一人暮らしの歌詞 ひとりぐらし aiko

『aiko - 一人暮らし』収録の『どうしたって伝えられないから』ジャケット
  • 作詞:
    AIKO
  • 作曲:
    AIKO

ステータス:

公式 フル

aiko「一人暮らし」歌詞

眠たくないから起きてます
そしてそのままクマ重ねて
思い出並べて畳んでも
どうしようもないもんね


こんな小さな靴下なのに必ず見つかる洗濯カゴ
面倒臭い日々の続きを干すのが今日で最後になるなんて嫌だな


こんがらがった
あなたのロンTあたしの体と固結び
解くのも強く結ぶのも許せない夜


いつの間に寝たんだろう
束の間の夢 遠く儚い夢


部屋の角いつもの景色に
息を吐いたり怖くなったり
優しいままいなくなるなんて最低だよ
明日はマシな素面でいたい


約束なんてしなくてもかまわない
どこかで狂った片結び
あたしが勝手にひとりでくらった朝


煙草臭いな 早く洗わないとな
消してとりあえず終わろう
つっかえたまま流せど落ちぬ
胸がいっぱいだわ


あなたのロンTあたしの体と固結び
解くのも強く結ぶのも許せない夜


『aiko - 一人暮らし 歌詞』収録の『どうしたって伝えられないから』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.03.03
  • 曲名:
    一人暮らし
  • 読み:
    ひとりぐらし
  • 歌手:
    aiko
  • 作詞:
    AIKO
  • 作曲:
    AIKO
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE