『the satellites 東京 歌詞』収録の『光の街に見えずとも』ジャケット 公式 フル

東京 歌詞

歌手
the satellites

本当はこの街がそんなに嫌いじゃなかったんだ。
嫌いって言ってなきゃ大事なものを失う気がしていた。
街の中の喧騒は朝になっても鳴り止まぬだろう。
眠らぬ街東京は今日も誰かの夢を背負うのだろうか。


なあ元気か?
そっか就活してんのか。
俺たち気づいたらもう22だ、もううかうかしちゃ居られんな。
なあ、星が見えないって話あるだろ?あれほんとは嘘なんだ。
こっちだってさ、長崎と同じ。
夜には星が光っている。


本当はこの前さそっち帰りたくなってさ。
バンドのこと嫌になってさ、ライブ飛ばしたくなっちゃったんだ。
いつまでも残響が鳴り止まん耳をただ塞いでた。
告げてきた”また明日”もきっといつかは果たせるのだろうか。


握ったギターは誰の為の唄を鳴らす。
最近思い出すことは大体友のこと。
笑っていたのは誰かの為じゃなかったよな。


本当にこの街に骨を埋める覚悟はあったかな。
増えていく大事なものに勝手に追い詰められている。
「笑っていた日々のこと大切にするのは弱さじゃない」と言っていた少年よ今はひたすらに前に進め。


本当は東京がそんなに嫌いじゃなかったんだ。
嫌いって言ってなきゃ思い出を捨てたように感じてしまうの。
街の中の喧騒は朝になっても鳴り止まぬだろう。
眠らぬ街東京よ、どうかこの唄に意味を与えてくれ。


這いつくばっていた、俺ですらいつの間にかアスファルトの歩き方を覚えた。
この街東京で、まだ夢を見ている。


『the satellites 東京 歌詞』収録の『光の街に見えずとも』ジャケット
歌手: the satellites
発売日: 2020.04.08
作詞: 白石亮太
作曲: the satellites
ステータス: 公式 フル

the satellites『東京』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE