Milk 歌詞WANIMA

『WANIMA - Milk』収録の『Milk』ジャケット
  • 作詞:
    KENTA
  • 作曲:
    KENTA
シェア:

ステータス:

公式 フル

WANIMA「Milk」歌詞

あたりまえで あたりまえで
なくなって気付いたんだ
名前つけて 記念日だって
窓をあけて消えたうた


忘れたかな
トゲだらけの道を手探りで歩いたこと
暗い中を寄り添い進み
出口なんてわからずさまよったね


たりないまま たりないまま
このままって気付いたんだ
日が変わって 誕生日だって
火をつけて歌ったうた


忘れたかな
プレゼントに見慣れた線で描いた似顔絵を
暗い部屋をあたたかくつつむ
笑う顔 いつもどおり シワよせて


坂をくだる
サビだらけのおさがり自転車うしろ乗せて
暗い中をブレーキ握り
行き先も決めずにただよったね


小さなコップについだミルクが溢れて
どこにでもあるような もうここにないもんな


忘れたなら 思い出せる
心配はもういらないよ
確かなこと ただ一つだけ 今すぐ抱きしめたいよ


忘れたかな
トゲだらけの道を手探りで歩いたこと
暗い中を寄り添い進み
出口なんてわからずさまよったね


忘れたかな
プレゼントに見慣れた線で描いた似顔絵を
暗い部屋をあたたかくつつむ
笑う顔 いつもどおり シワよせて


忘れたかな
空っぽの瓶に 今年も咲いた好きなあの花を
過ぎた日々を鮮やかにつつむ
枯れないでいつの日もあのままで


空をのぼる
ミルクの匂い 白い記憶をしぼる


ミルクが溢れかわいて跡になった


『WANIMA - Milk 歌詞』収録の『Milk』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.06.15
  • 曲名:
    Milk
  • 歌手:
    WANIMA
  • 作詞:
    KENTA
  • 作曲:
    KENTA
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE