夏代孝明 くらげ 歌詞

『夏代孝明 - くらげ』収録の『BLUER』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.25
  • 作詞:
    夏代孝明
  • 作曲:
    夏代孝明
シェア:

ステータス:

公式 フル

夏代孝明「くらげ」歌詞

水槽の中で 惚けられたら
逆らうこと止めて仕舞えたなら
貴方のこと 忘れられたのかな
後悔に流されていく


くらげのように


貴方に出会うまでの日を
何一つ思い出せない様に
貴方と出逢ってからの
色付いた日々を
消して仕舞えたのならば


笑う時滲む涙
寂しくて惑う指先
そのすべてを包むメロディー


何も要らないの全部
君のために生きて
居れたら良かった


水槽の中で惚けられたら
逆らうこと止めて仕舞えたなら
貴方のこと忘れられたのかな
後悔に流されていく


くらげのように


水槽の中で 惚けられたら
逆らうこと止めて仕舞えたなら
貴方のこと 忘れられたのかな
後悔に流されてく


水槽の中で 思い返しては
抗うこと止めるわけには いかなくて
貴方のこと 明日のこと
諦めきれないまま


くらげのように


漂うだけ


『夏代孝明 - くらげ 歌詞』収録の『BLUER』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.25
  • 曲名:
    くらげ
  • 歌手:
    夏代孝明 (なつしろたかあき)
  • 作詞:
    夏代孝明
  • 作曲:
    夏代孝明
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

夏代孝明 『くらげ』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ