極楽浄土 歌詞

歌手
Vaundy

Vaundy「極楽浄土」歌詞

生まれたその時から声をあげ泣いた
あれは産声か歓喜の声か


揺れる痛みの波 受ける青年期
涙を流すには歳を取りすぎた
今日で何度目の夜だったか


僕の短所をその骸のように詰め込み
僕の長所をその終わりの夜に被せてくれ


凍てつく時間の風 浴びた青年期
声を上げるには渇きが多すぎた
これは何度目の夜だろうな


僕の短所をその骸のように詰め込み
僕の長所をその終わりの夜に被せてくれ


美しいものに名前がつくなら
名前のない愛でいいから
嫌いなものが真実なら
間違った愛でいいから


僕は何度も踊らされるように編され
「せめて」と何度もこの話をするよ


僕の短所をその骸のように詰め込み
僕の長所をその終わりの夜に被せてくれ


これで最後の
これで最後の
これで最後の
極楽浄土


『Vaundy - 極楽浄土 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
曲名: 極楽浄土
読み: ごくらくじょうど
歌手: Vaundy
作詞: Vaundy
作曲: Vaundy
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE