ロウワー 歌詞ぬゆり

『ぬゆり - ロウワー』収録の『ロウワー』ジャケット
  • 発売:
    2021.11.10
  • 作詞:
    ぬゆり
  • 作曲:
    ぬゆり
シェア:

ぬゆり「ロウワー」歌詞

そう簡単な祈りだった 端から
段々と消える感嘆
今から緞帳が上がるから
静かな会場を後にさよなら


言いかけていた事が一つ消えてまた増えて
背中に後ろめたさが残る
従いたい心根を吐き出さぬように込めて
胸の中が澱のように濁る


受け止めたいことが自分さえ抱えられず
持て余したそれを守っている
霞んだ声はからからに喉を焼いて埋め尽くす
何を言うべきか分からなくて


感じてたものが遠く放たれていた
同じようで違うなんだか違う
何時まで行こうか 何処まで行けるのか
定かじゃないなら何を想うの


僕らが離れるなら 僕らが迷うなら
その度に何回も繋がれる様に
ここに居てくれるなら 離さず居られたら
まだ誰も知らない感覚で救われてく


平穏とは消耗を以て代わりに成す
実際はどうも変わりはなく
享楽とは嘘で成る
「綻ぶ前にここを出ていこうか」と
都合の良い願いを同じ様に同じ様に呟く
何処から聞こうか 何を見失うか
定かじゃないから此処を動けない


僕らが疲れるなら これ以上無いなら
その度に何回も逃げ出せる様に
心が守れる様に 奪われない様に
互いに託して 身体を預けてよ


君と泣く 君と笑う 君と怒る
君と歌う 君と踊る 君と話す


何時まで続くだろうと同じ様に同じ様に呟く
いま忘れないよう刻まれた空気を
これから何度思い出すのだろう


僕らだけが


僕らが離れるなら 僕らが迷うなら
その度に何回も繋がれる様に
ここに居てくれるなら 離さずいられたら
まだ誰も知らない感覚で僕の生きているすべてを確かめて
正しくして


『ぬゆり - ロウワー 歌詞』収録の『ロウワー』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.11.10
  • 曲名:
    ロウワー
  • 歌手:
    ぬゆり
  • 作詞:
    ぬゆり
  • 作曲:
    ぬゆり
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

ぬゆり 『ロウワー』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ