キタニタツヤ 振り子の上で 歌詞

『キタニタツヤ - 振り子の上で』収録の『BIPOLAR』ジャケット
  • 発売:
    2022.05.25
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
シェア:

ステータス:

公式 フル

キタニタツヤ「振り子の上で」歌詞

あるいは双子のように
あるいは愛しあう恋人のように
あるいは憎み相争い拒絶するように
あるいは僕と君のように


まるで
誰の憐れみもうざったいのに
ひとりで食べた飯は不味いとか
僕と僕が喧嘩しているような日々
悲しくて笑えてしまうくらい


ささやかな幸福の贅肉がついた心を
責め立てるようによろこびのうたを歌う


消えてしまいたいと願う朝が
生きていてよかったと咽ぶ夜に塗り潰され
感情の振り子の上で僕らは暮らす


  • 発売日:
    2022.05.25
  • 曲名:
    振り子の上で
  • 読み:
    ふりこのうえで
  • 歌手:
    キタニタツヤ
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

キタニタツヤ 『振り子の上で』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

文字サイズ
位置
テーマ