シャラララ

sha・la・la・la 歌詞宮本浩次ドラマ「桜の塔」主題歌

『宮本浩次 - sha・la・la・la』収録の『sha・la・la・la』ジャケット
  • 作詞:
    宮本浩次
  • 作曲:
    宮本浩次
シェア:

ステータス:

公式 フル

宮本浩次「sha・la・la・la」歌詞

遠い星空に誓った幼き日
俺は絶対勝つってよ
強く 気高く やさしく
でっかい heart で街をゆく男なのさ
umh… いつしか時は流れ大人になった俺が
相も変わらず心で叫び続けている
俺は絶対勝つってよ
夜空には今日も星がまたたいていた


夢は
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la you
「お前はどこまで夢 追いかけるつもりなんだい?」
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la
空にはあの頃と同じ星がまたたいている 今日も 空には


星に願いをかけた二十歳(はたち)の頃
いかした大人になりたいってよ
粋で洒落てて金持ちで
愛する人のためには命さえ捧げる そんな大人さ
umh… いつしか時は流れ 白髪まじりしたり顔して街をゆく俺が
心の中で叫び続けていた
いかした大人になりたいってよ
立ち止まって夜空見上げたのさ


時は
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la 流れ流れて
「お前は今どのあたりを歩いているんだい?」
sha・la・la・la sha・la・la・la 時は流れ流れ
ああお前は今どのあたりなのさ?


sha・la・la・la…


夢は
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la you
「お前はどこまで夢 追いかけるつもりなんだい?」
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la you
さあ行こうぜ
sha・la・la・la sha・la・la・la sha・la・la・la la・la・la…


明日も夢追いかけ続けるのさ sha・la・la・la


『宮本浩次 - sha・la・la・la 歌詞』収録の『sha・la・la・la』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.16
  • 曲名:
    sha・la・la・la
  • 読み:
    シャラララ
  • 歌手:
    宮本浩次
  • 関連作:
    桜の塔
  • 作詞:
    宮本浩次
  • 作曲:
    宮本浩次
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

宮本浩次 『sha・la・la・la』の MV / PV

「sha・la・la・la」のリリース情報

宮本浩次がテレビ朝日系ドラマ「桜の塔」の主題歌として新曲「sha・la・la・la」を書き下ろした。


4月15日(木)にスタートする「桜の塔」は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点である警視総監の座を巡る激しい出世バトルを描いていくオリジナルドラマ。主演を玉木宏が務め、脚本を「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」を手がけた武藤将吾が担当する。


夢を追いかけることをテーマに制作された「sha・la・la・la」は、幼い頃を思い返しながら現在の自分に語りかけるように歌う宮本の歌声や、「sha・la・la・la」というリフレインが印象的な楽曲。宮本は「ドラマの中の彼の心の機微、生き様の中でどうやって使われていくのか非常に楽しみですし、何よりもこのドラマをご覧になっている方々が、ドラマともどもこの歌を楽しんでいただけたらこんなに嬉しいことはありません」と述べている。


「宮本浩次」コメント

「桜の塔」というドラマの概要をうかがったときに、玉木宏さん演ずるところの主人公上條漣は、警視総監を目指している野心家であるということを聞きました。


それを聞いて私は、我々が夢を追い続けるということにも通じる、強さとその裏返しの儚さのようなものを思いました。
彼が体現しているその心情が、我々の人生そのもののような気がしたのです。
夢を追いかけ、敗れ、そしてまた立ち上がるという、我々の人生そのもののように


そして私は夢を追いかけることを大きなテーマに、「sha・la・la・la」という曲を作りました。
ドラマの中の彼の心の機微、生き様の中でどうやって使われていくのか非常に楽しみですし、何よりもこのドラマをご覧になっている方々が、ドラマともどもこの歌を楽しんでいただけたらこんなに嬉しいことはありません。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE