霞む夏の灯の歌詞 *Luna

『*Luna - 霞む夏の灯』収録の『君だけがいない夏』ジャケット
  • 作詞:
    *Luna
  • 作曲:
    *Luna

ステータス:

公式 フル

*Luna「霞む夏の灯」歌詞

静けさに慣れた夜も 今日は姿を変えて
忘れられない思い出に 君を連れて隠れよう


鈴虫の音さえ消えて 祭囃子も聞こえない
君の霞む声 それだけが全てな気がして
華やかな色を纏って 輝く光を見ていた
どれも綺麗だけど 君には敵わないよなぁ


胸の奥を踊らせて ほんの少しの期待を
込めたあの日の僕は 何もわかっていなかった
僕に手を引かれながら 少し寂しそうな目で
君が呟いていたこと 今更思い出した


君と過ごす日々が とても好きだったんだ
なのにどうしてかな 遠い 遠い


夜空に咲く花を摘んで 瞬く星を束ねて
君にあげる ねぇどうして君は泣いているの
鮮やかな色で灯した 揺らめく明かりを見ていた
どれも綺麗だけど 君の涙は止められないなぁ


『*Luna - 霞む夏の灯 歌詞』収録の『君だけがいない夏』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.09.19
  • 曲名:
    霞む夏の灯
  • 歌手:
    *Luna
  • 作詞:
    *Luna
  • 作曲:
    *Luna
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE