『YURiKA時を刻む唄』収録の『ただいま。 ~YURiKA Anison COVER~』ジャケット 公式 フル

時を刻む唄 歌詞

歌手
YURiKA

落ちていく砂時計ばかり見てるよ
さかさまにすればほらまた始まるよ
刻んだだけ進む時間に
いつか僕も入れるかな


きみだけが過ぎ去った坂の途中は
あたたかな日だまりがいくつもできてた
僕ひとりがここで優しい
温かさを思い返してる


きみだけをきみだけを
好きでいたよ
風で目が滲んで
遠くなるよ


いつまでも 覚えてる
なにもかも変わっても
ひとつだけ ひとつだけ
ありふれたものだけど
見せてやる 輝きに満ちたそのひとつだけ
いつまでもいつまでも守ってゆく


肌寒い日が続くもう春なのに
目覚まし時計より早く起きた朝
三人分の朝ご飯を作るきみが
そこに立っている


きみだけがきみだけが
そばにいないよ
昨日まですぐそばで僕をみてたよ


きみだけをきみだけを
好きでいたよ
きみだけときみだけと
歌う唄だよ
僕たちの僕たちの
刻んだ時だよ
片方だけ続くなんて
僕はいやだよ


いつまでも 覚えてる
この町が変わっても
どれだけの悲しみと出会うことになっても
見せてやる 本当は強かったときのこと
さあいくよ 歩き出す 坂の道を


『YURiKA時を刻む唄』収録の『ただいま。 ~YURiKA Anison COVER~』ジャケット
歌手: YURiKA
発売日: 2019.05.15
作詞: 麻枝准
作曲: 麻枝准
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE