紫の夜を越えての歌詞 むらさきのよるをこえて スピッツ

『スピッツ - 紫の夜を越えて』収録の『紫の夜を越えて』ジャケット
  • 作詞:
    草野正宗
  • 作曲:
    草野正宗

ステータス:

公式 フル

スピッツ「紫の夜を越えて」歌詞

君が話してた美しい惑星は
この頃僕もイメージできるのさ本当にあるのかも


いつも寂しがり時に消えたがり
画面の向こうの快楽匂いのない正義その先に


紫の夜を越えていこういくつもの光の粒
僕らも小さなひとつずつ


なぐさめで崩れるほどのギリギリをくぐり抜けて
一緒にいて欲しいありがちで特別な夜


溶けた望みとか敗けの記憶とか
傷は消せないが続いていくなら起き上がり


紫の夜を越えていこう捨てた方がいいと言われた
メモリーズ強く抱きしめて


従わず得られるならば砂の風に逆らい
再び生まれたいありがちで特別な夜


袖をはばたかせあの惑星に届け


少し動くのも恐れてた日々突き破り


紫の夜を越えていこういくつもの光の粒
僕らも小さなひとつずつ


なぐさめで崩れるほどのギリギリをくぐり抜けて
一緒にいて欲しい遠くまで潤み始めた目を開いて
紫色の夜を越えて


『スピッツ - 紫の夜を越えて 歌詞』収録の『紫の夜を越えて』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.03.25
  • 曲名:
    紫の夜を越えて
  • 読み:
    むらさきのよるをこえて
  • 歌手:
    スピッツ
  • 作詞:
    草野正宗
  • 作曲:
    草野正宗
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

スピッツ 『紫の夜を越えて』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE