浮花 歌詞 須田景凪


Fuka Lyrics
浮花 歌詞
歌手:須田景凪

ねえ あなたの今日はどんな日でしたか 僕は平々凡々な変わらぬ日々を過ごしています ねえ あなたの声や仕草、その全ては 僕のしがない嘆きも簡単に食い潰すのだ

きっと明日もさ 会いたくて仕方なくて 綻びの隙間にあなたを探すだろう

じゃあね 胡乱な愛情 世界が終わる頃に ふたりが笑っていますように

ねえ この夕焼けをあなたに見せたいな 僕は精々爛々を瞼の裏に隠しています ねえ あなたのように無邪気に笑うのは どうも気恥ずかしいからこうやって目を伏せるのだ

きっと明日もさ ひとつだって進めなくて 鏡に手を伸ばし自らを呪うだろう

じゃあね 望んだ偶像 未来が霞む頃に ふたりが並んでいますように

きっとこれからも 簡単に笑えなくて 麗らかな空にこの手を伸ばすだろう

じゃあね 胡乱な愛情 世界が終わる頃に ふたりが笑っていますように

発売日:2019.01.16
作詞:須田景凪
作曲:須田景凪
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense