よみ:
ざんえい

残影 歌詞秦基博

ドラマ「六本木クラス」挿入歌

『秦基博 - 残影』収録の『残影』ジャケット
発売:
2022.07.28
作詞:
秦基博
作曲:
秦基博

秦基博「残影」歌詞

あきらめられたなら いっそ 楽になれるのに
どうして この手を伸ばすの 傷ついても


絶望は スコールみたいに 予告なく 降り注ぎ
在ったはずの未来も奪われ 叫んだ空


追いかけてる 夏に散った花火を ずっと ひとり


そう まだ 光は 原色のままで
まばゆさに 心を焦がしている
あの夏から止まない雨が どれだけ 孤独な今を突き刺しても
変わりはしない


いくつもの 眠れない夜を 越えるのだとしても
それでも きっと 選ぶだろう 同じ今日を


掻き分けてく 人の波を 抗うように ひとり


そう まだ 痛みは 原色のままで
いたずらに 心をえぐってくる
あの夏から止まない声が いつでも 前へと足を突き動かす
急かすように


そう まだ 痛みは 原色のままで
いたずらに 心をえぐってくる
あの夏から止まない声が いつでも 前へと足を突き動かす


そう まだ 光は 原色のままで
届くまで この手を伸ばし続ける
あの夏から止まない雨が どれだけ 孤独な今を突き刺しても
終わりはしない


秦基博『残影』の 詳細

『秦基博 - 残影 歌詞』収録の『残影』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.28
購入:
曲名:
残影
よみ:
ざんえい
歌手:
秦基博 (はたもとひろ)
関連作:
六本木クラス
作詞:
秦基博
作曲:
秦基博
ステータス:

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

秦基博『残影』の Official Music Video

秦基博『残影』の Official Audio

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

秦基博 残影 歌詞 (六本木クラス 挿入歌)