よみ:
ゼロ

Zero 歌詞fhána

『fhána - Zero』収録の『Cipher』ジャケット
発売:
2022.04.27
作詞:
林英樹
作曲:
佐藤純一

fhána「Zero」歌詞

日に日に崩れてく街の境界から
見捨てられ朽ちていく未来を
君はまだ覚えてる?どんな世界を
僕たちは想定していたか


涙が流れても
零れる ただ大地の底まで
落ちる


光の矢が降りそそぐ空の下で
僕らの感情は凍結され それは
訪れた悲しい審判 僕ら
闇の中でスープを飲み干す


滲んだ憂鬱の先の世界まだ
見えないよ 煙に包まれて
だけどあの日捧げたそんな祈りは
いつかまた地図を描き出すよ


強く強く指差し
願えばその胸に届くだろう きっと


その時計がゼロに止まる瞬間を
固唾を飲んで待ち構えている まるで
弾けそうな線上で僕ら叫ぶ
闇の彼方に白む約束の場所を目指して


旅を続ける まだゼロに戻っても
何度も何度も闇に火を灯す


光の矢が降りそそぐ空の下で
僕らの感情は凍結され それは
訪れた悲しい審判 僕ら
闇の中でスープを飲んだ
その針がゼロに止まる瞬間を
固唾を飲み待ち構えている まるで
弾けそうな線上で僕ら 祈る
闇の先に白む大地に辿り着く日まで


I go back to the zero


fhána『Zero』の 詳細

『fhána - Zero 歌詞』収録の『Cipher』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.04.27
購入:
曲名:
Zero
よみ:
ゼロ
歌手:
fhána
作詞:
林英樹
作曲:
佐藤純一
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

fhána Zero 歌詞