須田景凪 猫被り 歌詞

ねこかぶり

猫被り

須田景凪

『須田景凪 - 猫被り』収録の『猫被り』ジャケット
発売:
2022.04.01
作詞:
須田景凪
作曲:
須田景凪

路地裏の猫が鳴く
生まれ変わるなら
こんな風に呆れるほど
気儘でいたいな


身の丈に合わない
幸せは恐ろしい
あなたの語る美しさを少し分けて欲しい


ごめんね あなたの心がわからないの
使う言葉も 見てる景色も似てるのに
痛いよ 素直に笑えない この姿が
強がりってことさえ言えたらな


暇で腹を満たす
愚かな暮らしだ
誰かを照らす月明りが少し羨ましい


嫌な思い出ばかり
忘れられないよな
そこにあなたが居るんだから
余計憎たらしい


弱さを隠して生きるから
ほらね ご覧なさい


ごめんね 私も私がわからないの
飾る言葉と 募る孤独が 裏腹で
嫌いたい 嫌えない 馬鹿らしい
この弱さが私なんだから黙って受け止めて


花言葉を並べたって
そんな綺麗な物じゃない
神経を尖らせてさ 互いに枯れていく


また明日と濁したって
絶対なんてないじゃない
不幸なんて求めていない 互いが知っている


あなたの語る美しさを少し分けて欲しい
あなたの抱くもどかしさを少し分けて欲しい


ごめんね あなたの心がわからないの
使う言葉も 見てる景色も似てるのに
痛いよ 素直に笑えない この姿が
強がりってことさえ言えたらな
猫被るくせに 嗚呼 馬鹿みたいね


DETAILS

須田景凪『猫被り』の詳細

曲名: 猫被り
よみ: ねこかぶり
歌手: 須田景凪
作詞: 須田景凪
作曲: 須田景凪
発売日: 2022.04.01
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ