よみ:
てがみのとう

手紙の塔 歌詞ぽかぽかイオン

『ぽかぽかイオン - 手紙の塔』収録の『やじるし→』ジャケット
発売:
2022.03.02
作詞:
児玉雨子
作曲:
西脇辰弥
編曲:
西脇辰弥

ぽかぽかイオン「手紙の塔」歌詞

書いても書いても あぁ
足りなかった 日々の紙幅(しふく)


泣いても泣いても あぁ
渇いていた 胸の砂漠


私 私 ふたり
違う 形
いつもあなたに追いつけない記憶
辿る


未だあなたに伝えられない
書いたきりで送れずじまい
重ねてきた手紙の塔を見上げ


狭い世界にいた頃は
見えない地平の果て


できないことばかりで
どこにも行けない気がしていた


私 私 ふたり
同じ 思い
あれは憧れという感情でしょう
きっと


今はあなたに伝えられる
言わなくていいこともわかる
重ねてきた手紙の塔の上で


今はあなたに伝えられる
言わなくていいこともわかる
重ねてきた手紙の塔を 出れば


今は素直に好きと言える
言葉の脆さだって知ってる
だからあなたと手を繋ぎたい
抜け出そう 心の外へ
重ねてきた手紙の塔を
抜け出そう 遠く 遠く


ぽかぽかイオン『手紙の塔』の 詳細

『ぽかぽかイオン - 手紙の塔 歌詞』収録の『やじるし→』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.03.02
曲名:
手紙の塔
よみ:
てがみのとう
歌手:
ぽかぽかイオン
作詞:
児玉雨子
作曲:
西脇辰弥
編曲:
西脇辰弥
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

ぽかぽかイオン 手紙の塔 歌詞