なつぞらとそうまとう

夏空と走馬灯 歌詞After the Rain

『After the Rain - 夏空と走馬灯』収録の『7×2つの大罪』ジャケット
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
シェア:

After the Rain「夏空と走馬灯」歌詞

風が照り付ける空へ 手を引くくらいに
吹き抜けたのは 7月の終わり
望んでいた ずっと待ち望んでいた
あの日みたいな 晴天だったんだ


今日は懐かしい 君と話がしたいな
弱気なボクを笑うかな
小さな屋上に登り 何でも見えた
あの日みたいに


お日様が 天辺に昇ったら
石のフクロウ前に 待ち合わせ
廃線を辿って 時間潰して
どこか行こうよ どこでもいいよ
色褪せ 弾まないボールと
ちゃけた 水筒なんかもっていこう
着られ気味の 背広を着て
君は言った


「夏は終わったんだ 僕らの夏は終わったんだ
夢を見れるような時間は とっくに過ぎたんだ
誰に強請ったって 何処へ探しに行ったって
あの日はもうないんだ 僕ら 大人になったんだ」
わかってる


いつも幸せは どれも失くして初めて
気づくものだと教わった
なのに忘れたいことは
「忘れたいこと」の引き出しの中


起立 礼 で駆け出すあの日から
置いてけぼりのボクは 座っている
夢を描いたノート 破ったテスト
かすってないぞ 未来予想図
欲張りなボクの かばんには
今も捨てずに ちゃんと取っていた
縋るような思い出が 全てだったのに


夏は終わったんだ 僕らの夏は終わったんだ
他愛のない今日を 悪戯に過ごせやしないんだ
あの日はもうないんだ 僕も大人になったんだ
それでももういいんだ 君と笑えるならいいんだ


「夏は終わったんだ 僕らの夏は終わったんだ
夢を見れるような時間は とっくに過ぎたんだ
誰に強請ったって 何処へ探しに行ったって
あの日はもうないんだ 僕ら 大人になったんだ」


君と見てきたんだ
夏と走馬灯の空


『After the Rain - 夏空と走馬灯 歌詞』収録の『7×2つの大罪』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.08.07
  • 曲名:
    夏空と走馬灯
  • 読み:
    なつぞらとそうまとう
  • 歌手:
    After the Rain
  • 作詞:
    まふまふ
  • 作曲:
    まふまふ
  • ステータス:

    もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

    『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE