ASIAN KUNG-FU GENERATION「エンパシー」歌詞

何もない街の静けさ
何もない手の頼りなさ
それでも ただ身体ひとつ
ふたつ目には まだ夢の残骸よ


音のしない部屋の気まずさ
君のいない日々の味気なさ
それでもまた
身体ひとつで立つ
目の前に広がる現在を


ときに激しい雨に打たれても
夜にひとり抱えた言葉でも
きっと憐れみも悲しみも
煎じ詰めればエンパシーで
僕らの魂の在処かも
ほら


もう目が覚めた
ドアを蹴飛ばして
朝焼けの空を駆け抜けた
今、君の吐息が弾む音
夜明けの街路が露を纏うこと


ヨレたフォームで日々を進み
アスファルトの海を乗り越えた
その果てに自由が見えるでしょう
向こうでは世界が叫んでいるぜ
いつでも


生まれた場所に基づく風景を
虹彩や皮膚に紐づけた運命を
打ち消して
ただ認め合うような将来を夢見て
夢見て


ときに厳しい風に吹かれても
君がひとりこぼした涙でも
きっと憐れみも悲しみも
煎じ詰めればエンパシーで
僕らの魂の在処かも
ほら


もう目が覚めた
ドアを蹴飛ばして
朝焼けの空を駆け抜けた
今、君の吐息が弾む音
夜明けの街路が露を纏うこと


ヨレたフォームで日々を進み
アスファルトの海を乗り越えた
その果てに自由が見えるでしょう
向こうでは世界が叫んでいるぜ
いつでも
君の名前を


何もない街の静けさ
何もない手の頼りなさ
それでも ただ身体ひとつ
ふたつ目には まだ夢の残骸よ


『ASIAN KUNG-FU GENERATION - エンパシー 歌詞』収録の『エンパシー』ジャケット
シェアしよう!

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『エンパシー』の MV / PV

「エンパシー」のリリース情報

8月6日公開の映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」の主題歌をASIAN KUNG-FU GENERATIONが担当することが発表された。


この映画は堀越耕平によるマンガをもとにしたアニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版第3弾。“個性”社会の崩壊を目論む謎のテロ組織・ヒューマライズが仕掛けた爆弾により、世界中がパニックに陥る危機的状況下で、仲間を信じて奮闘するヒーローたちの姿が描かれる。


主題歌はアジカンがこの映画のために書き下ろした「エンパシー」。物語の世界観に沿った疾走感あふれる熱いナンバーとなっており、本日公開の最新予告映像で一部音源を聴くことができる。


「後藤正文」コメント

「みんなちがってみんないい」みたいな言葉はとても美しいけれど、自分の個性についての悩みは尽きないですよね。
デクたちの成長を見ると、ヒーローたちにもそれぞれの悩みがあるんだなって思います。ヴィランとだけじゃなくて、それぞれ自分と戦っている。
そんな彼らの姿に勇気をもらいながら、主題歌を書きました。素敵な映画に参加できて光栄です。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ