『堂村璃羽 - SMOKE』収録の『SMOKE』ジャケット

SMOKE 歌詞 堂村璃羽


SMOKE Lyrics
SMOKE 歌詞
歌手:堂村璃羽
動画あり:

煙のように風に流されて 知らない街で命を削って 正解が何かすらもわからねえ 気づけば探すこともやめてる ゴミを漁るカラスの群れ 瞳だけが素直な日暮れ 体の中を埋める時雨 天国への切符を路上で見つける

夢もなく惰性を貪って 近づく奴らは皆疑って Chill alone by night It’s my only Life style 書いては消したmy lyric 燻ってきた毎日

期待もないまま未来を待ち ただ死体と化すまで日々を跨ぎ 時代来ないなんて言い聞かせてまた 命の終わりを待ち望んでた ありきたりな言葉で前向かす大人と 死んでいく人々が 日々を囲い人は諦めて生きる 自分の身すらも捨てられない 惨めないじめで死へ進み クソみたいな会社で死へ進み 弱音を吐くことはできないけど 汚い煙だけが空へ消えてく 理不尽への微力な抵抗すら 屁理屈へと覆される 正解への標識を持って立っていても 脅威として映し出される 敷かれたレールに従い続ける 口にテープを貼られたまま生きてく 死んでいく人を追うことできずに ただ目の前の道を歩くことに努める

あいつとは違うのに 一人一人違うのに 同じ箱に詰められて 浮いたものは沈められる 人間であるのに 感情もあるのに 機械のように扱われ 言葉は錆びた劔へ

あいつとは違うのに 一人一人違うのに 同じ箱に詰められて 浮いたものは沈められる 人間であるのに 感情もあるのに 機械のように扱われ 言葉は錆びた劔へ

発売日:2019.06.25
ステータス:サブフル

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

PV / Music Video:
SMOKE / 堂村璃羽 - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense