ゆうわくわくせいしょうじょ

誘惑惑星少女 (feat. 一二三) 歌詞Solaris Clock

『Solaris Clock - 誘惑惑星少女 (feat. 一二三)』収録の『誘惑惑星少女 (feat. 一二三)』ジャケット
  • 発売:
    2021.06.17
  • 作詞:
    山下潮二
  • 作曲:
    Solaris Clock
シェア:

ステータス:

公式 フル

Solaris Clock「誘惑惑星少女 (feat. 一二三)」歌詞

「目を見て!」


誘惑惑星少女
「私、宇宙人」って君は言ったんだ
「次の月曜日から日曜日まで私に付き合って」
宇宙旅行


「空っぽだね」
君は僕をいつも何故か心配してる
「ねぇ、こっち向いて」
俯きがちな僕に声をかける


めくるめく世界
「欲しいのは何?」
引き篭りがちな部屋にはない
君の想定した未来に期待
「旅の行程はこんな感じ」


「月面の上誰かが残した足跡を辿って」
「火星に生命があるのかをちゃんとその目で確かめて」
「水星で一滴落とした雫が乾くのを見た後で」
「木星のリングの上、二人で手を繋いで踊ろうよ」


飽きるまで!


「どう?興味はない?」
楽しそうに僕を覗き込む君の目に
心臓が弾む
惹かれるよ
まるで重力みたいに


めくるめく世界
「欲しいのは何?」
今は君の言葉が聞きたい


「金星で輝く宝物を二人で作ってさ」
「土星に土があるか知らないけど、こっそり埋めておこうよ」
「日々を照らす太陽が私たちを優しく照らしたって」
「月に帰る姫君を見送るみたいにはしないでね」


寂しいから!


誘惑惑星少女
「私、宇宙人」って君は言ったんだ
嘘にもならない嘘
でも


時折遠い目をして
何処か此処じゃない場所を見る君は
もしかしたら
そうかもって
思わせてくるんだよ


誘惑惑星少女
「君は宇宙人だ!」って僕は言った
わかった、良いね
付き合うよ
連れて行ってその旅に


例えば旅立つまで
後百年かかってもそれでも
構わないよ
君の傍で見ていたい
輝きを見つけたよ


君の瞳の奥
輝く一等星が有ったんだ


廻る廻る星の中で
巡る巡る時の中で


「何、照れてるの?」
頬膨らませる君を見て僕は言う
「水金地火木土天海冥、旅が終わっても」
「隣にいたい」


『Solaris Clock - 誘惑惑星少女 (feat. 一二三) 歌詞』収録の『誘惑惑星少女 (feat. 一二三)』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.17
  • 曲名:
    誘惑惑星少女 (feat. 一二三)
  • 読み:
    ゆうわくわくせいしょうじょ
  • 歌手:
    Solaris Clock (ソラリスクロック)
  • 作詞:
    山下潮二
  • 作曲:
    Solaris Clock
  • 関連歌手:
    一二三
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Solaris Clock 『誘惑惑星少女 (feat. 一二三)』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ