さよならをくれた 思い出に


にわか雨が匂いを残したまま
通り過ぎていく
水面(みなも)に揺れる 駅のベンチで
晴れ間を待っていた


錆びた踏み切りと飛行機雲は
あの日のままでさ
ちょっと笑っちゃったんだ


守られてばかりの夜に
願った 強くなりたいと
声にならない言葉を
枯れても、尚何度も 叫んでいた


さよならがくれた 思い出の
君との日々は色褪せず
巻き戻せるのならばもう一度
救われた あの声に伝えたい
聴いてよ 終わりの続きを


お揃いの記憶を映した
水たまりの乱反射
遠くに聞こえた プロペラも
気づけば 去っていた


恐れたものすら宝物に
変えてきたのに
不安は無くならないままだ


人影のないホームに蘇る
引かれたその手が
響くベルと車輪の中
斜陽 一人でなぞっていた


二人で逃げた 始まりも
想像通りじゃない 今でも
離れた時は 冷えてゆくけど
こんなに熱く 今も宿っている


ふらつく嵐の中でも
照りつける太陽の下でも
立ち続けられているよ
貰った勇気があるから、応えたい
始まりの合図が
この心で響いている


さよならがくれた 思い出の
君との日々は色褪せず
また何処かで巡り会えても
強く手を振ってみせるから
いつも出発点、始めの一歩を
繰り返す 終わりの続きで


『Sano ibuki スピリット 歌詞』収録の『決戦前夜/おまじない/スピリット』ジャケット
歌手: Sano ibuki
関連作: ぼくらの7日間戦争
発売日: 2019.12.11
作詞: Sano ibuki
作曲: Sano ibuki
ステータス: 公式 フル

Sano ibuki『スピリット』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE