まぶた 歌詞Vaundy

『Vaundy - まぶた』収録の『まぶた』ジャケット
発売:
2023.01.10
作詞:
Vaundy
作曲:
Vaundy
編曲:
Vaundy

Vaundy「まぶた」歌詞

あなたが今も
口をはにかみ、涙流すから
放つ言葉も
血が滲んでる


きっと
日々の蟠りが香るにおいで
つーんと
刺すような悲しみが瞳を刺してる


もしも
その手取れど悲しみが消えぬなら
忘れて


瞼が疲れるほど
僕ら
目を閉じあうことで
少しずつわかるようになるかもね
背を向け合うほどね
確かめ合い
生きてる


あなたが今も
苦しそうに、爪を噛むから
放つ言葉は
まきつき根を張った


それは
針の先に指先が触れるような
つーんと
刺すような寂しさが瞳を刺してる


もしも
濡れているせいで霜が着き始めたら。
流して


瞼が疲れるほど
僕ら
目を閉じあうことで
少しずつわかるようになるかもね
背を向け合うほどね
確かめ合い
生きてる


もしも
枯れ果てたせいで香りだし痛むなら


思い出して


瞼が疲れるまで
僕ら
目を閉じあうことで
少しずつわかるようになるかもね
背を向け合うほどね
確かめ合い
生きてる
僕ら
目を閉じあうことで
背伸びせずに疲れないで済むかもね
背で受け合う先で
見つめ合い


生きられる


Vaundy『まぶた』の 詳細

『Vaundy - まぶた』収録の『まぶた』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2023.01.10
購入:
曲名:
まぶた
歌手:
Vaundy (バウンディ)
関連作:
女神の教室 ~リーガル青春白書~
作詞:
Vaundy
作曲:
Vaundy
編曲:
Vaundy
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Vaundy『まぶた』の Official Music Video

Vaundy『まぶた』の MV Teaser

Vaundy『まぶた』の Topic Video

「まぶた」のリリース情報

Vaundyの新曲「まぶた」が1月9日21:00にスタートするフジテレビ系ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」の主題歌に決定した。


「女神の教室~リーガル青春白書~」は通称ロースクールと呼ばれる法科大学院を舞台に、北川景子演じる裁判官で実務家教員の主人公・柊木雫と学生たちのリアルな日常と、自身の価値観をぶつけ合いながら法曹界のあり方を問い成長する姿を描いた作品。ドラマには主演の北川のほかに、山田裕貴、南沙良、高橋文哉といった面々が出演する。


Vaundyはドラマの主題歌として、どこか懐かしさを感じさせるメロディが特徴的な楽曲「まぶた」を提供。彼はこの曲について「人と人が本当にわかり合う時一度目をつぶる。そうすると、“まぶた”を見る。その行為の持つ意味がこの曲のテーマになっています」とコメントしている。「まぶた」はドラマ初回放送のエンディングで解禁され、1月10日0:00に各サブスクリプションサービスで配信がスタートする。


「Vaundy」コメント

この度、「女神の教室~リーガル青春白書~」の主題歌として、新曲「まぶた」を書き下ろしました。
この曲は、実は思いつくまでにかなり時間がかかってしまって苦戦したのですが、イメージがまとまった瞬間スッと形になった楽曲です。
法の女神・テミスがドラマのテーマになっているところから、目隠しすることの大事さ。僕はそれは法においてだけではないと考えていて、人と人が本当にわかり合う時一度目をつぶる。そうすると、“まぶた”を見る。その行為の持つ意味がこの曲のテーマになっています。
ぜひ、このテーマとあわせて、楽曲を聴いていただけたらうれしいです。ドラマと一緒にお楽しみください!


「野田悠介 (ドラマ・映画制作 / フジテレビ)」コメント

Vaundyさんの楽曲はさまざまな視点で歌われていたり、着眼点がすごいという印象があり、本作品をより良い作品に押し上げてくれると思い、お願いをさせていただきました。
そんな中で、Vaundyさんにリクエストさせていただいたのが、悩みながらも前向きになれる楽曲でした。ドラマをイメージして書き下ろしていただいたこの「まぶた」は、教員と学生たちが成長していく群像劇を表現し、ドラマの世界観にぴったりな最高の楽曲になったと思います。ドラマ本編内にて楽曲が初解禁されますので、是非お聴き逃しなく!


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Vaundy まぶた 歌詞 (女神の教室 ~リーガル青春白書~ 主題歌)