HoneyComeBear 糸電話 歌詞

いとでんわ

糸電話

HoneyComeBear

『HoneyComeBear - 糸電話』収録の『HappyEND』ジャケット
発売:
2021.08.11
作詞:
Kaako
作曲:
Monkey・Kaako

星が見下ろす
君を思い浮かべて
携帯眺めてる


夜半が伸びてく
部屋をくぐり抜けて
侵食するようだ


電話をかけたらきっと
起きるだろうか
迷う指と重なる
着信の音


君の声色
耳をくすぐる
ねじれた思いを
癒やしてく


僕らを
昨日に
置き去りのまま
町は眠った


夜風を
結んで
糸を繋げる
闇が逃げるまで


明日が怖くなるのは
君がいるから
理由が探せないのは
君がいないから


枕にうずめた
懐い出が
君との夢路に
変わってく


優しい
沈黙を
小さい寝息を
糸が伝える


逢えない
夜さえ
君のすべてを
手離せずにいる


DETAILS

HoneyComeBear『糸電話』の詳細

曲名: 糸電話
よみ: いとでんわ
歌手: HoneyComeBear
作詞: Kaako
作曲: Monkey・Kaako
発売日: 2021.08.11
ステータス:

※歌詞のご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ