…?先輩!?」
「え…桜井?」


何をするために生まれたのか? 何になるために生きていくのか?
わからないままじゃ嫌だから ひとつひとつ確かめていこうって


思いついたことを転々と 与えられたことは淡々と
もう十分って思ったらバイバイして また次のコネクションを辿って


その奥には沢山の意味も 僕らが知らない理由もあるのに
目に見えるものが全てだって 決めつけてしまったら
気づけば息苦しくなっていないかな?


その奥には様々な人と 僕らの知らない世界があるから
あれしかないとか これしかないとかって
決めつけないでいれたら 何にだってなれるんだ


「いやぁ~、まさかこんなところで先輩と再会できるなんて思ってもみませんでした!」
「なんか、ごめん」
「何がですか?」
「まぁほら…色々」
「まぁ、先輩の人生だし、いいんじゃないですか?」
「…そうかもな」


”根無し草だ” ”コネだ” ”使えない”と 悪い噂はどこからか聞いていた
根拠のない誹謗が溢れてる 皆同じ仲間なんじゃないの?


誰かに助けてもらうのではなく 自己犠牲が美しいと教わった
別に僕がここにいなくたって 何事もなく回っていくのに?


調子いいヤツだって思っていた / 優しい人だって思っていた
けど羨ましいとも思っていた / けど真面目すぎるとも思っていた
逃げ出した僕を嘲笑っている? / 新しい道を歩いている
そんなふうに勝手に思っていた / そんなふうに勝手に思っていた


「えぇ…ひどくないですか?」
「ごめんごめん」


その奥には沢山の道と 僕らが知らない正解があるのに
これが一つだけの最善だって 決めつけてしまってた
でも気づけなかったんだ そう


あのときは 狭い世界でただ
もがくことに 精一杯だったから


これは長い長い旅
回り道の向こうに隠れている 出会いとか
それが大事だと思うんだ


いつも高い高い場所
ばかり目指して 見逃してしまう
矢印は 前や上だけ指しているわけじゃない


片手に収まるくらいの / あの毎日に今やっと火が灯って
真面目さを持っていればいいんじゃない? / 何故なのか大切に思えてきて
飛び込んで ぶつかってみなきゃわからないと / 僕は無意味な日々を過ごしていたんじゃない
思うんだ / って思えたんだ


そう思えたんだ


「次はなにするの?」
「サッカーが俺を呼んでるんスよねぇ!いや、テレビ局…かな…?」
「桜井なら何にでもなれそうだな」


「僕はこれから何をしようかな」


この先には沢山の未知と 僕らが知らない困難もあるけど
挫けそうな時に思い出せる あの日々があるなら
もう一度歩き出せる気がする

リンクをコピー

動画:

動画を見る

歌手: *Luna×音はつき
タイアップ: 夏の夜明けを待つ僕ら
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • *Luna×音はつき ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY 歌詞

*Luna×音はつき『ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY』の Official Music Video

×

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

*Luna×音はつき ジョブホッパー feat. あげいん, NORISTRY 歌詞