なつがすみ

夏霞 歌詞あたらよ

『あたらよ - 夏霞』収録の『夏霞』ジャケット
  • 作詞:
    ひとみ
  • 作曲:
    ひとみ

ステータス:

公式 フル
シェア:

あたらよ「夏霞」歌詞

空の青さに目を奪われて
足元の花に気付けないまま


懐かしい風が頬を掠めて
君の香りを今も想ってる


ねぇ 今更になって思い出す
色のない世界残る香りに
後悔ばかりが募ってゆく


忘れられないと泣くくらいなら
ただ僕らを包めよ夏霞
さよならが痛いのは
苦しいほど知ってるのに
あの儚く散る花火の下で
馬鹿みたいに永遠を誓った
今更、思い出すなよ


あの夜君が僕に零した
痛みの意味も今なら分かる
気がするんだ


きっと今なら
きっと今なら
僕らは そう願った


思い出せないと泣くくらいなら
ただ僕らを包めよ夏霞
さよならが痛いのは知っていた
それでも僕らは
あの儚く散る花火の下で
馬鹿みたいに永遠を誓った
その日々さえ愛おしい


愛おしい 愛おしい日々
また僕ら色付く日々に


『あたらよ - 夏霞 歌詞』収録の『夏霞』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.08.11
  • 曲名:
    夏霞
  • 読み:
    なつがすみ
  • 歌手:
    あたらよ
  • 作詞:
    ひとみ
  • 作曲:
    ひとみ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

あたらよ 『夏霞』の MV / PV

あたらよ 『夏霞』の THE FIRST TAKE

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ