よみ:
めであいづき

愛逢月 歌詞Suara

『Suara - 愛逢月』収録の『戦刃幻夢』ジャケット
発売:
2021.07.21
作詞:
巽明子
作曲:
巽明子

Suara「愛逢月」歌詞

たとえ結ばれようと 許さないふたりの運命
共に生きられる場所 この世にはひとつもない


廻る季節の中で 君を見つける旅路
近づく夏の香り 霞む夜空に光灯して


逢えない日々も君を想う 指折り数えた幾重の夜
「願っていれば いつか逢える」
君の名をお守りに 今宵も静寂に身を委ねる


水面に映る川に 浮かぶ舟の中でふたり
優しく包む風に 運ばれてきた温もり


光輝く星 いつか手に届いてと
あなたの腕に抱かれ 生きた証を残し夢見る


奇蹟の夜は短すぎて 愛しさ淋しさ増すばかり
ふたつの恋が夜に溶けて
きっとまた逢えますか 儚い約束に袖を振った


逢えない日々も君を想う 指折り数えた幾重の夜
「願っていれば いつか逢える」
君の名をお守りに 今宵も静寂に身を委ねる


Suara『愛逢月』の 詳細

『Suara - 愛逢月 歌詞』収録の『戦刃幻夢』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.07.21
購入:
曲名:
愛逢月
よみ:
めであいづき
歌手:
Suara
作詞:
巽明子
作曲:
巽明子
ステータス:

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

Suara 愛逢月 歌詞