#ペルソナ 歌詞 a crowd of rebellion


a crowd of rebellion - #Persona Lyrics
#ペルソナ 歌詞
歌手:a crowd of rebellion

掛け違えた本当の中に いつもなんか隠して痛いよ

誰かの栄光と才能を 奪って狩ってシュレッダーにかけた

仮面が擬態した無感情な無表情フェイス 剥がして燃やしたその病夢外装を

剥いで剥いで、君を剥いだ ただ君を見たかった 吐いて吐いて、嘘を吐いた 君にも見て欲しくて

あの日の顔はまた抹消され まるで流れ作業みたく嘘を産み落としていた 破裂寸前の仮面 隙間から這いずり堕ちた塊が蠢く

虚勢、誹謗、奇才、剥がれて 現実(こたえ)は苦しみで冷めた 不快で 塞いだ スポットライト刺さっていた日々 遠吠えだった共鳴、そこに咲いた花は嘘でした そういうもんと思い知った

絶望失望 何処に隠したって余計痛くて

風も吹かぬまっさらな部屋で 「いつもなんか隠してたいよ」

誰かの作る影伺って 追い掛けっこ 手の鳴る方へ

狂って掻いて軋んだ Your mask 結って解いて絡んだ Your lies 簡単だ性悪説的衝動

夢、希望、期待、焼かれて 堪えた悲しみは熟れた 「愉快で 鬱いだ」 貰った愛も腐っていく日々 恒星だった照明、今は晴れ間の無い雲の下 そういうもんと思い知った

心無い空 治せないまま 手を伸ばしても なんもない夜空

剥いで剥いで、僕を剥いだ ただ君を好きだった 抱いて抱いて、嘘を抱いた 希望を見たふりして

「バケモノ」と泣いた

理想郷の海に溺れて

虚勢、誹謗、奇才、剥がれて 現実(こたえ)は苦しみで冷めた 不快で 塞いだ スポットライト刺さっていた日々 遠吠えだった共鳴、そこに咲いた嘘も枯れてった

誰かれも悼み掲げて 悶えた偽りの中で 塞いで 塞いだ 気取った 迷子 黙って忌む日々 遠吠えだった共鳴、そこに咲いた花は嘘でした そういうもんと思い知った

希望熱望 何度抱き締めたって君は居なくて 絶望失望 何処に隠したって余計痛くて

発売日:2018.07.11
作詞:宮田大作・小林亮輔
作曲:丸山漠
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE