『aikoだから』収録の『』ジャケット 公式 フル

だから 歌詞

歌手
aiko

古いビルの壁に染み込んだ雨のように
もう心の色も元に戻らないよ
何度も塗った空に ひとつだけ雲が落ちた
それはあなたが泣いて作った空


全部吐き出して涙も鼻水も
少し眠ればいい 起きていてもいいよ
あたしはあなたになれない
だからずっと楽しいんだよ
苦しくてもどんなに悲しくても


一緒にいれば何が見えてくるの
あなただけに話すから


痛みを分けあえるメーターがあったら
目を見る事を忘れ目盛り見て
それはそれでうまくいかないさ
だからあなたの肌を触らせてよ
わからないから触らせてよ


まんまるな日に心細くいびつな紐
わざと巻いてしまう ふざけた二人の指
簡単な事で捻れて氷は溶け時が過ぎて
上と下濃さの違うジュース


いつでも思い出せる過去があるの
あなたも持っている記憶


二人も一人も同じなんだと
思える日もあれば 孤独な日もあって
わがままにこれからも生きていこう
だらしないねと笑っていたいの
わからないからそばにいたいの


いつかまた 声を上げて泣く日が来たら
きっとあたしもあなたの目の奥を見て
これ以上ない声で泣くの


痛みを分けあえるメーターがあったら
目を見る事を忘れ目盛り見て
それはそれでうまくいかないさ
だからあなたの肌を触らせてよ
わからないから触らせてよ


『aikoだから』収録の『』ジャケット
歌手: aiko
発売日: 2018.06.06
作詞: AIKO
作曲: AIKO
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE