1997の歌詞 リーガルリリー

『リーガルリリー - 1997』収録の『bedtime story 』ジャケット
  • 作詞:
    たかはしほのか
  • 作曲:
    たかはしほのか

ステータス:

公式 フル

リーガルリリー「1997」歌詞

降り立った東京 1997年の12月
始まった東京 1997年の12月


私は私の世界の実験台 唯一許された人


あの坂を越えて 私に会えたらいいなんて
思わせないでほしい。
最終列車飛び乗って 降り立った世界で
片道切符に気付いた


なくなった空白 1997年の12月


私は私の世界の実験台 唯一愛した人


あの坂を越えて 私になれたらいいなんて
思わせないでほしい。
最終列車飛び乗って 降り立った世界で
片道切符を失くさないように


あの坂の意味が 私に分かる時だって
あなただけがいいなって。
最終列車飛び乗って 孤独だった世界で
片道切符を失くさないように


1997年の友達を集めてチョークの粉を集めた
何をしているのかなぁ私たちは
催涙弾で流した涙が光の反射で集まった
人々は目を眩ませた
私は泣くことしかできなかった
私は泣くことしかできなかった


『リーガルリリー - 1997 歌詞』収録の『bedtime story 』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.02.05
  • 曲名:
    1997
  • 歌手:
    リーガルリリー
  • 作詞:
    たかはしほのか
  • 作曲:
    たかはしほのか
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

リーガルリリー 『1997』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE