柊キライの歌詞リスト

よみ:
ひいらぎキライ

アカシック

歌手
柊キライ
歌い出し
アカシック シック 察しちゃうことがある アカシック シック 却下できぬ 全て知るアカシック シック 落下した木の実のこと 実を結ぶよう願ってる どこに行くの 聞かないでよ 当ててあげよう 怖くなるよ 言わないでよ 冗談だよ 知らないものはない 知らないこともない 全てが僕の手の上で動いている 要らないものはない 要るは知らされない 有史の記憶が満ちては動き出す 離れ離れになるよ でも言わなくていいよ いいよ 暗くなりつつある景色 受け入れるだけだよ だよ アカシック シック 察しちゃうことがある アカシック シック 却下できぬ 全て知るアカシック シック 落下した木の実のこと 実を結ぶよう願ってる たらら 知らないものはない 知らないこともない 全てを僕ら 手のひらで動かして 要らないものはない 要るは知らされない 世界の行く末 気になることだけど 離れ離れになるよ でも言わなくていいよ いいよ 暗くなりつつある景色 受け入れるだけだよ だよ 全てが終わったあとででも 話そうよ どう どう 意味のないことなら僕は 呪うよ僕を 今から アカシック シック 察しちゃうことがある アカシック シック 却下できぬ 全て知るアカシック シック 落下した木の実のこと 実を結ぶよう願ってる たらら 実を結ぶよう願ってる どこに行くの 聞かないでよ 当ててあげよう

アワーグラス

歌手
柊キライ
歌い出し
固くなった頭へ黒いシュワシュワ浴びせ 緩く出来る そうおっしゃるのはなぜなので なぜなので 真面目すぎるのね いいことあるといいね 昔 帰り道 一人になった記憶 惜しむ 惜しむ 約束交わしてること 知らぬ間に 許せない やるせない おとなになってもくろいのみ 身体を溶かし おとなになってもくろいのみ ここを去った気分 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ ダメがヨシになる 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ ところ見逃してたよね 真面目すぎるのね いいことあるといいね 未だ 未だ飛び出せずにいる 綺麗なまま 出来る限り 君の身体は傷だらけ それが羨ましいね おとなになってもうらやまい 透けた振る舞い おとなになってもうらやまい 消えちゃえばいいね おとなになってもくろいのみ 身体を溶かし おとなになってもくろいのみ ここを去った気分 あなた あなた 知ってたのかな 許せない やるせない おとなになってもくろいのみ 身体を溶かし おとなになってもくろいのみ ここを去った気分 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ ダメがヨシになる 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ ところ見逃してたよね 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ 善悪 見定め 酔いよ 酔いよ 酔いから覚めよ 覚めよ 無様さらしたくはない 固くなった頭へ黒いシュワシュワ浴びせ 緩く出来る そうおっしゃるのはなぜなので なぜなので

ヴィータ

歌手
柊キライ
歌い出し
不埒だと見立てては 悪魔に操られた証 隠された生の歩み カラカラに乾いたアニマになって 下らない憂いなど 溢れては止まらないことね 痛みとか苦しみを 連れてくるのが見えてしまう 精一杯生きてるの 精一杯死んでいくの わたし ヴィータ 生きてるからさ 悪魔に染まりたくないの ディアマイディアブロ エクストリーム リーム リームな ディミヌエンドとかで 呼吸のこと止めたいよね 痛くないように 安らかに どうか どうか どうか どうか どうか どうか 嫌になるばかりなのです 誤魔化して生きてるだけなので どうか 黒い黒い 生命(ライフ)停止線 ドライブしながら探して ライトない夜道で常に求め続けてる 不埒だと見立てては 悪魔に操られた証 騙されて息をする やめてほしいね お引取り下さい そんな願いを込めて叫ぶ エクストリーム リーム リームな ディミヌエンドで全てを終わらせて 精一杯生きてるの 精一杯死んでいくの 精一杯生きてるの 精一杯 みんなそうなの? おくたばり時探せ 探せ おくたばりたくないのよ わたし ヴィータ 生きてるからさ 悪魔に染まりたくないの ディアマイディアブロ エクストリームなディミヌエンドで 湿り締める飾られない最期で エクストリーム リーム リームな ディミヌエンドとかで 呼吸のこと止めたいよね 痛くないように 安らかに どうか どうか どうか どうか どうか どうか 嫌になるばかりなのです どうか どうか どうか どうか どうか どうか その時だけ代わってほしいので その後は知らないので どうか

エウレカ

歌手
柊キライ
歌い出し
あなた 聡明 理性的 だからかな 言ってることが さっぱり さっぱりわからない どうしてさ?いい人と思ってたのにさ?頭に浮かんだそれは罪 繰り返す 良くないね 氷の様に冷えて閉じたことがある 排斥し ひた隠し 嫌ってたことは理解があるなど信じてた 優しい人でいさせて いさせてくれ くれ くれ 教えて 教えて 知らないことを全部 全部 気づかせてくれ 今までの愚かさを そしたらさ 正しくなれるよね あなた 聡明 理性的 だからかな 言ってることが やっぱり さっぱりわからない あきれるね わかるはずと思ってたのにさ?頭に浮かんだそれが無垢 僕たちは考える 一呼吸置き俯瞰で物事見る癖を 間違わぬようにして 本当のところは命が惜しくてしかたない 優しい人でいさせて いさせてくれ くれ くれ 教えて 教えて 知らないことを全部 全部 気づかせてくれ 今までの愚かさを これからはややこしくなるよね 正しい人にならせて ならせてくれ くれ くれ どうして どうして 乖離したことばっか ばっか 晒され 正され あれ あれ あれ それだけはやめて 伝えて 優しい人でいさせて いさせてくれ くれ くれ 教えて 教えて 知らないことを全部 全部 気づかせてくれ 今までの愚かさを そしたらさ 正しくなれるから

エバ

歌手
柊キライ
歌い出し
芯の髄から腐ってる 空想由来につき 頭ごなし いじけてる いつも暗い脳裏 「あたしのこと見てほしい」それは罪深くて 清潔な部屋で餓死する蝿の王になればいいのさ ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 あたしは あたしは 嫌になるのね ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 あなた方からやめられないか? どうして 嗚呼どうして 滔々と罵倒を垂れてるの あなた 愛して欲しいのアイワナビーとはわかるけど ねえ こうして あなたは嫌われてくだろう 解って叫びませ さあ ヘイヘイ 平々凡々 ヘイヘイ 平々凡々 芯の髄から腐ってる 空想由来につき 今日を生き抜く人たちは明日の自分案じて憂う 心優しく虚ろでいられるから ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 露まみれ 腐りかけ 無垢と騙され ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 貧しく卑しいエスプリかな どうして 嗚呼どうして 堂々として満足げなの あなたドンチューノーとかかぶりを振っては逃げるので 嗚呼 そうして このことも忘れてしまうだろう 飾ってないでいてさ 平凡 平穏 平凡 理性的であれ ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 あたしは あたしは 嫌になるのね ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 あなた方からやめられないか? どうして 嗚呼どうして 滔々と罵倒を垂れてるの あなた 愛して欲しいのアイワナビーとはわかるけど ねえ こうして あなたは嫌われてくだろう 解って 解って 解って どうして 嗚呼どうして 堂々として満足げなの あなたドンチューノーとかかぶりを振っては逃げるので 嗚呼 そうして このことも忘れてしまうよ 飾ってないでいてさ ヘイヘイ 平々凡々 平凡 平穏 平凡 ヘイヘイ 平々凡々 ヘイヘイ 平々凡々

オートファジー

歌手
柊キライ
歌い出し
愚かしいとか 馬鹿らしい そんなことを僕の前で試行しないで 言葉にしては苛まれ 囚われては被害者振ることも出来ないから 穏やかに暮らしてほしい ハロー はははは ハロー ははははは 脳内案内人 そう かわった人ね ハロー はははは ハロー ははははは 止めどない もう なかったことに ただただ 心を突き放し しっし 蝕みの時 霧 海鳴り 光 僕は待ってないのに踊られても困るし君 君 過去の孤独の問いに身 脈打ち苦しい 寄らないでよ ハロー なかったことに ハロー わかった頃に ハロー 愚かしいとか 馬鹿らしい そんなことを僕の前で口にしないで 「生きてく上で避けられず 割り切るしか」 そう言うあなたは困ってなさそう 脳髄から締め出したくて アロー ああああ アロー あああああ 到来 難題に問う 無駄なことは? アロー ああああ アロー あああああ 止まらない 振り返らない アロー 忘れさせて ハロー はははは ハロー ははははは 脳内案内人 そう かわった人ね ハロー はははは ハロー ははははは 止めどない もう なかったことに これから心が宿った頭蓋 無理矢理隅まですすいで洗いたい バイバイしたい 僕はやってないのに騒がれても鬱陶しい しっし 今脆くも生きてる日々に 愚かに憂い 消えたいと願う ただただ 心を突き放し しっし 蝕みの時 霧 海鳴り 光 僕は待ってないのに踊られても困るし君 君 過去の孤独の問いに身 脈打ち苦しい 寄らないでよ 今に弾ける悪の芽よ ハロー なかったことに ハロー わかった頃に ハロー

オールフール

歌手
缶缶 & 柊キライ
歌い出し
一生嫉妬にいじけて生きててね ねねね ねえ ねねね きっと きっと一時のことであるでしょう そうでしょう ごめん ごめんね あたしだけ特別なのね ねえ ねねね 近寄ることなど出来ないの wow 今日泣いてかわいそう wow グッバイ どこまでグッバイ 果てまでグッバイ 良心の欠けたその先までグッバイ あなた砕けたダイヤ 「嫌」 出来る範囲で 出来る範囲で オロオロ 愚かでいて下さいね やれるくらいで やれるくらいで いっせーのーせ せっせっせのよいよいよいで 飛び込んだ先 宛のない先 死んだふりした眼の行方は 暗がりの中 嘲るあたしを探してる 「一生嫉妬にいじけて生きてこうね ねねね ねえ ねねね きっと ずっと長い時を歩むでしょう そうでしょう ごめん ごめん でも 何も知らないのどうして? ねえ ねねね 君の居場所はここにないの wow」 グッナイ 明日までグッナイ 倦怠へグッナイ 世界が終わるその時までグッナイ 悲しき 「折れた刃未満」 今からあたし これからあたし コロコロ転がされてくは何故に 出来ないことはないはずなのに 偽の手 エンエンエンと宵越し泣いて 生まれた意味を問われてるのにあの子もその子も道を見つけて おいていかれる あたしイカれるのかわいそうでしょ?でしょ? グッバイ どこまでグッバイ 果てまでグッバイ 良心の欠けたその先までグッバイ あたし砕けたダイヤ 嫌嫌嫌! 否!否!否否否! 出来る範囲で 出来る範囲で オロオロ 愚かでいて欲しかった やれるくらいで やれるくらいで いっせーのーせ せっせっせのよいよいよいと 飛び込むあなた 見捨てたあなた 死んだふりしたら死んでしまった 暗がりの中 嘲るあたしが見えなくなった それでもあたし それでもあたしは 出来る範囲で やれる範囲なら 生まれた意味を問われてるのにあの子もその子も道を見つけて 心イカれる 派手にイカれる 頭イカれる あたしイカれるわ

カーシィマーシィ

歌手
そらる×luz×柊キライ
歌い出し
祟り あたしを襲う 疑い襲う アビスの淵まで 追いやるために 暗がり記す 怖いを記す 虛像まみれ脳みその中で すべてから逃げるために Oh lucky lucky 君のいる世界で Oh lucky lucky 羽ばたける時まで Oh lucky lucky ここにいることを 証明したいから 嫌になっちゃうことを耐えている 敗退したんだ 全てのことから 敗退したんだ これからのことも あなたわかってくれないね 全てはあなた方のせいなのに こっち見てよ 見て見て見てよ 無視しないでほしいよ こっち見てよ 見て見て見てよ じっと見てよ あなたを見てる あたしを襲う 祟りが襲う アビスの淵まで 追いやるために 暗がり記す 怖いを記す 虛像まみれ脳みその中で 伝えること忘れない Oh lucky lucky 君のいるそこには Oh lucky lucky 幸せしかないね Oh lucky lucky その源だと 表明したいから 腐っちゃうことを恐れぬ 敗退したんだ ビリになることで 敗退したんだ わかりやすくなる あなた頑張って言えないね 自分のことだけ見えてるから 敗退したんだ 全てのことから 敗退したんだ これからのことも あなたわかってくれないね 全てはあなた方のせいなのに 見えなくなることに気づけない Oh lucky lucky 君のいる世界で Oh lucky lucky 羽ばたける時まで Oh lucky lucky ここにいることを 証明したいから 嫌になっちゃうことを耐えている 腐っちゃうことを恐れぬ 修復できぬ 全て全て 敗北に染まるから 敗退したんだ ビリになることで 敗退したんだ わかりやすくなる あなた頑張って言えないね 自分のことだけ見えてるから 敗退したんだ 全てのことから 敗退したんだ これからのことも あなたわかってくれないね 全てはあなた方のせいなのに 見えなくなることに気づけない ね 祟り あたしを襲う 疑い襲う アビスの淵まで 追いやるために 暗がり記す 怖いを記す 虛像まみれ脳みその中で

ギャラリア

歌手
柊キライ
歌い出し
ああ なんにもないからね からね 健やかになれないなんてね ああ 気づくのが遅く 遅く どうしようもないから戻れず どうか どうか与えて 生活を与えて 何もないから何も出来ず空想塔を腐らすのか あなたがいたあの部屋 未来繋ぐギャラリア だったはず だったはずなのにね ああ なんにもないからね からね 健やかになれないなんてね 息を止めた あなた あなた 謝ることすら出来なくて 真面目に成した冗談 冗談は否定され あなたの夢 夢 夢はどこへ消えてしまうのだろう どうか どうか与えて 生活を与えて 何もないから何も出来ず空想塔を腐らすのか あなたがいたあの部屋 未来繋ぐギャラリア だったはず だったはずなのにね 真面目に成した冗談 冗談はこの値段 ごめん ごめん 夢を見るのは無理と悟ってしまったよ どうか どうか与えて 人並みを与えて 何もないから何も出来ず空想塔に息を潜め 全てわたしが負けた がらんになるギャラリア こんなはず こんなはず 嗚呼 どうか どうか与えて 生活を与えて 何がなんでもなんて無理で空想塔を腐らすのか あなたがいたあの部屋 未来繋ぐギャラリア だったはず だったはずなのにね

グリーディン

歌手
柊キライ
歌い出し
ディン ディン グリーディン 欲深きグリーディン 今 暇 腐り落ちる ダメダメの芽 食べたよね 美味しそうだから仕方ないよね ぶらりぶらり ふらふらり 寂しそうにしたあなたのもとへ 恥など捨てて ディン ディン グリーディン 欲深きグリーディン ディン ディン ディン ディン グリーディン 目に映る あまねく ディン ディン グリーディン 欲深きグリーディン 今 暇 離れていく ディン ディン ディン ディン これからダメダメ 君のため 今後のためだって 底はもう 今から ディン ディン グリーディンに染まってしまうから 離れてよ ディン ディン ディン ディン グリーディン ダメダメの芽 食べたよね 美味しそうだから仕方ないよね ぶらりぶらり ふらふらり 寂しそうにしたあなたのもとへこれから ディン ディン グリーディン おさまらぬグリーディン ディン ディン ディン ディン グリーディン 陽の光浴びれば ディン ディン グリーディン おさまらぬグリーディン 地下 下界 に飽きていく 絶え絶えの言葉 吐くことほらね どうしようもないから あなたはもうダバダ これからダバダ 全てとダバダバア バア だから ダメダメ 君のため 今後のためだって 底はもう 今から ディン ディン グリーディンに染まってしまうから 離ればなれだね ダメダメ 今はダメ 諦めて下がって そこからね 心が ディン ディン グリーディンに染まる 染まるその時は離れてよ ディン ディン ディン ディン グリーディン ディン ディン ディン ディン グリーディン ディン ディン グリーディン 欲深きグリーディン ディン ディン ディン ディン グリーディン グリーディンに染まってしまう ディン ディン グリーディン 欲深きグリーディン ディン ディン ディン ディン グリーディン グリーディンに染まってしまう

サクサクリ

歌手
柊キライ
歌い出し
いじけの輪からはみ出した 贄に贄に 落ちぶれていくと 死まで久遠が今際際 見えぬ見えぬ見えぬ 嗚呼 手軽な菓子になってしまったから だから シェアして シェアして 僕一人をシェアして サクサク サクサク さり気なさなんてないさ あからさまさ さあさ 手を取り合って サクリ貪るサクリファイス 「いただきます」 感謝のかごめかごめ 去ること 逃れること出来ないのなら なら 病の熱を 帯びて暮らしてくだけ 醒めることのない鬱情で いたずらなのはあなた方 早く早く 落ちぶれていけと 死する時まで暇皆 悲劇 冷えて消える そう僕は いじけの輪からはみ出した 故に 故に 弄ばれ続け 生まれた時は期待した されたんだ サックサックなのは あなた方さ さり気なさなんてないさ あからさまさ さあさ 周り回って サクリ貪るサクリファイス 後ろにいる正面 不明不明 眼の奥底 光を見れぬなら なら ふやけたことを 大事にしていきたいね 閉じることの出来ない感覚で 手軽な菓子になってしまったから だから シェアして シェアして 僕一人をシェアして サクサク サクサク 咀嚼の音が鳴り響く さり気なさなんてないさ あからさまさ さあさ 手を取り合って サクリ貪るサクリファイス 「いただきます」 感謝のかごめかごめ 去ること逃れること出来ないのなら なら 病の熱を 帯びて暮らしてくだけ 醒めることのない鬱情で さり気なさなんてないさ あからさまさ さあさ 周り回って サクリ貪るサクリファイス 後ろにいる正面 不明不明 眼の奥底 光を見れぬなら なら ふやけたことを 大事にしていきたいね 閉じることの出来ない感覚で 今のままの頭で眠らせて 醒めることのない鬱の坩堝で

シーク!

歌手
柊キライ
歌い出し
あたし探した おすすめのところ 奇を衒わない心 心 それでさえわからない 繊細 わからない 誰も教えてくれないから 今はシーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 泣きぬれたこと笑う シーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック あたしの手じゃ暴けず あたし探した 一番上とか 疑わないで 心 心 それでさえ罠ハマる すぐハック 罠ハマる それで人並みになれるから 見栄は張りたいものね ものね 付け焼き刃でもいいね 下らないプライド要らないよ 後で混ぜ 爆ぜ 嫌になるよ 涙出る夜は 枕とさよなら 今はシーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 焼けないことを呪う シーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 明快な答えで導いて あたし探した おすすめのところ 奇を衒わない心 心 それでさえわからない 繊細 わからない 誰も教えてくれないから 今はシーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 泣きぬれたこと笑う シーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック あたしの手じゃダメ 今はシーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 焼けないことを呪う シーク シーク ハック ハック ハック しくしく 死後ハック 早く導いて さあ

スティール

歌手
柊キライ
歌い出し
始めからいじけたら負けだ 腐った日には地に還るだけ だけだ 焦り憂い 募り積もり がむしゃらに なったつもり ワワワワ どうか ワワワワ 叶うように 閉ざされた 一枚隔てた 扉は マトリョーシカ そう ワワワワ 声を張り上げよ 惨め滲まぬように 不器用なだけで 至らなかっただけで 一度足りとも 聞いちゃくれず 始めからいじけたら負けだ 腐った日には地に還るだけ だけだ もう 去った 去った 家に 帰るなんて無為に なるまでは なるまでは 言えないね 焦り憂い 募り積もり 暗い 辛い 暗い 気持ちに ワワワワ なるよ ワワワワ 今はまだ 閉ざされた 扉だろうけど いつかは 出られるさ そう ワワワワ 強く願うほど 抜け出したくなる 罠 下らないのはダメ 淀みないに至れ 騙し 騙しで  ずっとぬかせ 始めからいじけたら負けだ 腐った日には地に還るだけ だけだ 興味ない彼らも 期待なき彼らも いつかは もう 去った 去った 家に 帰るなんて無為に なるまでは 言えないね

ゼウス

歌手
柊キライ
歌い出し
幼い頃思ったこと全てが思い通りにはならないってこと 知ったのはいつだっけ 好きな子に本気で嫌われた時だっけ 仲良くしたかっただけなのに それでも拭えないのは脳内に巡り巡るこの全能感だろう 何度問われようと必ず報われる日が来ると信じて今日も時間を売るのさ 嗚呼 こんなとこで こんなとこで終わるはずないの なのに なのに一人部屋の隅で 嗚呼 泣いた 泣いた 心がかぶれるまで そして掻いて 掻いて 掻いて 抉り 抉り 抉った心の傷は 誇大な空想で埋めるだけ 幼い頃思ったこと全てが思い通りにはならないってこと 理解できなくて 好きな子に本気で嫌われたんだって わからないことだらけさ なあ本当の僕 今も空で見下してるから これは これは 不幸のステージさ そう 心 身体 縛られ マゾヒズムか? そしてやられ やられ やられ 折られ 折られ 折られた僕の心を 死んだ時咀嚼し浸るのだろう 水平線まで不揮発メモリ わからぬこと 謎は神の杜撰なところさ 悲しい 悲しい 一人部屋の隅で これは これは 不幸のステージさ 僕は神様なのに なのに一人部屋の隅で 嗚呼 泣いた 泣いた 心がかぶれるまで そして掻いて 掻いて 掻いて 抉り 抉り 抉った心の傷は 誇大な空想で埋めるだけか? こんな こんな 幼さに絆され 嗚呼 全て 全て 本当の嘘にまみれ そして 水も切れた心 カラカラになり 時が来たのさ 全知全能だったあの頃へ

ソーシオ

歌手
柊キライ
歌い出し
君の隣にまだ居たくて 僕はそのためならなんでもすると 崩れかけたこの関係は 今更直すには難し過ぎて 肥大した自意識をどうすればいいんだい そうだねさよならさ ならさ 僕は一人ぼっち ぼっち 世界が終わる音がしたら孤独さんよろしくね 耐えられなくなり 目に映る全てのものが凶器に変わって僕を脅すのさ 気にかけてくれたも終わるね 縛られてる だから抗えないさ 光ある未来なら僕には無くて 華々しさが増して君は笑うね これからさよならさ ならさ 君の手 振りほどかれ 世界が止まる衝撃なら 孤独さん助けてね 帰られなくなり 絵に写る全ての僕は病気の中を顕にしてた 君の支えは支えであって決して薬なんかじゃなかったのさ 利害関係じゃなかったかな?なんて思うことはあるけどね そうだねさよならさ ならさ 僕は一人ぼっち ぼっち 世界が終わる音がしたら孤独さんよろしくね 耐えられなくなり 目に映る全てのものが凶器に変わって僕を脅すのさ 寄り添う相手はいなく孤独の先へ 世界の果ての死の崖まで孤独さん 付いてきて 記憶の中身 そこにある優しさだけ仲良くしてさ さよならの鐘は鳴り響く

ディープリレック

歌手
柊キライ
歌い出し
僕が愛されないのは何故ですか? 周りよりも出来が悪いから ずっと付き合うのさ ハズレの形 少しばかり知恵も足りてない 嗚呼 僕が見た夢と君が見た夢は同じ物だったとしても 笑われるのはいつも僕の方さ ねえ 針で僕の夢をなぞるな 非可逆の性質 戻らない 深く 深く 刻まれた嘲りの念よ 笑い 笑い 笑い声が 鼓膜響く 鼓動速く 嫌 嫌 嫌になる 心も身体も傷まみれさ 無情にも不条理な世 思い 思い出すには擦り切れてしまい 僕は終い 再生し続ける 僕が愛されないのは何故ですか? 周り見ても敵しかいません そうさ 君が見た夢を馬鹿にした それで仕返しをしたつもりで 心が汚れきってると気付き きっと中身彼らと同類さ 見かけさえよけりゃ僕も立場 気にしてあちら側立ってんだろな 見ない 見ない 見ないフリが見え 見え 僕には見え 酷い 酷い 走り出せば「どこに行くの?」という結末さ 無道の様 大人たちは守る物があるって事だそう 理想 足掻くならば解決した先が見たい 嘘ならどれほどいい そこまで甘くはない 恨みを晴らしてもこの心の傷は消えないって うなされる毎日を逃げ出したいと願いながら また朝日は来る 変わらぬ日々を 笑い 笑い 笑い声が 鼓膜響く 鼓動速く 嫌 嫌 嫌になる 心も身体も傷まみれさ 無情にも不条理な世 思い 思い出すには擦り切れてしまい 僕は終い 再生は止まらず

ティアドロップス

歌手
柊キライ
歌い出し
延々 エンエンと泣いている それは誰の為 自分の為で 「悲しいの」 そう言って酔いあがる為さ そのエンターテイメントに合わせ 躍る 躍る 心躍るよ この先「楽しい」に何度出会うだろう それなのに無垢な気持ちで泣いてみたい 無垢な気持ちで泣いてみたい こんがらがった 涙 涙 ぽとぽと 悪いことをしてるんじゃないか? 無垢な気持ちで泣いてみたい 無垢な気持ちで泣いてみたい だって悲しいんです 本当です 真意を証明出来ないのも悲しいです 届くことない気持ちしたため それでも届くことを願って 特別伝えることじゃないけど そうそれだけで気付く お気の毒の時も碌に酷に特に言うことなど無いと ただ突き動かされるから 自分を守るようにね 延々 エンエンと泣いている それは誰の為?あなたの為で 悲しいはオモチャじゃないとわかっても どっかが引っかかって 「うーんそうじゃない!そうじゃない!」と喚けど軽く見ちゃって 僕だけ人でなしなのではと思う もう一度無垢な気持ちで泣いてみたい 無垢な気持ちで泣いてみたい あなたのことをひどく思い出しては おかしくなるね 頭の中が 無垢な気持ちで泣いてみたい 無垢な気持ちで泣いてみたい だって苦しいんです 本当です 心がここにあらずってことなの 「内心バカにしながら泣いたって 泣いたってわかりゃしないので 適度に悲しむフリをしといて大人になりましょう」 延々 エンエンと泣いている それは誰の為 自分の為で 「悲しいの」 そう言って酔いあがる為さ そのエンターテイメントに合わせ 躍る 躍る 心躍ると そう思ってた 思ってた 嗚呼 嗚呼 そう だから無垢な気持ちで泣いてみたい 無垢な気持ちで泣いてみたい こんがらがった 涙 涙 ぽとぽと 悪いことをしてるんじゃないか? 無垢な気持ちで泣いてみたい 嗚呼 無垢な気持ちで泣いてみたい だって悲しいんです 本当です 真意を証明出来ないのも悲しいです 少し拗れた「悲しい」をわかって下さい わかって下さい

ディジーズ

歌手
柊キライ
歌い出し
僕は誰かが良かれと 思ったスクラップ そう呟く 中身伴わず 出来が悪いと 罪もないのに 僕のこと どうか赦しを 病の名を下さいませ 僕のこと どうか恩赦を 名前などで僕の罪を赦して さあ 僕の罪を赦して さあ 下憫に思うのなら さあ ズレたまとめのクズ選り抜きスクラップ 嫌になるね 武器になる手持ち 貧弱でさ 話にならないから 僕のこと どうか赦しを 病の名を下さいませ 僕のこと どうか恩赦を 名前などで僕の罪を赦して さあ 窮屈な日常に押し込まれた 有象無象の墓場 その隙間から流れた涙は僕の気持ちを溶かした 冷たい 冷たい 石の練り物 温い 温い 焦燥感を 吐いて 吐いて 包み隠さず 覚めない夢なのならそのままで どうか赦したまえ どうか赦して下さいませ どうか赦したまえ どうか赦して下さいませ どうか赦したまえ どうか赦して下さいませ どうか赦したまえ どうか赦して下さいませ 僕のこと どうか赦しを 病の名を下さいませ 僕のこと どうか恩赦を 名前などで僕の罪を赦して さあ 僕の罪を赦して さあ 下憫に思うのなら さあ 僕の罪を赦して さあ 下憫に思うのなら さあ 僕は誰かが良かれと 思ったスクラップ そう呟く

トゥルーセラピー

歌手
柊キライ
歌い出し
それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー 暴いたり!心理 指の向くまま それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー あなたは知らないままで 今際の際まで 真実 黒幕 その尻尾だけ伺い知れる そんな気分になる なれる 核心 触れる 無意味な時も己に充てず 道が拓けぬまま終わる はあ 性懲りもなく 指先アクセス 怒りまかせ オイオイ泣こう それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー 暴いたり!心理 指の向くまま それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー あなたは知らないままで 今際の際まで トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー 真実 黒幕 その尻尾すら伺い知れず そんな気分になる なれる 核心 触れた気になってるね いかなる時も己が見えず 手元のみ見て踏み外す あのー… その機械おいくらなのです? トゥットゥルー トゥ トゥットゥルー トゥ トゥットゥルー トゥ トゥットゥルー トゥ それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー 叶えたり 願い 気の向くまま それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー あなたは知らないままで きっとそのはずさ トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー 暴いたり!心理 指の向くまま それは トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー あなたは知らないままで 今際の際まで トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー きっとそのはずさ トゥットゥルー トゥ トゥ トゥ トゥルー トゥルー あなたは知らないフリで 今際の際まで 優しさで

ドレストレッサー

歌手
柊キライ
歌い出し
馴れ合って埋めている声がする 意味のないこと 日替わりのこと 抗っていけない決まりごと 逃れられない時間のこと 満ちるまでみじめに生きないこと ストレッサー イエッサー 心は隨に消えた 言えない 癒えないで済まない創傷ばかり 燻って腐って化学式不明の調理論理 くたばる今際 その先まで一人 ロンリー ロンリー ロンリー 褒めあって生きていく それならば 気味悪いこと許さぬプライド 抗えはしない無為のこと 回り回って巡ることを 生きるとか 美しさ認めないこと 来 来 来世まで ほらほら洗い流して 来 来 来世まで どうか どうか ストレッサー イエッサー この世が悪に染まれば 知らない 見えないで済んでく法律止まり 疑って 倣って まだ不思議自明の倫理なのに 塞がる壁の進むこと遅い 遅い 遅い 遅い ストレッサー イエッサー 心は隨に消えた 言えない 癒えないで済まない創傷ばかり 燻って腐って化学式不明の調理論理 くたばる今際 その先まで一人 ロンリー ロンリー ロンリー 来 来 来世まで ほらほら洗い流して 来 来 来世まで どうか どうか 来 来 来世まで ほらほら洗い流して 来 来 来世まで一人 ロンリー ロンリー ロンリー 馴れ合って埋めている声がする 意味のないこと 日替わりのこと 抗っていけない決まりごと 逃れられない賽の河原の世よ

トロイ

歌手
柊キライ
歌い出し
トロイ トロイ ヤ ちょっとあなたまんまと騙されましたね 呪い 呪い ヤ 今日のあなた 浮かない顔してるよね 想い 想いもかどわかされんだ いつも気にしたあなたの場所 無法者の伝えずのサレンダー 誰も彼を助けられない コンテナ馬が来る 導き 光あれ あれ あなたのところまで行け トロイ トロイ 日々の所作ゆえトロイ 花開いた日 トラウマ記念日 脳とろりん 脆い 脆い スレるまで 程遠い 気づいた時 遅し 遅し トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイは嫌 嫌 トロイ トロイ ヤ やっぱあなたまんまと騙されましたね 呪い 呪い ヤ いつもあなた ぶたれた顔してるよね 今馬が来る 導かれし者よ コンテナ馬が来る 闇に構わず入れ 入れ 自己判断 当てないまでも トロイ トロイ 甘い言葉に弱い 腹 出てた日 反逆 即ちトートロジー 揃いも揃い 大したことをしない 築いたのは 刹那 刹那 刹那 刹那さ トロイ トロイ 日々の所作ゆえトロイ 花開いた日 トラウマ記念日 脳とろりん 脆い 脆い スレるまで 程遠い 気づいた時 遅し 遅し トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ トロイヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロイ ヤ ヤ ヤ トロいのは嫌

ハイド&ハイド

歌手
柊キライ
関連作
プロジェクト「GABULI」キャラクターソング
歌い出し
ハイド ハイド & ハイド クラリ 朦朧とクラクラリ 少年が1人 きりきり舞い なりそうな 大事の鼓動が欠ける音を聞いた 聞いた 聞いた 夢も見れぬ程にグシャリ かぶりの外から中グシャリ そうしてまた1人になること数知れずに朝日はやってくる 何度でも超えてきた太陽が 月が君には平等に見えるか? 今 ハイド ハイド & ハイド 隠れ 離れ離れになっていく 涙枯れるその時まで ハイド ハイド & ハイド 待ってくれ 夕景を見れば疑った これじゃ平等 不平等がわからない 銃声が全て眩ました どこか遠くへ行けという合図だと 見れぬ程にグシャリ かぶりの外から中グシャリ もういいかい? こだまする声に聞こえないフリなどは出来ないはずだろう ひとつ お尋ね者はどこだ ふたつ まだだよ まだまだまだなんだ みっつ よっつ いつつ むっつ それからは覚えてないや そしてハイド ハイド & ハイド 負けて 別れ 暗がりになっていく 痩せた身体が咽び泣く ハイド ハイド & ハイド 待ってくれ 行かないで 行かないで 追い風待ってる ランデブー 見えないところで 遠くへの合図だから 追い風待ってる ランデブー 見えないところで 遠くへの合図だから いつも超えてきた太陽が 月が君には 君には平等に見えるか? こんなことが赦しになるのか? あなたハイド ハイド & ハイド 全て消える ハイド ハイド & ハイド もう全部全部嘘だと言ってって 今 ハイド ハイド & ハイド 隠れ 離れ離れになって ハイド ハイド & ハイド いつか解き明かすその日まで ハイド & ハイド

ハクア

歌手
柊キライ
歌い出し
白亜的な運命 運命 ゴクリと飲み込まれてしまいたいと わかりはしないと毎夜泣いてるよ 罪人のアダムは忘れたんだ 刹那のこと悩みませんから 失敗したらそこで終わらせてほしいから 全てを閉じさせて まっかっかになった扉で 痴態に近い様があからさまに晒されて 紐解かれ暴かれる 傷つけるため 「打算的だ」なんて なんて ドキリとするまでもなく本当なの わかりはしないよ 今も思ってるよ 生分かつ楔を打ち込んでよ 刹那の苦しみなら耐えるさ 期待したらそこで止まっていてほしいから 全てをわからせて 柔軟な頭で 腐敗した実なので中は空と決めつけて 今に雨 落とされる 醜さを晒す 白亜的な運命 運命 ゴクリと飲み込まれてしまいたいと わかりはしないと毎夜泣いてるよ 罪人のアダムは忘れたんだ 刹那のこと悩みませんから 失敗したらそこで終わらせてほしいから 全てを閉じさせて まっかっかになった扉で 痴態に近い様があからさまに晒されて 紐解かれ暴かれる 傷つけるため 期待したらそこで止まっていてほしいから 全てをわからせて 柔軟な頭で 腐敗した実なので中は空と決めつけた 今に雨 落とされる 醜さを晒す

バクロム

歌手
柊キライ
歌い出し
罪の色に光る火を見つけたその日から Oh oh oh オrrrrっと ろっとろっと 情けないこと!それは取るに足らぬ下らぬことさ まだ躊躇してる 思う所があると Oh oh oh オrrrrっと ろっとろっと 語れないこと さあ救世的に吐き戻しませよ! あなたに効く薬は今これだけ さあさ 毒抜け 涙出なくなるね 嫌なことは嫌じゃなくなる そう願っていよう 早く 早く大きくなれよ 弱さを見せよ そうさ 余計なことばかり考えて肥えた脳みそがとろとろに変わる前に Oh oh oh オrrrrっと ろっとろっと 救世的に 惨めな気持ちにならぬように 彼方の不安のギラギラなんかにまだ怯えて 涙ちょちょぎれるね 嫌なことを糧にできる そう祈ってよう 早く 早く ここから去れよ 怖さを捨てよ Oh oh oh オrrrrっと ろっとろっと 弱さを見せよ 怖さを捨てよ 鈍さ見据えよ くたびれた花 水やりは無駄 無駄 偽の涙流すだけだから 罪の色に光る火を見つけたその日から Oh oh oh オrrrrっと ろっとろっと 情けないこと!さあ救世的に吐き戻しませよ! あなたに効く薬は今これだけ さあさ 毒抜け 涙出なくなるね 嫌なことは嫌じゃなくなる そう願っていよう 早く 早く大きくなれよ 弱さを見せよ 彼方の不安のギラギラなんかにまだ怯えて 涙ちょちょぎれるね 嫌なことを糧にできる そう祈ってよう 早く大きくなれよ あなたに効く薬は 罪の色に光る火 あなたに効く薬は 罪の色に光るのさ

ビイドロ

歌手
柊キライ
歌い出し
僕は嘘をつかないから君も嘘をつかないで 「押し付けがましい正義だ」正しくあろうとすれば向けられる懐疑の目 気味悪がられ 誠実でいることで損して空虚になる それでも それでも 嗚呼 清廉潔白人間になりたい 人間になりたい 揺れるこの心が嘘をつく Liar Liar Liar そう完璧でありたいの 嗚呼 悪に染まりきらないの 素直な心でいたら愚かになるのさ きっと 嗚呼「それは詭弁だ」と仰る 「自分を偽り飾って!」 それで何が悪いの 君の成長ぶりは関心するね 悪さを知って子供が大人になるなら僕は子供のままで そのままで 心の内は暴けない 嘘をつくのなら僕を欺く 世を渡るのは 難しいのさ「あいつはダメだ」と彼らは言う 報われない僕は子供 それとも何? 嗚呼 清廉潔白人間になりたい 人間になりたい 揺れるこの心が嘘をつく Liar Liar Liar そう完璧でありたいの 嗚呼 悪に染まりきらないの 素直さの無い心の僕は愚かなの? 「嘘を曝け出して正しい人間に!」 ビイドロの僕は才能など無いと 透けた奥 心の色が黒く染まって 涙流してんだよ 人になりたいんだよ

プアー

歌手
柊キライ
歌い出し
せ せ 世間の皆様はお望みですか お望みですか せ せ 凄惨なノコギリの奇怪な術をお望みですか あなたわたし 見識知恵比べ 下らぬ商売とか どうか見ていって 痛い思いしないから ご安心ください 相まみえナイフ 恐れなどないって毎度言ってます ショータイム招待 あなたの正体 あげましょうか 届けてあげましょうか 爽快 痛快 今宵のショータイム だからほら 刹那の夢でほら 終わりにして ギコギコギコ ノコを引け ギコギコギコ 遊びませ ギコギコギコ 汗だくで ギコギコギコ 夜明けまで カラカラの閑暇を埋めるのはあたしだけ 退屈な時間にお邪魔しますね 夜は更けていく せ せ 世間の皆様が お望みならば お望みならば せ せ 凄惨なノコギリの奇怪な夢をお望みならば ショータイム招待 あなたは兄弟 それは同化 思考回路が同化 ダラダラなライフに仕掛けは要らないわ これまでなんてない 忘れちまえ ショータイム招待 あなたの正体 あげましょうか 届けてあげましょうか 今日日ない舞台 興味ないないないないないなんて ショータイム招待 あたしの正体 見せましょうか 今見せてあげましょうか これが痛快 今宵は冷えてる だからほら 刹那の夢でほら 燃え上がれよ ギコギコギコ ノコを引いて! ギコギコギコ 早くして! ギコギコギコ 誰でもいい! ギコギコギコ 手伝って! 無言ブーイング 無関心 それならば鮮やかに散らせて

ファラウェア

歌手
柊キライ
関連作
ゲーム「まいまいまいごえん」ソング
歌い出し
二人でずっとヒソヒソしてようね 気味悪いこと 目と目をじっと合わせてればいいね 狐にペッとつままれればいいね いらないんだもの 可能をギュッと否にしてしまおう だから君は出来ない 残念出来ない いつも困ってる 困ってる 既に泣き顔 怒ったノ? ごめんね なんて 思ってないね 君のことまで気にする余裕ないや 流されるな ぼくの大事 気まぐれには付き合えない 今は可否も何もないのだろう 全てが真っ暗になっていく ハッタリやいたずらなど 罰当たりだ もうやめるよ 今までのこと謝ると救われると思ったの 二人でずっとヒソヒソしてようね 意味のないこと 手と手を取って歩けたならいいね 狐にペッとつままれればいいね 見て見ぬ振りして 彼らは待ってくれないんだから 僕ら ここから出たい 絶対に出たい あらら 困ったな 困ったな すぐに行かなきゃ 行かなきゃ ごめんね なんて すぐ出ないね 君のことまで気にしてたら あらららららららら 流されるな ぼくの大事 気まぐれには付き合えない 今は可否も何もないのだろう 全てが真っ暗になっていく 別れない 君がいなきゃ僕は一人になるばかり 今までのこと謝ると何か変わらないかと 沈みそうで まだ届かず 息 苦しく 冷たくなる ここで終わることがないように うんざりするほど考えた ハッタリやいたずらなど 罰当たりだ もうやめるよ 今までのこと謝ると救われると思ったの 救われると思ったの

ブラクラク

歌手
柊キライ
歌い出し
飽き飽きしてた 今日を埋める術なく その鈍の生活の中であたしは彼女みつけるの 踏みつけるよ 未来を あたしの強い願い 嗚呼 センスも 学も おまけに容姿も良いとは言いがたい ダメなあなたを想ったことなので! 潜在意識で存在証明 狂ってるって言ってくる 幸せの方向 どっちそっちあっちこっちの舞 my mind 不幸なあたし 問いただされたし 「あの子の下は嫌でしょう?嫌でしょう?」 それがあたしの幸せだから余計なお世話さ あまりにダメすぎ最早愛おしい あなたには変わらないでほしい あたしもダメでいるからさ あなたに負けたで賞が欲しい カースト制度 アウト アチュート 冷血なのは正しい評価 受け入れて 暗い暗い日陰者の席 そこで花を咲かせよう 潜在意識で存在証明 狂ってるって言ってくる 幸せの方向 どっちそっちあっちこっちの舞 my mind 不幸なあたし 更なる闇へ あの子の愛は遠慮するわね それがあたしの幸せだから あー 負けの成績 負けの人間関係 負けのセルフィー 全て差し出し あたしにだけは愛されてると あなたに嫌われることによって誰にも愛されないあたしさ 孤独のまま二人で落ちて行きましょう どうしたって平等なんだから 嗚呼 何やったってしょうがないじゃん 何やったってしょうがないじゃん どうしたって平等なんだから ねえ

フラワーベッド

歌手
柊キライ
歌い出し
ぐるり 灯台の下で目眩 ありえない キミ以外がなんて言えず ふるり この気持ちに奮い 頭ではNOも癒えず 心急いてる 相対したい 相対したい 僕が 僕が 飽きる時まで 嫌だ 嫌だ 嫌だね 悩みの種だね キミの無理解 未だ まだ まだ慣れないことなので 伝わらないね 胸が痛むほどに 気持ちは嘘じゃない キミが救った僕に巣食う闇 胸が痛むほどに 気持ちは嘘じゃない キミが救った僕に巣食う闇 ぐるり 灯台の下で目眩 ありえない キミ以外がなんて言えず 狂う この気持ちに憂い かなしばり 憧れなんだ だからなんなの 今済ましたい 今済ましたい キミが キミが朽ちる前には 相対したい 相対したい 僕が 僕が キミが キミが 今から 嫌だ 嫌だ 嫌だね 悩みの種だね キミの無理解 未だ まだ まだ慣れないことなので 伝わらない 嫌だ 嫌だ 嫌だ 嫌だ うあうあうあ なんで 僕が無理解? 未だ まだ まだ慣れないことなので 伝えないかもね ね ね

ボッカデラベリタ

歌手
柊キライ
歌い出し
アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの 君がいなけりゃあたしは無い 無い はい はいそうですね その通りです 喉を過ぎさる解の有り様 あ あ あ アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの 君は軽薄 くたびれ だらけ あたしいい子じゃいられない それは常にひしひし あなたワイワイドンチューノー てんでだめですの 意味があるなら言葉にせずに ただし態度で示さなきゃ全てが伝わらないままになる トップシークレット 明かさないように そう アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの 君がいなけりゃあたしは無い 無い はい はいそうですね その通りです 喉を過ぎればそれは真実 あ あ あ あ あるべき場所へ あ あ あ あ あたし導く あ あ あ あ 奈落の底で アイアイアイヘイチューなんですの かなり アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの やはり軽薄 高貴のあたし 乾いた底へ引きずるの 君がいなきゃ今頃高嶺なの トップシークレット 肺に滲んだ衝動が喉を火傷させる シークレット シークレット 今にあああああああああ 出てこないで アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの 君がいるからあたしが痛い 痛い はい はいそうですね その通りです 極を超えては落ちてくの アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの あたし期待 期待無い連中 な な な な なんですの どうにもならぬ アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの 君がいなけりゃあたしは無い 無い はい はいそうですね その通りです 喉を過ぎればそれは真実 あ あ あ あ あるべき場所へ あ あ あ あ あたし導く あ あ あ あ 奈落の底で アイアイアイヘイチュー な な な な なんですの

ボトム

歌手
柊キライ
歌い出し
ドゥーム ドゥーム ドゥーム バディ バディ パー ドゥーム ドゥーム ドゥーム アイアイアー うるさすぎる エンエン エンエン エンドロール 終わってんの エンド エンド エンド エンド そして 酩酊 銘々 「頭を垂れろ」などあなた何様ですか ゲスかゲスかゲスか?つか、誰だ誰だ誰だ? このあたしのなんなんだあなたは 子羊は回って迷っていない 嫌い 痛い それだけであなた 遺憾なので 遺憾なので 後で灸をジュッとすえる気なのね 刹那の怒りで満ちて淡く光りたいだけ 「いかんなぁあなた いかんなぁあなた」 絡み方 またネバネバネイバー 論理適わぬ あなた悪違わぬ 今日人形に生かされている エンド エンド ローエンド エンド エンド 今日人形に エンド エンド ローエンド エンド エンド 生かされている 蝋人形に生かされている くだらなくて 延々 延々 エンドロール止まってるの? エンド エンド エンド エンド連呼 早く終われ 丁寧やめて 「頭を垂れろ」など あなた 足りない ですね ゲスめゲスめゲスめ!つか、誰だ誰だ誰だ? このあたしの神様かあなたは?はぁ? 迷う時道はお前だけには問わぬ 請わぬ 巨悪 胸に秘めたるは 怒りなので 怒りなので 後でキュッとギュッと潰してやるわ 忘れぬ感情の症状は熱い殺意 正しき 時間ないあなた 汚いあなた 去らぬならまだネバネバネイバー いつも負け側 よくもよくもやったな 蝋人形の脳内は遺憾なので 遺憾なので 後で灸をジュッとすえる気なのね 刹那の怒りで満ちて早く早く早く腐れ なぁ あなた いかんなぁあなた 絡み方 またネバネバネイバー 論理適わぬ あなた悪違わぬ 今日 今日 生かされている 今日 今日 殺されていく ローエンドに踊らされてく エンド エンド ローエンド エンド エンド 蝋人形に エンド エンド ローエンド エンド エンド 生かされている 蝋人形に殺されていく

メトロン

歌手
柊キライ
歌い出し
明快 快 快な回答で解決させましょうか 正解 解 解も何もないと言うあなたを 出来ないあなた わたし 出来るあなた達がうらやましいのよ タッタカ タカタ 出来るあなた うらやましいのよ 忘れる 忘れる 忘れる すぐに忘れてしまう 忘れる 忘れる 忘れる すぐに忘れてしまう タッタカ タカタ タッタラ タッタカ タッタラ すぐに忘れてしまう タッタカ タカタ タッタラ タッタカ タッタラ すぐに忘れてしまう 明快 快 快な回答がそこに載ってるはずさ 正解 解 解があるのに ないと言うあなたをなだめる 容易いはずとにらむ それに関しては謝りますからね 忘れる 忘れる 忘れる すぐに忘れてしまう 忘れる 忘れる 忘れる すぐに忘れてしまう 忘れる 忘れる 忘れる すぐに忘れてしまう 忘れる 忘れる 忘れる あなた うらやましいのよ タッタカ タカタ タッタラ タッタカ タッタラ すぐに忘れてしまう タッタカ タカタ タッタラ タッタカ タッタラ すぐに忘れてしまう タッタカ タカタ タッタラ タッタカ タッタラ すぐに忘れてしまう

メビウス

歌手
柊キライ
歌い出し
あたし あたしつまらなくていいわ 腹立ち 苛立ち 俯瞰してる ねじれから 飽くなき 悪無き無垢を演じるような それこそ それこそ勤めであるとするのなら ねえ溶かして今すぐここから連れ出してよね さ さ さささ さあさあ ユーモアなんて 必要ないの そうだから 嗚呼 嗚呼 あたしのせいじゃないからって裏目に裏目に出てんでしょう (wow wow)受け止めるのはあたしでしょう 口付けを交わしたら次第に心は治るのでしょう 「嫌になるならなあなあに済ませて」無い 無い 無い あたし あたしつまらなくていいわ 問いかけ全てが下らなくてごめんなんだわ 毒された患者は縋りつきながら求め ま ま ままま まだまだ 歩み止めず 安価に得る それならば止めてよ 裸足のせいで泣いて泣いて フラつくフラつくばかりでしょう (wow wow)あたしもそれが痛むでしょう 打ち捨ててしまえない契りを結んだことの代償 「ここから動けない」を仕舞うの タイト タイト タイト あたしのせいじゃないからって裏目に裏目に出てんでしょう 悲しいの彼の態度 態度 狂え狂えど世間のショー 嫌になるからなあなあに済ませて バイ バイ バイ 嗚呼 あたしのせいじゃないからって裏目に裏目に出てんでしょう (wow wow)受け止めるのはあたしでしょう 口付けを交わしたら次第に心は治るのでしょう 「嫌になるならなあなあに済ませて」 さ さ さささ さあさあ ユーモアなんて 必要ないの そうだから 嗚呼 嗚呼 擦られた思いだけ 軽薄の種 ならあなたの話は「さあ?」で済ますのさ

ラッキー・ブルート

歌手
柊キライ
歌い出し
かったりいな たらたら ブルー ブルー たらたら ブルー ブルー 日々 日々 たりい たりい かったりいな 日々 意味なくても ガーリー ガーリー 気味悪い ワーニン そうこれ以上ワーニン 忌みがちのあたし ダーティ ダーティ ただ たらたら たりいな ヘイミスター 狂ったり 怒り 否 ナ ナ 下らぬ足りない望み蹴ったりしたり ヘイミスター ブルータリ 吠えたり 嫌 嫌 嫌 こんなことはしたくなくてよ かったりいな たらたら ブルー ブルー 日々 日々 たりい たりい かったりいな 日々 意味なくても ガーリー ガーリー キルが為 生きるため 喉裂いて 嫌になるまで きっかけなどは不利益だと たら たり たり たる たれ とは? ヘイミスター 狂ったり 怒り 否 ナ ナ 下らぬ足りない望み蹴ったりしたり ヘイミスター ブルータリ 吠えたり 嫌 嫌 嫌 こんなことはしたくなくてよ かったりいな たらたら ブルー ブルー かったりいな たらたら ブルー ブルー ヘイミスター 向かったり 抗いがたいんだ そんなことはわからない? 嗚呼 あ あ あ あ 有り余るブルータリティ 黙っちゃいられない 待っちゃくれない 嗚呼 あ あ あ あ 有り余るブルータリティ 黙っちゃいられない 待っちゃくれない それでいいのか ダダダン 無能嘆いてしょぼくれちゃ終わりなのさ ダダダン 嫌なら今から当たり散らかしてかなきゃ バババン いつか繰り返し 繰り返し泣くことに ダダダン 吠えて異 唱えよ ヘイミスター 狂ったり 怒り 否 ナ ナ 下らぬ足りない望み蹴ったりしたり ヘイミスター ブルータリ 吠えたり 嫌 嫌 嫌 こんなことはしたくなくてよ かったりいな たらたら ブルー ブルー

ラブカ?

歌手
柊キライ
歌い出し
暗い 暗い 深海 ヴェールに包まれるは ラ ラ ラ ラ ラ ラブか? 奪い 奪い 叶わぬ願いは打ち上げられ さ さ さ さっさと去るか? 届け 届け それでも光は潰え水面 その遥か ラブカ クライ クライ 未開の想いは足らぬ 足らぬ 至らぬはラブか? ラブカ ラララ ラブカ ラブ なのか? 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 嘘と嘘で濁ったアイ アイニージュか? 腐る愛 愛 愛か? 咀嚼 吐き出し泣くか? 届かぬ距離で待っていたってしょうがない 白亜病 ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ 暗い 暗い 深海 ヴェールに包まれるは ラ ラ ラ ラ ラ ラブか? 奪い 奪い 叶わぬ願いは打ち上げられ さ さ さ さっさと去るか? 届け 届け それでも光は潰え水面 その遥か ラブカ クライ クライ 未開の想いは足らぬ 足らぬ 至らぬはラブか? ラブカ ラララ ラブカ ラブ なのか? 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 嘘と嘘で濁ったアイ アイニージュか? 腐る愛 愛 愛か? 咀嚼 吐き出し泣くか? 届かぬ距離で待っていたってしょうがない 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 腐るラビュー ラビュー ラビューは 既に地に落ち絶えた 届く距離で出会って嫌になるならやめな 白亜病 ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ

ラブカ? (feat. Ado)

歌手
柊キライ
歌い出し
暗い 暗い 深海 ヴェールに包まれるは ラ ラ ラ ラ ラ ラブか? 奪い 奪い 叶わぬ願いは打ち上げられ さ さ さ さっさと去るか? 届け 届け それでも光は潰え水面 その遥か ラブカ クライ クライ 未開の想いは足らぬ 足らぬ 至らぬはラブか? ラブカ ラララ ラブカ ラブ なのか? 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 嘘と嘘で濁ったアイ アイニージュか? 腐る愛 愛 愛か? 咀嚼 吐き出し泣くか? 届かぬ距離で待っていたってしょうがない 白亜病 ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ 暗い 暗い 深海 ヴェールに包まれるは ラ ラ ラ ラ ラ ラブか? 奪い 奪い 叶わぬ願いは打ち上げられ さ さ さ さっさと去るか? 届け 届け それでも光は潰え水面 その遥か ラブカ クライ クライ 未開の想いは足らぬ 足らぬ 至らぬはラブか? ラブカ ラララ ラブカ ラブ なのか? 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 嘘と嘘で濁ったアイ アイニージュか? 腐る愛 愛 愛か? 咀嚼 吐き出し泣くか? 届かぬ距離で待っていたってしょうがない 甘きラビュー ラビュー ラビューか? それはバグ バグ バグか? 腐るラビュー ラビュー ラビューは 既に地に落ち絶えた 届く距離で出会って嫌になるならやめな 白亜病 ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ ラ ラ ラ ラ ラ ラブカ
【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

柊キライの歌詞一覧リスト