とうかのはな

十夏の花 歌詞HoneyComeBear

『HoneyComeBear - 十夏の花』収録の『HappyEND』ジャケット
  • 発売:
    2021.08.11
  • 作詞:
    Kaako
  • 作曲:
    Monkey・Kaako
シェア:

HoneyComeBear「十夏の花」歌詞

遠い祭囃子を
風がここまで運んだ
ふわり 揺れる髪と浴衣の袖
君は夏そのものだ


そんな笑顔に負けては
僕は必死に隠した
いつも通りの君が嬉しいから
きっと
平気でいられる


だけど 寂しいと
それだけは言えないから
涙のせい
花火 滲まないように
僕らの夜空に 明日を
見ていた


ふたり 秘密の場所が
今も変わらないままだから
ずっと続いてく そんな気がして
怠けた 伝えることを


部屋の隅に残した
掃ききれなかった後悔も
綺麗な懐い出だと許せるように
きっと
僕は強くなるから


狭い小道 空蝉の歌
十の夏が 花火と消える
嫌だよ 嫌だよ
あと少しだけ
まだだ、まだだ、
まだだ


ぷかり笑うのが
君のまあるい瞳が
潤む声が
全て 愛おしいこと
たった それだけ
それだけ


だけど 寂しいよ
思わず言葉こぼした
君はくれた 最期まで幸せを
僕は夜空に 明日を
見ていた


見ててよ


見ててよ


『HoneyComeBear - 十夏の花 歌詞』収録の『HappyEND』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.08.11
  • 曲名:
    十夏の花
  • 読み:
    とうかのはな
  • 歌手:
    HoneyComeBear (ハニカムベアー)
  • 作詞:
    Kaako
  • 作曲:
    Monkey・Kaako
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

HoneyComeBear 『十夏の花』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ