『スピッツ - 紫の夜を越えて 歌詞』収録の『紫の夜を越えて』ジャケット ショート

紫の夜を越えて 歌詞

歌手
スピッツ

スピッツ「紫の夜を越えて」歌詞

紫の夜を越えていこう
捨てた方がいいと言われた
メモリーズ 強く抱きしめて
従わず得られるならば
砂の風に逆らい 再び生まれたい
ありがちで特別な夜


袖をはばたかせ
あの惑星に届け


少し動くのも恐れてた日々
突き破り


紫の夜を越えていこう
いくつもの光の粒
僕らも小さなひとつずつ
なぐさめで崩れるほどの
ギリギリをくぐり抜けて
一緒にいて欲しい 遠くまで
潤み始めた目を開いて
紫色の夜を越えて


『スピッツ - 紫の夜を越えて 歌詞』収録の『紫の夜を越えて』ジャケット
シェアリンク
曲名: 紫の夜を越えて
読み: むらさきのよるをこえて
歌手: スピッツ
ステータス: ショート

もし修正や二番追加があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE