パメラ 歌詞

『須田景凪 - パメラ』収録の『Ghost Pop』ジャケット
歌手:

須田景凪

発売日: 2023.05.24
作詞: 須田景凪
作曲: 須田景凪
編曲: 須田景凪

長い夜は貴方の事ばかり考えて時を過ごす
近づいた夏の気配
茹だるその声で触れて欲しい


眩暈がする
その仕草も言葉選びすら理解出来ず
瞬きのような毎日が無常にも過ぎていく


熱を持つ呼吸
割れた花瓶
いずれ全て何気なくなっていく
雲隠れする水色
言葉で片付くものなんて
一つも要らないと思う


だんだん独りが染み付いて
寂しさの感度も忘れていく
最低な夜は切り裂いて
この夢が覚める前に


覚えのある愛の言葉
偽物な貴方によく似合う
黄昏が街を包む
風穴の空いた心だ


有り余る理想
欠けた虚像
いずれ全て何気なくなっていく
うつつは未だ灰色
言葉で片付くものなんて
一つも要らないと思う


がんがん鼓膜をつんざいた
迷えるあの雷火も鳴いている
最低な夜は出し抜いて
遠い朝へ逃げる為に


だんだん独りが染み付いて
寂しさの感度も忘れていく
最低な夜は切り裂いて
その手を差し伸べておくれ


だんだん独りが染み付いて
寂しさの感度も忘れていく
最低な夜は切り裂いて
この夢が覚める前に
この歌が終わる前に

リンクをコピー

歌手: 須田景凪
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 須田景凪 パメラ 歌詞

VIDEO

須田景凪『パメラ』の動画

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

須田景凪 パメラ 歌詞