『宮川愛李 - アマイロ』収録の『Sissy Sky』ジャケット

アマイロ 歌詞 宮川愛李


Airi Miyakawa - Amairo Lyrics
アマイロ 歌詞
歌手:宮川愛李

どれ位の時が 流れ過ぎていったんだ 今もここで 瞳とじれば 深く蒼い空に 雲が伸びてく 君がふいに 振り返り笑う

どんなに張り詰めていても ふたりで過ごしたあの日の風 心を揺らしてく AhOh AhOh ああ やっと巡り会った 君という未来

僕の涙拭う手が 震えてたんだ 君も泣いていたんだろう? さよならのあとに見上げた アマイロが 忘れられない

雨色の心を 零れ落ちた涙さえ 高い空へ 舞い戻って行く 晴れ渡った空に 顔を背ける 僕だけまだ 置き去りのままだ

孤独を分かち合った夜 繋いだ手のひらの温もりと 君に恋してた AhOh AhOh もう きっと届かない 僕の歌う声

もしも君を最後まで 追いかけてたら 何が変わっていたんだろう 残された 痛みさえも 大切で 手を離せない

届いてよ 届いてよ 今ならちゃんと 言えるから もう 戻らないことも わかってる わかってる わかるけど

僕の涙拭う手が 震えてたんだ 君も泣いていたんだろう? さよならのあとに見上げた アマイロが 忘れられない

空はあの日のように 心とは裏返しに 遠くまで 透き通る青

発売日:2019.11.06
作詞:aireen
作曲:Kazuma Nagasawa
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE