テト 歌詞HIMEHINA

『HIMEHINA - テト』収録の『希織歌』ジャケット
  • 発売:
    2021.07.21
  • 作詞:
    ゴゴ
  • 作曲:
    大田原侑樹
シェア:

ステータス:

公式 フル

HIMEHINA「テト」歌詞

「忘れないでよ」キミは言った
「忘れないよ」とボクは言った
想い幾年(イクトセ) 部屋を発(タ)ち
「忘れさせて」と歩き出した


並木の陰を渡りながら
無邪気な振りで人を避けた
日向(ヒナタ)の猫が手を招いた
「出ておいでよ陽はこちらよ」
テトテト 歩いていく
テトテト 離れていく
テトテト 歩いていく
誰も居ない場所へ


踏み出したこの足は勇気か、逃げ出したい臆病か
そろそろそろり そろそろそろり
って忍ぶように街を離れた
クチナシの匂い 甘い空 風に揺るそぞろの想い
手を広げ、ただ握り、夏をつなぎ笑う
テトテト 歩いていく
テトテト 離れていく


眩々昏(クラクラクラ)く駆(か)く孤客(コカク)
どこまで行けど道は続く
ここらで愛の荷を解き
日晴(ヒバリ)の詩(ウタ)を祈り歌った
もう、ヘトヘト 遠くへきた
ほら、シトシト 雨を睨んだ
嗚呼、ウトウト 夢を見た
「歩き疲れたでしょう?」
「少」しだけ「止」まっていいよって書くんだ ありがとう歩(ヤス)むね
もういいだろ、ねぇ? もういいだろ、ねぇ?
ってせがむように天(ソラ)を仰いだ
クチナシビトよ 見てよほら こんなにもあなたを想う
手を広げ、陽を願い、夏を香り笑う
昇ち上がる陽が背中を刺す
歩き出せよと風が騒ぐ
口溶ける記憶 芥(アクタ)の川の様に
霞む空に離したんだ 手と手とキミを


何かを掴もうとしたいんだったら ほら何かを手放さなきゃ
立ち去るキミを見送る足で 新しい出会いの街へ
歩こうよ手をふらり
「忘れるよ」「忘れるよ」 これでさようならだね
踏み出したこの足は勇気か、逃げ出したい臆病か
そろそろそろり そろそろそろり って忍ぶように街を離れた
クチナシの匂い 甘い空 風に揺(ユ)るそぞろの想い
手を広げ、ただ握り、夏が明日をつなぐ
テトテト 流れていく
テトテト 次の街へ
テトテト 手招く方へ
テトテト 歩いていく


  • 発売日:
    2021.07.21
  • 曲名:
    テト
  • 歌手:
    HIMEHINA
  • 作詞:
    ゴゴ
  • 作曲:
    大田原侑樹
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ