FOMARE libido 歌詞

  • 発売:
    2018.12.05
  • 作詞:
    -
  • 作曲:
    -
シェア:

FOMARE「libido」歌詞

時々あるようで でもないような
この距離感が近く近く近くなり合う度に
悲しく寂しく 時々激しくなるのはなぜなんだろう


運命に触れ合ってた頃を再生しよう
ボタンが壊れて押せなくなるまで
気持ちの整理がつかなくなるまで
嘘な予感怖いけれど
忘れかけている話の続きは
依存性のある幸せみたいだ


自分の思いや言葉をうまく伝えられない
誰にでも言えるような言葉じゃ嫌
自分の生きたい場所にずっとあなたがいない
ぎゅっと掴み合っていた時間はあなたにしか分からないんでしょう


去年の冬の記憶のかけらが突き刺さる
笑って ねぇ、笑ってって 声と顔が浮かぶよ
寄り添い合って夢を見たい 私と僕の本能です


去年の冬の記憶のかけらが突き刺さる
笑って ねぇ、笑ってって 声と顔が浮かぶよ
寄り添い合って夢を見たい 私と僕の本能です


去年の冬の記憶のかけらが突き刺さる
すれ違う中で綺麗な君が生きていた
このまま死んでもいいくらい美しかった人生だ
美しかった人生だ


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.12.05
  • 曲名:
    libido
  • 読み:
    リビド
  • 歌手:
    FOMARE
  • 作詞:
    -
  • 作曲:
    -
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

FOMARE 『libido』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ