『PEDRO - 感傷謳歌 歌詞』収録の『衝動人間倶楽部』ジャケット 公式 フル

感傷謳歌 歌詞

歌手
PEDRO

PEDRO「感傷謳歌」歌詞

「ぎゅーっとつめてください」
内臓が飛び出るほど
詰め込まれた電車も
記憶が飛びそうな
振動を鼓膜で賑わせ
僕だけのダンスホール


いつかこの世界が終わること忘れていた
頭の中のモノを具現化して笑っていたいんだ


夢に届くまで泣いて
出来ないって諦めないで
意味ない事なんてこの世界にはない
生きていればいつかきっと
良いことがあるらしいが
良いことは生きていないと起こらない
やってやろうじゃないか


日常に溶け込んでいる
溶け込みすぎている僕は
なんてちっぽけだろう
無能な鷹だから
爪を見せびらかしている
得意技はないのに


午前3時過ぎのセンチメンタル暴動
部屋を埋めていく野次は排水口に流せサヨナラ


声が枯れるまで泣いて
何もわからなくても
無駄な事なんてこの世界にはない
僕の世界は僕が
全て正解だから
好き勝手にこの歌を叫び倒そう
やってやろうじゃないか


ごはん食べるのも燃えるゴミを出すのも
朝が来るように夢をみるのも必死にやっているんだ


夢に届くまで泣いて
出来ないって諦めないで
意味ない事なんてこの世界にはない
生きていればいつかきっと
良いことがあるらしいが
良いことは生きていないと起こらない
やってやろうじゃないか


『PEDRO - 感傷謳歌 歌詞』収録の『衝動人間倶楽部』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2020.04.29
曲名: 感傷謳歌
歌手: PEDRO
作詞: アユニ・D
作曲: 松隈ケンタ
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

PEDRO『感傷謳歌』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE