よみ:
きょうめんのなみ

鏡面の波 歌詞YURiKA

アニメ「宝石の国」OP

発売:
2017.12.06
作詞:
照井順政
作曲:
照井順政

YURiKA「鏡面の波」歌詞

眠りの手 閉じ込められていた熱が
水際に漂った その色


行き先を忘れて日々に溶けた無数の粒が
夜露 受け止める器 欠けたひとかけら探してる


夕立ちが名付けられた世界を剥がしたとき
それは波の様に指の隙間をすり抜けて 消えて


形を変え繰り返す夢だけが
わたしをつないでいる


夜の中を彷徨っている
移ろう季節の忘れ物
誰かを思う言葉は
誰かの想いに気付けないまま


透き通る 鏡の様に凪ぐ水面の
完璧な均衡 永遠の半ば 突き刺す雫
揺らめく


夜の中を彷徨っている
移ろう季節 忘れ物
夜の中を彷徨っている
かけた一つを探してる


舞い上がる風がわたしの声を攫ったとき
少しでも 迷わない様に 歌に変えていく


夕立ちが名付けられた世界を剥がしたとき
それは波の様に指の隙間をすり抜けて 消えてしまう


YURiKA『鏡面の波』の 詳細

シェアしよう!
発売日:
2017.12.06
曲名:
鏡面の波
よみ:
きょうめんのなみ
歌手:
YURiKA
関連作:
宝石の国
作詞:
照井順政
作曲:
照井順政
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

YURiKA『鏡面の波』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

YURiKA 鏡面の波 歌詞 (宝石の国 OP)