『*Luna Black Out 歌詞』収録の『Black Out』ジャケット 公式 フル

Black Out 歌詞

歌手
*Luna

残酷な運命と 裏腹に季節は過ぎて
立ち上がれない僕は ただ太陽を睨むしかなかった
積み上げてきた全てが 否定されたように思えて
尖った言葉だけ 浮かんでは飲み込んでた


カーテンを揺らした風が 運んだ光の粒に
誘われ見上げた 白い線が初夏の空を割った
春が青かったのなら 夏はどんな色だろう
曇った心さえ 塗りつぶしてくれないかな


誰も救ってくれないよな それでも


選べない運命が 手足を縛ったって
明日くらいなら 変えられないか?
意味なんてなくたって
光が見えなくて どうしようもなくたって
せめて僕は笑いたい


昨日まで頑張ってたキミが
いつの間にか後悔ばっかされて
かわいそうに思えて
キミも今日の僕だったはずなのに
悔やむのなんて 死んだ後で良いんじゃないかな


誰も救ってくれないけど それなら


選べない運命さ 無力な僕だって
今日の行き先は 変えられたんだ
どうせ同じだって 抗えなくたって
少しだけでいい せめて僕は笑いたい


消さないで 捨てないで 思い出して その火を
消さないで 捨てないで 思い出して その火を あの日を
進めなくて 戻れなくて 何一つ変えられなくて
それならいっそ変わればいいや
失くさないで 閉ざさないで 絶やさないで 背けないで
その炎をもう一度


灯せるのは 無力な僕なんだ
他の誰だって 出来やしないんだ
託されたんなら 叶えてやんないか
救ってやんないか せめて僕の願いは


『*Luna Black Out 歌詞』収録の『Black Out』ジャケット
歌手: *Luna
発売日: 2020.06.07
作詞: *Luna
作曲: *Luna
ステータス: 公式 フル

*Luna『Black Out』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE